タグ「日記」の 記事 998 件中 601 ~ 700 件を表示しています。

今日はとても暖かかった。 先日までの寒い日々と比べるとかなりの違いで、とにかく極端だと思った。 春秋用のアウターで買い物に出かけたがそれでも少し汗ばむ気がした。 尚、花粉も猛威を振るっている様子で、マスクをつけていても鼻水が止まらなかった。 昨日バイクに乗ったので今日は乗らなかったのだが、せっかく暖かいのに花粉のせいで快適に乗れないのも悲しいところだ。

任意保険にいろいろ付帯するより安心では

昨日 JAF に入会したのだが、今日仮会員証が発行された。 Web 上から確認することもできるし Android, iOS の JAF デジタル会員証アプリからも確認することができる。 先日 JAF にヘルプを呼んだ時にも教えてもらったのだが、専用のアプリを使用することでロードサービスを呼ぶ際に GPS から取得した位置情報を JAF に教えることができる。 先日は私が電話口で場所をうまく伝えることができずに結果的に到着まで時間がかかってしまった為、このありがたさがよく分かる。 これから再度お世話にならない方がありがたいのだが、万一に備えてアプリをインストールして使い方をひと通り見ておくことにする。

今年は任意保険を見直し少し付帯している内容を削ってコスト削減した。 その分を JAF に充てたと思えば安いものだ。

MediaPad M3 を去年買っておけばよかったのか

予想できたことだが MediaPad M5 は公式発表されたとはいえ日本ではすぐには発売されず、どうも 4 ~ 6 月あたりが濃厚らしい。 結果として去年 MediaPad M4 がどうとか騒いでいた時に M3 を購入し半年でも使ってみた方が良かったかもしれないし、それを言うと最初から MediaPad M3 Lite 10 でなく MediaPad M3 の方を買っておけばよかった気がする。 今更そんなことを言っても始まらないところではあるが……。

買い物は買うまでが一番楽しいということで、引き続き MediaPad M5 日本発売までこの MediaPad M3 Lite 10 で頑張ることにする。

先日のトラブルの時の教訓を生かし、やっと JAF に加入した。 2 週間ほどで会員証が送られてくるらしいが、それまでは仮会員証を使うことになる。 仮会員証は日をまたぐと使えるようになるとのこと。 要するに出先のトラブルでその場で即入会してすぐに無料でロードサービスを受けるようにはできないということだ。

家族会員をどうしようか思案したが、半額なので妻の分も一緒に入会しておいた。 ロードサービスを使わなくても JAF の優待サービスが何かの役に立つだろう。 JAF のロードサービス相当のクーポン券が配られている例も多いが、会員証を提示するだけで優待が受けられるという気軽さがいいと思う。

今朝起きたら MWC 2018 で MediaPad M5 が既に発表されていた。 概ねリーク情報通りで驚きは無かったのだが 8.4 インチモデルの方にちゃんと 32, 64, 128 GB モデルが用意されていたので安心した。 前情報だと 32 GB 版しかないのではないか、という危惧があったからだ。 最も MediaPad M3 でも 64 GB あったのに今回 32 GB にダウングレードしたものしか用意されないというのもおかしな話だったが。

そして、当然のように日本は一次販売国に加えられていない。 可能であれば国際版を購入するなどして早く手に入れたいところだがどれだけ中間マージンを取られるかなど気になるところで、要するに「財布と相談」ということになる。

今回は 10.8 インチタブレットの方も同スペックで用意されているのが本当に悩ましい。 タブレットは 8.4 インチ版と 10.8 インチ版両方欲しいくらい好きなのだが、両方買っても片方使わなくなるのが目に見えているので泣く泣く以前から決めていた 8.4 インチを買うことにする。 既にピッタリ収納できるレッグポーチや HUAWEI 端末に対する急速充電対応のモバイルバッテリーも揃えてあるので、後は本体を買うだけだ。

いつも通りの平和な休日を過ごした。 私のいつも通りというのは、適度にバイクで街乗りし、休日の食事担当は私の為朝昼晩の食事は私が用意し、適度に MJ モバイルや将棋ウォーズでゲームに興じ、適度にプログラミングの勉強をする、といったところだ。 バイクで街を流してきたがツーリングに行かなくても十分楽しい。 車通りの少ない田んぼ道や裏道などをゆっくり流すのが好きだ。

街乗りの帰りに買い物にスーパーに行った。 次のラーツーは袋麺にしようかと思っていたが、よく売られている袋麺は 5 食分あるのが困る。 そんなに食べられない。 どうしようかと思っていたが、スーパーでよく見ると 1 食分の袋麺もやや割高ながら売っているのに気づいた。 普段袋麺など全く買わないので知らなかった。 ツーリング先のコンビニでもやしとカット野菜が入った 100 円くらいの小袋を買って一緒にボイルすればちょっとしたタンメンになりそうだ。 これを次回やってみようと思った。

Piyotarou100%
2018-02-26 19:30:39
コジオンさんは将棋を指されるのですね。私は全くの素人なのですが、今はオンライン対戦できるソフトがたくさんあるのですね。「将棋ウォーズ」という対戦ソフトを調べてみると凄い勝率の人が!。おそらく、プロの方々もいらっしゃるのでしょう。

TWの黎明期にトップだった棚瀬さん(HN:なせさん)が確か将棋ソフト作っておられたなと思って調べてみると、惜しい「将棋ウォーズ」じゃなくて「将棋クエスト」でした!。当時は東大将棋というソフトを作っておられたと思います。今は、AIがずいぶん強くなったようですね。10数年で、凄い時代になったものです。
コジオン
2018-02-26 20:42:55
いえ、お恥ずかしい限りなのですが私も素人に毛が生えた程度の実力です。歳のせいか一般的なスマホゲームはなかなかやる気にならないのですが、将棋と麻雀だけは下手の横好きで続けております。

> TWの黎明期にトップだった棚瀬さん(HN:なせさん)が確か将棋ソフト作っておられたなと思って調べてみると、惜しい「将棋ウォーズ」じゃなくて「将棋クエスト」でした!

なんと、そうなのですね。存じ上げませんでした。ちなみに私は「将棋クエスト」もプレイしております。将棋ウォーズは無課金だと 1 日 3 回までなのに対し将棋クエストは何回でもできるから、というケチ臭い理由ですが……。

将棋の AI は既にトッププロを凌ぐ実力だそうです。PC のソフトにかければ、任意の局面でどちらの形成がどれだけいいかがグラフにして表示され、次の一手は何が最善かが適宜解析され表示されます。今のところ私はそこまで熱意を持って活用してはいませんが、すごい時代になったものです……。

ようやく古いノート PC をヤフオクで売ることができた。 Mac のようなブランド PC の場合かなりのリセールバリューが見込めるが、普通の Windows PC であっても綺麗に使用し購入時のものをすべて取っておけばそれなりに高く処分できる。 割と高額なシステム手数料を取られるとはいえ、ヤフオクのお陰で PC 買い替え時の金額的負担がそれほどなくなるのは大きい。 比較的高く売れる電化製品、発送がしやすい本あたりを主軸に定期的に出品していきたいところだ。

ヤフオクをやるようになってから、楽天で購入した時についてくる段ボールや梱包材を適度に取っておくようになった。 梱包材は 100 円ショップで購入することもできるが、わざわざ買うのも勿体無い。

今がたまたま仕事の節目で出社しても効果的に作業を進められなそうだったので有給休暇を取得した。 朝から雪混じりの雨だったのでとても寒く、休みにするにはちょうどいい日だった。 朝に食材の購入だけ済ませ家でゆっくりすることにした。

ヤフオクの出品、発送や PC の環境設定などもしていたが、特にこれをやるぞ、と決めていないとダラダラ過ごしてしまう部分もあった。 最近はとにかく 1 日休みをとっても、あっという間に時間が過ぎて気がつくと子どもを迎える頃になってしまう。 この調子だと年配者になるのもそう遠い未来ではないのだろう……。

夕食はいつも作っているハヤシライスから少し変化をつけてオムハヤシにしてみた。 割と好評だったので、手間でなければたまに織り交ぜてみたいところだ。

今日会社近くの古いラーメン店が潰れて新しい店がオープンしていたのに気づいた。 古いラーメン店の時にも行ったのだが美味しくなかったので潰れていたのには納得したのだが、この新しいラーメン店はどうなのだろうか。 ということで、嫌な予感はしたのだが昼に入ってみた。

カップラーメンのようにブヨブヨした麺、コクのないスープ。 そしてスーパーで売っているようなパサパサしたチャーシュー。 やっぱりマズかった。 もう二度と行くことはあり得ない。 私はよく日高屋に行くのだが、日高屋の中華そばより明らかにマズい。 新装開店している割にお客さんもそんなに入ってはいない。 客は正直だ。 それにしても、私は食に関しては素人であって、ラーメン店で働いている店長はプロだと思うのだが、このラーメンを食べて「イケてない」と気づかないものなのだろうか。 それとも利益を出すために食材の品質を下げており多少の味の悪さには目をつぶっているのだろうか。 また 1, 2 年したら潰れて他の店に入れ替わっていると思うのだが、全く謎だ。

「孤独のグルメ」はたまたま入った店が 100 % 美味しい店でいい食事をしたと満足する番組だが、実際にそういうことをしたら 100 % 当たりなどということはあり得ずマズいことの方が多い。 あえて冒険せずに行き慣れた店に行ってしまうのも致し方ないというところだ。

私はほとんどテレビを観ないのだが、久々につけてみるとどのチャンネルも平昌オリンピックの話題ばかり取り扱っていた。 全く興味が無いので、おもむろに Chromecast を使用して Amazon プライムビデオを観始めてしまった。 Chromecast 非対応のアプリであったとしてもスマートフォンの画面と音声自体をキャストすることができるので何でもテレビに映すことができる。 これは便利だ。

オリンピックだけでなくスポーツ観戦自体に全く興味がない。 観戦するにしてもそのスポーツに対する十分な知識がほしい。 何となく誰がメダルを取ったとかどちらのチームが勝ったとかを観ているだけではどうにも味気ないと思ってしまう。

天気予報で今日は昨日よりも寒いと言っていたので昨日ツーリングに行き今日は家でゆっくりするつもりだった。 午前中に買い物に出かけたのだが、予報通り風がとても冷たかった。 こんな日にバイクで出かけたら辛い。

コタツで使用している低いソファーが壊れたので、代わりになるものを探しにニトリに行った。 安価でそれなりのものが手に入るからありがたい。

先日購入した DELL の PC が Windows アップデートに失敗し続けてしまうという問題があり、ネットで解決法を探したがすぐに解決できなそうなのでちょっと面倒だが Windows から再インストールしてみた。 結果的にこれで解決できたのだがイマイチ釈然としない。 しかし今の時代は Windows のリカバリディスクを用意してから再インストールという流れでなく Windows にクリーンインストール用のメニューが用意されているのを初めて知った。 月配列を始める前は Mac ばかり使用していたので Windows に疎くなってしまった感はあった……。

毎日日記を書くようにしているので、生活の中で「これは後で日記のネタにしよう」などと心に留めておくようなことがしばしばある。 最早自分の生活の一部となっているわけだ。 ただ、普通に会社に行って帰るだけの生活だと捻り出さないと毎日日記に書きたいようなことはなかなか出てこない。

無料体験評価版

そういえば IntelliJ の日本販売代理店である WillBrains で 60 日間無料ライセンス配布を行っていたので、自分の IntelliJ IDEA の 30 日間評価がちょうど終わったタイミングで使用してみた。 こちらの 60 日間無料ライセンスは JetBrains のアカウントに紐づく形になるので再取得はできないだろう。 30 日間評価と合わせると合計 3 ヶ月間無料ということになり、なかなかお得感がある。

IntelliJ IDEA はちょっと高いなとは思うのだが、高いだけあって Eclipse より数倍優れた機能を有していて仕事が捗る。 また、チームメンバが Eclipse など他の IDE を使用していてもそれに依存することなく使える場面が意外と多かった (特に Java 以外)。 IntelliJ (Android Studio) の lint で自分のプログラムの良くないところを教えてもらったことも多々あり、IntelliJ が自分の先生にもなっている。

というわけで、今後も IntelliJ IDEA を使い続けるだろう。 導入に至っては Android Studio がいいきっかけを作ってくれた。

ラーツーを行うためにキャプテンスタッグの小型バーナーとクッカー、ウインドスクリーンとローテーブルを購入。 試しに火をつけてみたが、説明書通りに組み立ててやれば簡単に点けることができた。 バーナーはいいのだが、どうもウインドスクリーンがただのアルミの薄い板でショボい。 後ローテーブルの方は最初から中古のような見た目で品質に問題があるような気がする。 まぁ安いから仕方ないと見るところか。

ともかく、これでいつでもラーツーに出かけることができるようになった。 後はどこで最初のラーツーをするかだが、佐野の山の中あたりが適切だろうか……。

1 月 28 日にポチった BTO のデスクトップ PC がやっと家に届いた。 実に 2 週間以上かかったわけだが、内訳は以下の通りとなっている:

  • 1/28: 注文
  • 1/30: 生産完了し国際輸送の準備
  • 2/13: 国内到着し佐川運輸に引き渡された
  • 2/14: 自宅到着

DELL は中国工場で組み立てているのだと思うが、組み上がってから国内に到着するまでが異常に待たされる。 これはネット上を検索してみても同じような情報がいっぱい出てくるので今回の注文固有の問題ではないのだろう。

自宅で受け取って早速セットアップしながら使用しているが 4K ディスプレイにおける Chrome のレンダリング (上下スクロールに対する追いつき) が格段に速くなった。 GeForce GTX 1060 は流石というところで、ゲームを一切しない私にとってはオーバースペックもいいところだろうと思われた。 これで自宅でも快適に Android アプリの開発ができそうだ。

今日は昨日ほどではないが良さそうな天気だったので街乗りに出かけた。 ハンドルカバーを外しウインターグローブとグリップヒーターでそこまで辛くなく過ごせるくらいの寒さだった。 バイクで普通に流して楽しめるのはやはりこれくらいが限度のような気がした。 これ以上寒い場合はボトムもタイツを仕込んで足先はオーバーソックスを仕込むなどしないと辛いし、少し無理して乗っている感がどうしても出てしまう。 山は行けないので地元の街を走り回るだけだったが、これはこれで楽しいから良い。

夕食はいつも通り私がタコライスとアラ汁を仕込んだ。 タコライスはケチャップとカレー粉がたっぷり入っているお陰か子どももよく食べてくれるのでたまに作る。 作るのもひき肉と玉ねぎを炒めればいいだけなのでそんなに難しくないし、程よく野菜も入っているのでいい感じだ。

毎年恒例の春の旅行

今日は実家に行き家族旅行の計画を練っていた。 今までは自家用車で旅行に行っていたのだが、今回人数が多いということで新幹線での移動を検討した。 新幹線ならば多少距離が伸びてもよかろうということで仙台に行くことにした。 東北はあまり行ったことがないのでいい機会とは言えそうだ。

ただ、新幹線だと交通費が凄いことになってしまうのは確かだ……。 車 2 台や私がバイクで移動し残りが車で移動できればいいのだが、運転手の確保という意味でなかなかうまくいかない。

仙台市のレジャー施設には疎かったのだが、水族館や動物園もあるようなのでそこに行っておけば間違いはなさそうだ。

補償があるのが利点ではあるが

今日始めてヤフオクでネコポスを使用して発送した。 このネコポスというのは以前のメール便に近いもので 31.2 cm × 22.8 cm × 2.5 cm 以内のものであれば全国一律 205 円で発送することができる。 同じようなサービスに日本郵便がやっているクリックポストがあるが、こちらは全国一律 164 円とちょっと安い代わりに補償がない。 ネコポスは補償があるといっても 3,000 円までなので書籍や簡単な器具などを送る場合の補償として利用できるぐらいだろうか。 但し双方とも荷物の追跡サービスはあるので安心感はある。

全国のファミリーマートで発送ができるようなのでファミリーマートで発送することにした。 以前のはこ BOON の時はファミリーマートの Fami ポートで受付番号を入力するとレシートが発行され、それと荷物を合わせてレジに渡すと伝票が渡されるのでそれを自分で品物に貼り付けて発送するという流れだった。 今回のこれも似たようなものだと思っていたのだが、受付番号でなく QR コードになっていたのが異なっていた。 Fami ポートに行きスマホ側で QR コードを表示してリーダーで読み取らせるのだが、うまく合わせないと読み取られない。 個人的には 16 桁の番号入力でもそれほど難しくないので番号の方がやや便利だと思ってしまった。

サイズとレジでの伝票貼り付けに注意

発送する時に荷物のサイズを確認されたのだが「A4 サイズだから大丈夫だろう」と角型 2 号の封筒に入れていた為少しサイズがオーバーしてしまっていた。 ネコポスのサイトに「角型 A4 サイズ以内」と書いてあるのだが A4 サイズの角型 2 号では駄目で実際は角型 3 号を使用するなど 2 号より小さくなければならない。 今回は店頭で端を少し折り曲げて何とか対応したが、封筒ギリギリまで荷物を入れていたらアウトだろう。 クリックポストの方も調べてみたが、こちらは 34 x 25 x 3 (cm) と角型 2 号で問題ないサイズの上厚みも 0.5 cm 余裕があるのは大きい。

また、はこ BOON の時と同様にレジで伝票を渡され自分で貼り付けるのだが、はこ BOON の時と形式が違っていたのでまごまごしてしまった。 何とか店員からやり方を聞いて貼り付けたが、伝票がむき出しになっていたので「抜け落ちて発送不能になってしまわないのだろうか?」と少し心配になった。 この場合紛失しても補償が効くので安心ではあるのだが……。

補償がないことを除くとクリックポストの方が全面的に優れているということで、次回からの利用は少し考えてしまう結果となった。

私が Google Play で個人名義で公開しているアプリはコジごみカレンダーの他にコジ時計というものがある。 コジごみカレンダーよりは規模が小さいアプリで、作ったきっかけは「手元の腕時計の時間を合わせるのに時報があると便利だ」ということだった。 5 年前はそういうアプリがなかったのだが、今は「時報」で探してみると複数のアプリがヒットするのでそちらを使用してもいいと思う。 そろそろ少し修正したくなったのだが、ソースコードとしては 5 年前のまま放置している状態なのでそもそもそのままでは Android Studio で動かすこともできないためまずは Kotlin ベースでの移植を始めた。

5 年前のコードなので自分のスキル的にも書き方が良くない、というより分かりにくいところが散見された。 移植ついでにそのような箇所も修正した。 また、最新の Android バージョンでは動作しなかったり非推奨となっている実装が多々あったのでそちらは新規書き起こしとした。 コジごみカレンダーよりは小規模とはいえなかなか手間がかかる。 欲を言えばそろそろ新規でアプリを作ってみたいところだが、なかなかいいアイデアが浮かばない。

私が普段技術的な記事を書くのは他人の為というよりも自分の為である。 その時に一生懸命調べて一つの結論に達してもそのまま一ヶ月、二ヶ月と経つと忘れてしまう。 そういう時に自分の記事を見直すと思い出して再度使うことができる。 技術的な記事だけではなく、その時の自分の考えを文章に起こして残しておくというのとはとても大事なことだと感じる。

ちなみに今日役に立ったのは Binder を使用した Service との双方向通信の実装例という記事だ。 4 ヶ月前にまとめたのに全く覚えていなかった。 困ったものだ。

今年は寒さが和らいだらラーツーに挑戦しようと思い、楽天お買い物マラソンでガスバーナーとクッカー、ウインドスクリーン、ローテーブルを購入した。 しかしよく考えたら春先の虫がいっぱいいる季節はあまり外で食べたくないし、夏は暑くてやってられないだろうし、意外と楽しめる期間は短いような気がする。 ともかく、「外でカップラーメンを食べるだけ」とはいえ、それが美味しくて楽しいらしいので私も 1 回はやっておきたいと思った。 元を取るためには 1 回と言わず 10 回以上やりたいところではある。

一応クッカーはサイズ的に袋麺を入れることができるものにした。 ただ袋麺といっても具材を何にも入れない素の状態だと面白くないような気がする。 よくあるカップラーメン用の乾燥して小分けされているちょい足し具材を持っていけばいい感じだろうか。 とはいえ、「初心者はカップ麺からにしたほうがいい」とのことなので、その通り最初はカップ麺からやるつもりだ。

これも副業の一つか

2 月に入ってからヤフオクを再開して少しずつ出品するようにしている。 一度変な落札者に絡まれたことがあったので、入札者を監視するなどしてなるべく慎重にいきたいところだがなかなか難しい。 もし当たったら運が悪かったと諦めるしかないところだろうか。

クリックポストのサービスが出来てから書籍を出すのが楽になったのでとてもありがたい。 ゆうメールでもいいのだが、切手を買ってきたり中身確認用のスリットを入れるのが地味に面倒くさい。 そこをいくとクリックポストは印刷して貼り付けるだけでいいのでとても楽だ。

後ははこ BOON が廃止されてしまっているのが残念なところだが、代わりにヤフネコがあるのでそちらを使えばいい。 出品者から見ると以前から送料落札者負担にしていたならばそんなに影響はないかもしれない。 ただ比較的安価な商品を宅配便で送る場合はやや厳しくなってしまった感じだろうか。

ヤフオクをやっていると「効果的な発送方法を瞬時に選択できるようになる」という嬉しい副作用もある。 実家に荷物を送ったり修理品を送付したりするときなどにこの知識が役に立つ。

Knot の時計が動かなくなった

今日の朝確認してみたら一昨年買った Knot スモールセコンドモデル が動かなくなっていた。 恐らく電池切れだと思う。 Knot 公式サイトで確認するとカスタマーサポートに修理票を書いて送りつければいいようなので用意した。 保証書が必要なようだったが、今回はちゃんと取ってあったので同封した。 電池交換程度であればそんなにかからないとは思うが、とりあえずこれで出してみることにする。

今年 2 回目の雪が降るということで朝はニュースで電車遅延情報をチェックして、ひどいようなら午後からの出社にしようと身構えていたのだが、驚いたことに特に遅延もないということで少し残念に思いながら普通に出社した。 電車はかなり混雑しており東京中心部などでは間隔調整が行われたが、そこまで待たされることはなかった。 今年の 1 回目の雪で首都圏が大混乱に見舞われたので、今回は事前に適切な対策が取られていたのかもしれない。

帰宅中に積雪具合を見ていたが、降る前より残雪が減っているようにも見受けられる。 雪の前の雨が適度に流してくれたようだ。 これなら土日は少しバイクで街乗りして来られるだろうか……。

私はよく仕事の帰りにスーパーに寄って安い食材があったら買って帰ることがあるので「ポイントカードを作っては」と提案された。 そこでどの程度お得になるのかを検討してみた。 多くのスーパーが出しているポイントカードは還元率 0.5 % であり、良くて 1.0 % である。 この還元率 0.5 % と 1.0 % は額面だけ捉えると単純に 2 倍の還元率のように見えるが、実際はそれ以上の開きがある。 ポイント還元は多くの場合端数切り捨てなのがポイントだ。

例えばスーパーで 1 ヶ月に 20 回 350 円のものを購入するものとする。 この場合の獲得ポイントと実質的な還元率は以下のようになる:

  • 還元率 1.0 % の場合: (350 / 100) * 20 = 60 ポイント (実質 0.86 %)
  • 還元率 0.5 % の場合: (350 / 200) * 20 = 20 ポイント (実質 0.29 %)

これは極端な例ではあるが、要するに切り捨て金額が発生する機会が多い (小額決済が多い) 場合に理論上の還元率より大きく下回る場合が往々にして出てくる。 私がまさにこのパターンなのだが、上記の例よりもスーパーで買い物をする機会は少ないため還元率 0.5 % のポイントカードを作成して毎回提示したとしても年間を通して手に入る金額は 200 円に満たないとみている。 この 200 円が多いか少ないかというところだが、私としては「こういう機会をすべて拾いに行って年間 1,000 円ほど得するよりポイントカードの管理をせずに快適な決済をしたい」と思う質である。 「こういう機会をすべて拾いに行く」というのは複数ポイントカードを持って使い分けるということであり、財布が膨らんで出すのも手間になるし今あるポイントの管理も大変である。

ちなみにこの手のポイントカードで一番メジャーと思われる T カードも還元率は 0.5 % だ。 私は楽天カードマンなので楽天ポイントカードは付随する形で所有しているのだが、これは「店によっては 1.0 %」というなかなか高還元率のカードだ。 マクドナルドでは遠慮なく提示して 1.0 % のポイントを確保している。 楽天カードで Edy チャージして Edy で支払うと Edy のポイントがつくので 3 重でポイントが付いて 2.5 % の還元率といったところか。

何にせよ、度々行くお気に入りのショップがあればそこのポイントカードは保持してもいいが、そうでなければ避けておくのがベターというのが私の結論だ。

コジごみカレンダーはこれでもう 6 年以上公開している歴史あるアプリだ。 最初の頃にヘルプを設置して使い方を説明していたのだが、ヘルプページがこの Blog の前身のホームページの一部だったので知らず知らずのうちにページを削除してしまい「ヘルプページがリンク切れ」という状態を作り出してしまっていた。 そしてその状態が最新のバージョンまで続いてしまい些か不親切なアプリとなってしまっていた。

Android ネイティブのレイアウト (XML) でヘルプページを描画するのは非効率なので今回も HTML を使用して作成したが、前回の反省を生かして今回はアプリ内 (/assets) に HTML リソースを埋め込んで配布する形式とした。 この方式ならリンク切れの心配はないが、ヘルプページを更新する度にアプリもバージョンアップする必要があるのが難点ではある。 恐らくそんなにヘルプページを変更するような事態は発生しないのでそこまで問題ではないと見積もっている。

幾つか要望も上がってきているが、これでとりあえず様子を見てみたい。

つい先日年を越したばかりだと思っていたのに、もう 1 ヶ月が経とうとしている。 時が経つのが異常に早い。 MediaPad M5 の発表が 1 ヶ月後といっても、そんなに待つ気がしない。

バイクの森破産

バイクの森が破産したらしい。 しかし記事を見る限りだと「バイクの森おがの」は開館してから 1 年半しか持たずに閉館に追い込まれてしまったようだ。 近隣のバイク乗りなら秩父市や小鹿野町に行く機会は年に数回あるのだとは思うが、博物館というのは何度も観ない性質のものなので高額な入館料を取る形式だったのは明らかに失敗だったように見える。 あと、荷物が積めないのでツーリング先でバイク用品を買うことはほぼ無いと思う……。

残念だが特に男のバイク乗りに関するイメージがとにかく悪い。 無駄に爆音を轟かせ、周囲を威圧するような出で立ちをしている者もよく目にする。 私ももし住民だったら「町おこしのためには来てほしいけどあまり近寄らないでほしい」と微妙な心情になってしまうことだろう。 電車の中でも悪いマナーなのが目立つのは男が 9 割だが、バイクも一緒。 PA や SA で休憩していても近寄りたくない。 私自身はこうならないように配慮しているつもりだが、他人から見たところ本当にどうなのかは判断がつかないところではある。

私はどちらかというと Android アプリのプログラマである上 Web の開発でも普通は新規ではなく既存システムの改修となるためどうしても TypeScript のような技術を試す場に出会うことが少なく、しばらく触らずにいた。 とはいってもタイピングサイトのシミュレータ作成に使っただけなので元々 TypeScript に関してはそんなに詳しくなかった。 久々に触ってみて letvar を Swift のような感覚で不変、可変の意味で使ってしまったが間違っていた……。 不変は const で可変は let が正解。 var は ECMAScript の古い仕様なので使うべきではないとのこと。

IntelliJ だと TypeScript のトランスパイラを用意しなくても簡単に JavaScript に自動変換できる (File Watchers)。 ただ、仕事で使う場合は「IntelliJ で開発すべし」という強制はできず Eclipse や Vim, Emacs でも同様に自動コンパイルできなければならない。 というわけでそのやり方などを調べていたが、今は Grunt などを使わなくても npm コマンドと設定ファイルを少し書くだけで出来るようだ。 この界隈は少し休んでいるとすぐ進歩して以前のやり方が古い推奨されない技術になってしまう。 常に勉強し続けなければならない。

いつも思うのだが環境に応じて言語を切り替えるのは頭がついていかないことがあって煩わしい。 できればすべて Kotlin で書きたいくらいだ。

自宅で快適に開発作業をしたいのと 4K ディスプレイを満足に活用できるようにする為にデスクトップ PC をポチった。 今回購入したのは DELL の New XPS タワー スペシャルエディションというモデルだ。 HP のデスクトップ PC でも良かったのだが CPU が依然として第 7 世代のままだったので見送った。 第 8 世代の Coffee Lake-S はコア数が 6 コアに増えており結構パワーアップしているようなので見逃せないポイントだった。 後はグラフィックボードだが、最低でも GeForce GTX 1060 にしたかったのでそれにした。 これより上のグラフィックボードもあるが、私は PC ゲームはしないのでこれ以上の性能は必要ないはずだ。

自宅に届くまで 2 週間くらいかかるようなので、それまで楽しみに待つことにする。 セットアップが終わったら古い PC はヤフオクで処分したいところだ。

今年の残雪は長い

自宅前や路地裏などにまだ雪や路面凍結が残っている状態でバイクに乗るわけにはいかない。 なので今日は自宅でゆっくりすることにした。 コジごみカレンダーの改修も行いたかったのだが、結局やらずじまいになってしまった……。

4K ディスプレイの功罪

少し前から 4K ディスプレイを使用しているのだが PC のグラフィック性能が貧弱 (インテル HD グラフィックス 620) なせいか Chrome での上下スクロールがかなりもたついてしまい快適ではなかった。 試しに Edge を使用してみたらこちらの方が快適に動く。 レンダリングが優れているのかもしれない。

装備さえしっかりすれば怖くない

天気予報によると今週中頃から過去最強クラスの寒波だそうだ。 今日も寒いだろうと思って念には念を入れバイク用のウインターコートにバイク用のレイングローブを用意して出かけた。 ペアスロープ製のウインターコートは深夜にバイクに乗っていた時は寒くてとても辛かったが、普通に歩きで着る分には全く問題なく強力な防寒性能だと思った。 普段使いでもギリギリ問題ないデザインなので着ているが、最早普通のカジュアルジャケットは必要ないのではないかと思うほどだ。

まだ地面のアイスバーンは大量に残っており、今日は歩道橋の上を歩いているとアイスバーンがありそこに血しぶきが飛び散っていた……。 誰かここで派手に転倒して怪我したのだろう。 なかなか刺激的な光景だった。

コジごみカレンダーを久々に更新

年末から何故かコジごみカレンダーの問い合わせや評価が多いと思ったら、とあるニュースサイトで紹介されていたようだった。 1 つの要望対応ということで久々に更新し、今更だがタブレットでの表示対応とした。 どうも Google Play Developer Console でタブレット用のスクリーンショットを上げるだけでタブレット対応になるようだったが、アプリ内もタブレットでの動作時は文字サイズを少し大きくなるように調整した。 スクリーンショットは 7 インチと 10 インチのものが登録できたのだが、いざタブレットの Google Play で見てみると双方のスクリーンショットが一緒に表示されてしまい若干微妙だと思った。

他にも要望は上がっているので少しずつ対応していきたいところだ。 ある程度対応したところで放置していたヘルプページの作成も行いたいところではある。

しばらく Amazon プライムビデオも放置しておりポプテピピックを観るぐらいになっていた。 たまには何かまとまったものを観ようかと思い、今回は「重戦機エルガイム」を選んだ。 最近のアニメ作品は大抵選んで見始めても 10 分ぐらいしか我慢できずに観るのを止めてしまうのだが、昔のアニメは何故か興味を持って見続ける事ができる。

このエルガイムは初めて観たのだが ZZ ガンダムのようなコミカルな雰囲気でなかなか面白い。 しかし昔のアニメでびっくりするのが、今ではありえないような性描写 (乳房の描写など) が割と頻繁に出てくるところだ。 「男 (女) がすたる」とか「男を立てる」「女だからさ」などの性別を意識した発言も多い。 今の時代にはそぐわないのかもしれないが、妙に馴染むのは私がこの時代の人間だからだろうか……。

同じ富野作品ということで、この後ダンバインやザブングルを観るのも面白いかな、と思った。

昨日は月曜の大雪の後で大量に残っていたので久々に有給休暇を使用し家で休んでいた。 ちょっと買い物には出たのだが、溶けた雪が水っぽくなっており路面状態は悪かった。 しかし私の場合はバイク用の防水靴と防水ボトムがあるので、これを装備して行ったので全く濡れずに快適に行くことができた。 いざという時はカッパも用意できるし、バイク乗りだとこういう時に助かる。

今日は普通に出勤したが、道路は雪が溶けた後の路面凍結で滑りやすい状態だった。 とても寒いし、正直なところ今年は雪はもう終わりにしてほしいところだ。

自分に合っているかは微妙

去年 8 月に一旦 Twitter は辞めたのだが今から 2 ヶ月前に復帰している。 Twitter でのやり取りはタイピング関連のフォロワーが多いので実質タイピング専用のようになっており、少しこの Blog の内容とは乖離がある。 私の趣味は他にバイクツーリングやハンバーガー食べ歩き、麻雀 (MJ モバイル)、そして仕事としてプログラミングがあるが、こちらの方面ではフォロワーが出来たことはあったものの積極的にコミュニケーションを取るには至っていなかった。 タイピングの場合新記録などを載せればそれなりに盛り上がるので Twitter 向きと言えそうな感じではある。 スクリーンショットも簡単に撮影できるし、イータイピングタイピング速度測定など記録を Twitter に簡単にツイートできるように実装されているサイトも多い。

Twitter というツール自体は好きであるが私が Twitter 向きかというと正直微妙なところで、少し距離を取りつつうまく付き合っていこうというのはずっと変わらず思っている。 Twitter では普段の生活では到底巡り会えないような人と容易にコミュニケーションを取ることができるが、それは実は欠点でもある。

ある方を再度フォローしたかった

私は Twitter 復帰前に「自分へのエアリプに思えるツイートが直視に耐えない」という理由である方をブロックしたことがあったのだが、どうも眺めているうちに「この方は実は自分が思っているようなタイプの人間では無いのではないか」と思うようになってきた。 Twitter を一旦辞めた時にブロックなどもすべてクリアしてしまったので、これ幸いと再度フォローしてコミュニケーションを取ることにした。 その方は私が以前ブロックしていたからといって恨むようなことはなく、快く受け入れてくださった。

ネット全般に言えることであるが、単なる文字情報の羅列でその人となりを完全に見抜くのは不可能だ。 だから私が依然として Twitter の各フォロワーに対して抱いている印象というのは「実は正しくない」のかもしれない。 本来それを前提としてコミュニケーションを取るべきところなのだろう。

ただ、私に限って言えば恐らく Blog のこの雰囲気がそのまま私の印象と取ってもらえればほぼ間違いはないはずだ。

継続するということ

月配列でのタイピングに関してはタイプウェル国語 K が XE 到達後はそこまで何かを目標にしてやってはおらず、練習回数自体もやや減少傾向にある。 完全に気分でやっているので疲れたらすぐ止めるようになった。 よって指が痛むようなこともほぼ無くなった。 しかし少しずつ前進はできているので、まだモチベーションを失うには至っていない。

料理にしてもバイクにしても、やっていなかったら全くできないだろうし、長期間継続してやっていればそれだけうまくできる。 勿論「どうやったら上手くできるか」を常に考えながらやった場合はより上手にできるようになる。 単純なロジックであるが、そういうことなのだろう。

何かを続けるというのは簡単なようで難しい。 まず自分がそれを好きにならなければいけないのだが、何でもかんでも好きになれるかというとそれも難しい (そういう人もいるとは思うが稀だと思う)。 「自分が好きになれる趣味は何か」を見つけにいくのが重要なのだと思う。 そういった意味で何かを継続することも大事だが、諦めて新しく自分に合ったものを探すのも大事なことだと思う。

子どもの頃に辛かった宿題

子どもの頃よく学校の課題で読書感想文を書かされたが、当時は原稿用紙 3 枚など埋めるのが苦痛で仕方がなく、あらすじや解説を見て「どうやって文字数を増やすか」といったところに苦労していたように思う。 今大人の感覚でこれを書いてみるとどうなるのか少し興味があったので、たまたま今読み終わったガリバー旅行記を使用して書いてみた。

1 枚の原稿用紙はフルに入れて 400 文字であるが、原稿用紙 3 枚だったとしても 1,200 文字フルに入れるわけではない。 一般的にどの程度埋めれば読書感想文として成立するのか、というところで読書感想文の書き方を参考にしてみた。 80 % 程度を埋めればいいらしい。 原稿用紙 3 枚だと 1200 * 0.8 = 960 文字以上とすればいいようだ。 960 文字というのは一般的な新聞の社説 1 つと同程度の長さで、タイピングをすると 10 分弱で打てる文字数ではあるが遂行しながら書くともっとかかりそうである。 ということで少し大変そうだな、と思いながら書いてみた。

読書感想文

この度私はジョナサン・スウィフトのガリバー旅行記を読みました。この物語は小人の国、巨人の国、浮遊する島、馬の国の 4 編に分かれています。このうち小人の国、巨人の国は割合有名な話だったように思います。私も子どもの時に紙の本で読みましたが、ある程度は内容を覚えていました。

小人の国、巨人の国の部分で面白いのは、今どちらの国にいるかで主人公の立場や振る舞い方が全く異なってしまったという点です。小人の国にいる時は主人公は普通に行動を起こすだけで人々は驚き恐れますが、巨人の国にいる時は全く小動物のようなもので見世物に使われたり、一般人が全く問題としない小さな動物や虫に命の危険を感じたりしています。私たちが普段仕事をしていても思うことですが、自分が今所属しているコミュニティを意識するのはすごく大事な事だと思います。

小人の国と巨人の国、主人公の所属するイギリスで使用されている言語が全く違うので話が通じなかったりしたのはとても写実的だと思ったのですが、300 年前のイギリスでは日常的によくあったと思われる挨拶代わりに手にキスをするという動作が共通して出てきていたのはちょっと残念でした。言うまでもないことですが日本には古来からそういう文化はありません。全くつながりのない世界観のはずなのにこの手にキスをするというマナーが共通しているのは不自然です。また、羊や牛といった家畜がその国のサイズで登場してきて同じように飼われていたというのも少し残念に思いました。この辺りは筆者がイギリスの慣習というシガラミから逃れきれなかった部分ではないかと考えます。

浮遊する島に関してですが、今までの流れと異なり島からすぐ出てしまうのは意表を突かれました。浮遊する島の名前がラピュタなので天空の城ラピュタのような神秘的なものをイメージしていたのですが、これも実際は異なりました。地上に降りてからも話はいくつか続くのですが、この章はあまり印象には残りませんでした。

最後の馬の国ですが、人間と馬の立場が逆転しているというところがとても面白く、実はガリバー旅行記の話の中で一番良くできているのではないかと感心しました。現実世界では人間の価値は知性から成り立っているという前提があり、もし馬の知性が人間と同等であったとしたら、という仮定からなる世界観の構築がうまくいっているのではないかと思いました。

全体を通してみると、そもそもの主人公の常識が 300 年前のイギリスをモデルとしているだけあって所々現代の日本の感覚とは幾つか差異がある部分があるのでそこは想像を働かせる必要がありますが、全体的にとても読みやすい作品です。また、ちょうどいい部分で訪れる国が変わるのでそこで前回の話との対比をさせて読むのが面白い作品だと思いました。

書いてみて (読書感想文を書いた感想文)

上記を計測してみたら 1,150 文字 であった。 新聞社説より長く書かなければならないのはちょっと大変そうだな、という想像に反して本を読み返すことも特にせずに割と苦もなく書けてしまった。 これが原稿用紙 5 枚の場合は 2000 * 0.8 = 1,600 文字埋めなければならないが、あと 450 文字くらいそんなに苦労せずに増やせそうである。

私は年齢として既に 40 歳手前であり、奇妙な表現ではあるが「40 歳のボキャブラリーになるための特殊な訓練」などは受けていない。 読書感想文なるものも学生時代以来書いていなかった。 それでもこれだけ書けてしまうのだから驚いた。 直接的に関係がなくても普段の仕事だったり、この日記を毎日書いたりなどの一つひとつの積み重ねが効いているのだなと感じた。

それにしても「原稿用紙 3 枚」とかいう単語を聞くと未だに学生時代の苦労を思い出してウッ、と思ってしまうのが何とも言えない。 原稿用紙 3 枚と言うと結構分量がありそうだが、実際ブログで文字に起こしてみると 960 文字というのは意外と少ない。 ちなみにこの Blog の文字数の平均を取ってみたが 997 文字だった。 実際は Markdown の記号 (この Blog は Markdown 記法で記述できるように実装されている) やプログラミングコード例なども含まれるので正確ではない。 恐らく 800 文字程度が正しい平均値だろう。 つまり私はそもそも日常的に毎日原稿用紙 2 ~ 3 枚程度の文章は書いているということだった。

ちなみにこの Blog で今のところ一番文字数が多い記事 (プログラミングの記事はコードを含むので除く) はセンターフォーハンバーガーズとビーナスラインツーリング 2 日目だ。 5,320 文字ということで原稿用紙 16 枚分 (400 * 16 * 0.8 = 5,120) にあたる。

私は埼玉から東京に勤めているので通勤電車に揺られている時間が長く、中で何をしようかというのは毎日の一つの悩みである。 麻雀も最近勝てないので若干嫌気がさしてきて、久々に読書でもしようかと思い立った。 そういえば学生時代は青空文庫からダウンロードしたテキストをザウルスに入れて専用のビューアーで読んでいたな、と懐かしく思い出した。 今は青空文庫専用のビューアーなどインストールしなくても普通に Kindle で読めてしまう。 PHS (多くは DDI ポケットの H") を繋いで「モバイルコンピューティング」とやらに勤しんでいた時代と比べると便利になったものだと感じる。

基本的に私は技術書以外の本はほとんど読まないので、日頃から本に親しんでいる方々から比べると全くの文学初心者である。 まず「吾輩は猫である」「坊っちゃん」あたりも内容をよく覚えていないので読み返してみたい。 学生時代「虞美人草」を読もうとして難解すぎるので挫折した。 こういうのは当然今でも読めるとは思えないのでスルーする。

「ガリバー旅行記」「銀河鉄道の夜」のような童話を読んでみるのも面白いと思った。 むしろこちらの方が楽しく読めそうなので先に読んでみるのがいいだろうか。 あと江戸川乱歩の作品も最近青空文庫に追加されたようなので機会があれば読んでみることにする。 推理モノはそんなには興味が無いので気が向いたらというところだが。

今日は寒波が来ると言われていたのでバイクに乗る気などハナから無かったのだが、外に出てみると意外と暖かい。 近所のラーメン屋で昼食をとってから少しだけバイクで走りに行った。 思った通り、バイクで走っていてもそれほど寒くない。 とはいえ指先が冷たくなる現象は如何ともしがたく、少なくとも来年度には少々格好悪くてもハンドルカバーを用意しようと思った。

地元の周辺を 1 時間ほどかけて周遊し、最後に買い物して帰宅。 1 時間くらいなら全く疲れずに走れるし寒さも蓄積しないので丁度いい。 明日もこんな感じでちょっとだけ走るのがいいと思った。 本格的なツーリングは 3 月までおあずけだろうか……。

鏡開き

私が料理するのは土日のみなので、気になっていた鏡開きを今日行った。 とはいっても玩具のような鏡餅なのでそんなに大層なことはないのだが……。 餅が足りないのでスーパーで少し買ってきて、焼き餅にして皆で食べた。 しかしまたスーパーで買ってきた餅が余ってしまった。 後でお汁粉にするのもいいが、今の餅は 1 つずつパックされておりかなり日持ちするのでしばらく後に食べてもいいだろう。

正月気分も抜け、ようやく仕事も普通にこなす感じになってきた。 大体において平日は会社に行って帰るだけなので興味があることが無い限り特に書くことはない……。

私はタブレットが大好きで今まで使ってきたタブレットに関しては Nexus 9 のレビューに書いたとおりなのだが、実は 7 インチ、9 インチ、10 インチのタブレットは使ったことがあるが 8 インチのタブレットは使ったことがない。 次に使用するタブレットはもう MediaPad M5 に決めているのだが、こちらはリーク情報によると MediaPad M3 と同様に 8.4 インチのタブレットということになっている。 タブレットの画面サイズというのは本当に悩ましいもので、これも Nexus 9 のレビューに書いたのだが「7 インチだと小さくてタブレットの意味があまりない」という結論に至った。 7 インチのタブレットを買うくらいなら Mate 10 Pro のような 6 インチのファブレット 1 台で運用したいと思っている。

今日たまたま 8 インチタブレットを手に取る機会を得たのでいろいろ試してみた。 MediaPad M3 Lite 10 と並べてみるとサイズがだいぶ違う。 MediaPad M5 を入れる想定で購入したレッグポーチにも問題なく入る。 Kindle など全く問題ないし、試してはいないがゲームは 10 インチタブレットよりこちらの方がやりやすいだろう。 PDF 閲覧だけは横画面にしないと文字が小さすぎるため 10 インチタブレットよりかなりやりにくい、と思ってしまったがそもそも最近 PDF 文書をタブレットで読む機会が減ってしまったのでそこまで問題はない。

というわけで MediaPad M5 が更に欲しくなってしまったが、期待されていた CES 2018 では HUAWEI の発表に含まれていなかったようで残念だった。 引きつづき MediaPad M3 Lite 10 を使いながら楽しみに待つことにする。

仕事始めは先週金曜だったのだが、その日はまだ多くの人が休み中だったのもあって仕事が始まった感じはしなかった。 今日が本格的な仕事初めといえそうだ。 休みが長かったので以前やっていた業務を思い出すのも難儀するし、初日から調子を出せるとは言い難い。

休みの間も家族の朝食を作ったりしていたのである程度は早く起きていたのだが、ちょっと寝坊して 7 時過ぎになってしまうこともあった。 仕事が始まってからはそのようなことがないように気を引き締めていきたいところだ。

今日は今年初めて実家に帰り初詣などを済ませてきた。 お昼は家族全員で寿司を食べに行った。 寿司が嫌いな人はほとんどいないと思うが、私も勿論好きな方ではある。 ただ、私の場合は好きな食べ物 1 位としてグルメバーガー、飲み物 1 位としてクラフトビールが鎮座しているためにどうしても後手に回っているだけと言えそうだ。 あと一般的に百円寿司でもない限りはグルメバーガーより費用がかかるのも困りものだ。

自宅に帰ってきてから試しにポテトを使用してチーズフォンデュを作ってみた。 専用のチーズが何故かエメンタールとモッツァレラしか無かったのでエメンタールの方を選択したが、どうもマヨネーズに似たような味わいで子どもたちの受けもあまり良くなかった。 第一感ポテトにチーズをつけると美味しそうだが、チーズの種類が悪かったのかもしれない。 どちらにしても今後作ることはなさそうだ。

今日は外に出てみたら風もそんなに吹いていないし日差しもいいしで問題なさそうだと判断しバイクで出かけたのだが、やはり冬だからなのかしばらく走っていると指先が寒さで痛くなってきた。 この時期快適に走るには少々格好悪いがハンドルカバーが必要なのだろうか。 導入するにしても来年考えたいところだ。 ということで、少し走って夕食の材料を購入しさっさと帰宅した。

この程度の寒さだったら去年は出かけていた気がしたので、自分のバイクに対する熱意が冷めてきたのかと若干心配になった。 ただ、やはりやせ我慢してまで乗るよりは楽しい時期にいっぱい乗りたい。 去年はそれで 10 月に週末雨ばかりで全然乗れなかったわけだが……。 あと春は花粉症があるのでそちらの意味でも若干厳しい。

連休最終日なのでレイクタウンに買い物に行った。 やはりというべきか人でごった返していた。 しかしこれでも三が日に来るよりは大分マシなのだろう。 まず靴の修理を頼み、待っている間にめぼしい店を回ってみる。 靴の修理は私のバイク用シューズと妻のブーツの 2 足で 7,000 円強したので損得を考えると微妙かもしれなかった。 ソールが全部剥げてしまうと内部のスポンジが見えてしまうが、そのスポンジの修復も入るとちょっと高くなるようだ。

そういえば以前たまに行っていた飲食店に今日も行ってみたのだが、料理内容が変更されており味が落ちていた。 スタッフの感じも変わっていた。 また一つ行きたい店が減ってしまい残念だ。 味が落ちても時間が経ってまた取りもどす例も無いことはないが、なかなか厳しい。

以前ほどがっついて乗らなくなった

今年まだバイクに乗っていないので今日乗ってこようかと思ったのだが、外に出てみたらとても風が強かったのでまた今度ということにした。 私がリターンライダーになったのは一昨年でもうすぐ 2 年が経とうとしているが、さすがにそんなに頻繁に乗ろうという気にはならなくなってきた。 乗るからには楽しくないといけない。 寒かったり風が強かったりすると楽しさよりも辛さのほうが勝ってしまう。

仕方がないので今日は普通に食事の材料を買いにスーパーに出かけた。 昨日の予定通りグラタンの材料を調達。 予定ではバゲットを買うつもりだったが、クロワッサンが安く売っていたので予定変更した。 ついでに切らしていたハヤシライスの素を調達。 ハヤシライスは材料が少ないので作りやすいし、残った分を朝に続けて食べられるのはカレーと同じなので楽だ。

Spring Boot や Kotlin の学習

今日も自宅でゆっくりと Spring Boot や Kotlin の学習に努めた。 フレームワークや言語を勉強するのはいいが、やはり何かを作る上での勉強でないと熱が入りにくい部分ではある。 Android アプリを作成するのもいいのだが、今のところ特に良いアイデアは無い……。

料理もやる気の問題

静かな正月を過ごしている。 土日祝日の食事担当が私なのも変わらないのでここ数日は朝昼晩作っているが、流石に料理のレパートリーが足りないと感じる。 子どもたちはそんなこと気にせずに食べているようなので良いが、気を抜くといつも作っている料理ばかりになってしまって良くない。 多分世の中の主婦の方々も同じような悩みはあるのだろう。 今はネットでいくらでも調べられるのでどちらかというとやる気の問題だ。

そういえば最近グラタンを作っていなかったので明日にでも作ることにしようかと思う。 バゲットと一緒に食べても美味しい。

長い休みは中だるみしやすい

長い休み、と言っても私の場合は 9 連休なので学生時代と比べると短すぎるところなのだが、それでもやはり「休みに慣れてしまう」という問題はある。 今日も結局ダラダラとタブレットをいじって過ごしてしまった。 タブレットは見やすくて快適だし外出など他の趣味をするのに比べてお金もかからないし便利すぎる。 仕事の合間を縫って勉強した方が却って捗るのだから、学生時代と何にも変わっていない……。

この自作 Blog システムで必ず 1 日 1 記事書くというルールで日記をつけ始めてから今日で三年目となった。 今日で 732 日目の日記ということになるが、三年続ければ 1,000 記事以上になるだろう。 Blog 上部にカレンダーを設置して書いた日に色を塗るというスタイルも実は私が思いついたのではなく、大学生の時に使っていた CGI 日記がこのような感じになっていたのを参考にしている。 その時も今と同様に 1 日 1 記事書けていたなという「成功例」を元に自分に都合のいいように作り出したわけだ。

何故こんな話から始めたかというと、全く元旦という実感がないからだ。 正月らしさはその時になればやってくるものではなくて「自分から作りだす」もので、もう少し正月らしく振る舞ったほうがいいのかもしれないと思った。 自分が親の世代になってしまってからは特にそれを感じる。 来年はもう少し考えてみよう。

ちなみに今年の抱負などは考えていない。 強いて言えば自分の生き方、自分のペースを崩さないことだろうか。 ささやかな毎日を過ごしたいものだ。

Piyotarou100%
2018-01-01 22:58:15
新年あけましておめでとうございます。

日記を毎日コツコツ続けるのは凄いことだと思います。私が最近毎日やっているのはタイピングくらいです(笑

私はタイプウェル初期の頃のタイパーで、10数年ぶりにはまっています。当時、月配列はなかったのですが、これは大変興味深い配列ですね。本日、2-263とU9を組み合わせて配列を自作してしまいました。タイピングサイトをいくつかうろちょろしていますので、またよろしくお願いします。
コジオン
2018-01-02 08:17:16
あけましておめでとうございます。

> 私はタイプウェル初期の頃のタイパーで、10数年ぶりにはまっています。

10 数年ぶりですか。すごいですね。私は 10 数年前は「特打」で練習していたのみで、こういう世界があることすら知りませんでした。

月配列はカスタマイズ性が高いのが長所ですよね。まぁ QWERTY ローマ字や JIS かなでもカスタマイズは出来るのですが、そうすると「どの環境でもすぐに打てる」というメリットを捨て去ることになるのでなかなか難しいです。

私も自分に合わせるために月配列 K を自作しましたが、同じように Piyotarou100% さんの癖に合わせた配列を自作できればそれが一番な気はします。それがなかなか大変なのですが。

大みそかだが、特にこれといった事をするわけでもなく普通に食材の買い出しに出かけて昼食の豚汁を仕込み、夕食は年越しそばを作る予定だ。 また今年も適当に笑ってはいけないシリーズでも観て年を越すことにする。 子どもの頃は年を越すというのは一大イベントだったはずなのだが、いつの日からか特に何かを意識しない普通の日ということになってしまった。 「本当に今日はもう大みそかなのか。もう 2017 年も終わりか」という意識が一番強い。

普段通り起きてホテルで朝食をとったのだが、やはり日の出ていないうちから乗ると寒いということで遅めに出発した。 余裕があればひたちなかや大洗にでも行こうかと思ったのだが、寒くて辛いのでそのまま自宅まで下道で帰った。 日中は真夏の暑い日に比べれば乗りやすいとはいえ、我慢比べ大会のようになってしまい快適とは言い難い。 今日帰っている途中にもバイクに乗っている人を何人か見かけた。 ツーリングというよりは街乗りで細々と楽しんでいる感じだろうか。

折角有給休暇を取得したし緊急の対応も発生しなさそうなので、明日から行こうと今年最後のツーリング計画を練っていた。 もう真冬なので山岳部は回ることができない。 茨城方面を雪の様子を見ながら回ってみようと考えた。

宿泊は日立市内のビジネスホテルとした。 朝食込みで 5,000 円前後というのが選択基準だ。 以前ツーリングでちゃんとした旅館に一人で泊まったことがあったのだが、正直一人だと旅館の丁寧な接客が煩わしく感じる。 ビジネスホテルのように多少簡素な方が過ごしやすいというものだ。 そういえばサービスエリア・パーキングエリアの雰囲気が好きな人はビジネスホテルも好きなものだとどこかで見た気がしたが、確かに当たっている気がする。

そのビジネスホテルからグルメバーガーショップまで歩いていけるので、夕食はそこでハンバーガーにクラフトビールという黄金コンビを堪能する予定だ。 防寒装備で固めていても冬のライディングは若干辛いものがあるので、夕食が一番楽しみなところだ。

料理にこだわるならばいい鍋を買ったほうがいい

自宅で使用している鍋が古くなってきたものが複数あったので、今回思い切ってティファールの鍋セットを購入してみた。 セットだと 1 万円以上するのでなかなか豪華な買い物ではある。 年明けてから使おうと約束していたのだが、古い鍋がボロすぎたので一昨日交換してしまったようだった。

私は今日初めて使ってみたのだが、流石に高い鍋だけあってとてもいい感じだ。 全く焦げ付かないし、こびり着いた汚れもスポンジで擦ればすぐ落ちる。 そして取っ手を外せばそのまま食器や保存容器として使えるのも便利だ。 家族連れは勿論のこと、自炊するひとり暮らしの人とかでもセットで揃えておくと役に立つはずだ。

ただ、セットに含まれているハンドル (取っ手) が 1 個しかなかったので、今日オムライスとコーンスープを作ろうと思ってチキンライスを炒めて取っ手を外してコーンスープの鍋で盛り付けて、更に取っ手を外してフライパンで卵を焼いて盛り付けて……という工程がハンドルの付け外しのせいで若干面倒に感じた。 やはりハンドルは 2 つあった方が便利なようだ。 調べてみるとネットで 2 千円強で購入することができるので、次回の楽天セールの時にでも買おうと思った。

誕生日プレゼントを渡す

子どもが寝れなくなってしまうので寝る間際に渡すわけにもいかずタイミングが遅れてしまったのだが、今日ようやく誕生日プレゼントを渡すことができた。 「ポケットモンスター ウルトラサン」のゲームカートリッジだ。 前作と同じ世界で違ったストーリーで楽しめるという理解である。 正直よくわからない。

早速遊んでいるようだが、とても喜んでもらえたので良かった。 やはりゲームソフトは間違いない。

私は自主的に有給休暇を取得したので今日で今年の業務が終わりなのだが会社的には金曜日まである。 結果的に忘年会も欠席ということになったので、夜は「一人忘年会」ということでビールを飲みながらラーメンを食べてきた。 まぁ、ビールも 1 本だけだし普段通りではあるのだが……。 最近は日常的にビールを飲まないようにしているので、どうも以前より酔うのが早い気がする。

そういえばラーメン屋にクラフトビールも置いてあったのだが、ラーメンとクラフトビール (特にペールエールや IPA などの香りが強い系) は合わない気がするし値段も高い。 いつも通り国産の瓶ビールということにした。 これでも普段飲んでないと割と美味しく飲める。

私は基本的に酒はビールしか飲まないのだが、寿司などの魚介系を食べる時だけは日本酒もアリな気がする。

クリスマスのローストチキン

子どもの誕生日がクリスマスのすぐ後なので、我が家ではクリスマスイヴにケーキを食べずに後日食べることにしている。 いわゆる「クリスマスと誕生日を一緒にやってしまう」という大人にとって都合のいい話が成立しているわけだ。 勿論クリスマスプレゼントも誕生日プレゼントと合体ということにしている。

とはいえクリスマスイヴに何もなしというのも何なので、あらかじめ業務スーパーで骨付きモモ肉を人数分購入しておきローストチキンを手作りした。 何せ当日にスーパーで出来合いのものを買うと高い。 自作すれば費用は 1/3 程度になるしそんなに難しくない。 気をつけるのは肉が分厚いのでフライパンに蓋をして弱火で時間をかけて蒸し焼きにすることぐらいだろうか。

塩コショウ、ニンニクのみの味付けでも結構香ばしく仕上がった。 しかも業務スーパーで買った骨付き肉がかなり大きく食べごたえがあった。 子どもたちにも大受けで、この試みは成功したといえそうだ。

そういえば「パパは何故そんなに料理ができるの」と聞かれたが、「君たちが生まれる前からいつもやってきたからだよ」くらいしか答えられなかった。 確かにそれが真理ではあるが、なかなか分かりやすく伝えるのは難しい。 基本的に不器用なのでオムライスを綺麗に盛り付けするとかそういうのは苦手だが、さすがに休日だけとはいえ 10 年以上のキャリアがあるので初めて作る料理であってもそれなりのものを作る自信はある。 継続は力なり、とでも言えばいいのだろうか。

今週さえ終わってしまえば、来週は後半有休を取得しているので今年の業務終了となる予定だ。 だが、どうも仕事が不穏な雰囲気で、緊急で出社しなければならなくなる可能性もある……。 多くの場合瑕疵対応なので致し方ないところではある。

次の業務で使いそうなので Spring Boot 関連の勉強をしておきたい。 今までの Java EE 案件は Eclipse でやっていたので今回もそれでやろうかと思ったが、やはり慣れている IntelliJ を使おうかと思い直してきた。 IntelliJ Ultimate が高額だが PhpStorm と PyCharm で 2 つ継続したりするより IntelliJ Ultimate の 1 本に絞って使ったほうがいいかと考えた。 いろいろと実験しておきたいところだ。

先日からやっているドラクエ 5 だが、終盤に差し掛かり急にやる気がなくなってきた。 最近ゲームを始めるといつもそうで、若い時のように情熱を持って最後まで続けることができない。 「どうせもう終わるんだしクリアしたらどうなるかも大体知ってるし」というわけだ。 ドラクエに関して言えばクリアした後も裏の世界やら他のやりこみ要素やらいろいろと用意されているのだが、正直面倒くさい。

ただ、麻雀と将棋だけはいくらでも続けられる気がする。 冷たい書き方をすると一般的なテレビゲーム、スマホゲームは時間の無駄であって、麻雀や将棋はそうではないと打算的に考えながらやっているということになる。 あと、既にルールを熟知しているというのも大きい。

タイピングはどうなのだろうか。 これも自分にとっては「本当に何のつぶしも効かないわけではない」と思っているから続けているだけなのかもしれない……。

今日は真冬日だったということで、さすがに比較的寒さに強いと思われる私でも寒いと感じた。 これでバイクに乗ったら防寒装備をしっかりしていても寒さで悶絶するだろう。 ものすごく着込めば問題ないのかもしれないが、着膨れで快適性が損なわれることとのトレードオフが難しい。

小学校はもうすぐ冬休みということで、何とも羨ましい話ではある……。 私も今年の暮れは溜まっている有休で冬休みを伸ばしたので、業務が問題なければ少しは快適に年を越せそうではある。

待ちに待ったタブレット

先日 HUAWEI の新型 8.4 インチタブレットと思わしき MediaPad M5 という製品の Bluetooth SIG 認証が取得されたようだ。 M4 でなく M5 なのは 4 が縁起が悪い数字なので嫌ったのだと思われる。

一般的に Bluetooth SIG が認証されてどの程度の期間を経て日本で発売されるのだろうか。 私が持っている MediaPad M3 Lite 10 の例を調べてみたが Bluetooth SIG 認証が 4/7日本での発売日が 6/9 となっている。 この例だと 2 ヶ月強ということになるが、つまりは 2 ヶ月から 3 ヶ月程度を見ればいいのだろう。 途中に春節 (中国の旧正月) を挟むのでもう少し時間がかかるのかもしれない。 来年 3 月あたりが濃厚だろうか。

リークされた情報を見るに Android 8.0 で SoC が Kirin 960 (Mate 9 や P10 と同等) になり接続端子が microUSB から USB Type-C に変わったのが主な変更点だろうか。 今持ち歩いている Mate 9 が USB Type-C なのでケーブルが 1 本で済むのと充電が速くなるのがとてもありがたい。 ただ、私は今 Bluetooth イヤホンも使用しておりそちらは microUSB なので結局ケーブルは必要なわけだが……。

8.4 インチはレッグポーチに入るのか

今私は 10 インチタブレットである MediaPad M3 Lite 10 を使用しているが、これは大きすぎるので常にショルダーバッグで持ち歩いている。 だが 8.4 インチならばレッグポーチのような小ぶりなものでもギリギリ入るのではないか、と思って考えてみた。 今使用しているレッグポーチは若干縦が短く横に長い感じでタブレットを入れるのには適していないが、 DEVICE のレッグポーチ DLH40055 という製品がギリギリ入りそうで気になっている。 見た目も格好いい。 というわけで MediaPad M5 が正式に発売された暁にはこちらのバッグも合わせて購入することになりそうだ。

早いもので今年もあと 2 週間足らずで終りを迎える。 昨年末に行った 2016 年のハイライトと同様に軽く今年を振り返る。

1/13 JIS かな打ちを使うことを止めることにした

去年 8 月から JIS かなのタイピングを行ってきたが、右手小指が痛すぎるのと他の理由で打つのを止めた。

1/14 月配列 2-263 式

JIS かなを止めた代わりに月配列の練習を始めた。 一言で言えば今年は月配列の年だった。

2/25 ラパン契約

自家用車をアテンザからラパンに変更するために契約した。

2/26 月配列 K 試作型開発

月配列 2-263 式を純粋に一部四段配列化した私家版「月配列 K」の構想を試し始めた日。 純粋な月配列 2-263 式 (といっても長音は早期に打ちやすい場所に変更していたのだが) は 1 ヶ月ちょっとしか使用していなかったことになる。

4/1 猿ヶ京温泉

春の家族旅行。 まだ雪の残る猿ヶ京はいいところだった。 いつかまた行きたい。

5/14 能登半島ツーリング 1 日目

初めて富山県と石川県に 2 泊 3 日のツーリングに出かけた。 やはり遠かったのか距離を走りすぎて疲れてしまったのはまずかったが、見たことがない風景が広がっていた。

5/26 Colemak がちょっと気になっている

アルファベット配列の方も QWERTY から改善しようと Colemak に手を出した。

7/21 Colemak を使うことを止めることにした

2 ヶ月弱練習してそれなりに速くなったのだが、主に実用上の理由により使用を止めた。

8/4 月配列 K 結局以前の安定版とそう変わらなくなる

月配列 K が現在も私が使用している完成版となった日がこの日だった。

8/26 蓼科家族旅行 1 日目

ちょっと前に蓼科にバイクで行って雨が止まずひどい目に遭ったので、リベンジの意味で今度は家族旅行で蓼科に行ってみた。

11/26 タイプウェル国語 K が XE 到達

月配列 K でタイプウェル国語 K の総合が XE を達成し、自分で設定していた最終目標をクリアした。

スマホ版のドラクエは 4 と 6 と 7 を購入しており 5 と 8 はまだだったのだが、今回 5 を購入してプレイし始めた。 やはり Google Play のファミリーライブラリがとても便利で、家族全員でプレイすることができるのが素晴らしい。 Android 5.0 から搭載されたマルチアカウント機能を使えば 1 台のスマホに複数ユーザを使用することで 1 台でも家族で使いまわすことが可能になる。 これは特に Android タブレットでの運用で役に立つ。

私はドラクエ 5 は SFC でプレイした後に PS でもプレイし DS でもプレイしている。 今回のスマホ版は DS 版の移植のようなので「書い直した」といった意味が強いだろうか。 ドラクエ 5 の内容も 3 や 4 と同様にほとんど覚えているのだが DS 版で新規追加された要素などはさすがに記憶にない。 学生の頃は全モンスターを仲間にしようと頑張っていた時があったのだが、先に主人公がレベル 99 になってしまったのが悲しかった……。 それくらいモンスター全コンプリートは難しい。

今プレイしても安定の面白さなのだが、スマホ版ドラクエ 5 は期間限定で配布している「モンスターブローチ」がもう手にはいらないのが非常に残念だ。 これを装備しているとモンスターが仲間になる確率が上がるそうで、コンプリートしたい者としては是非とも欲しかった一品だからだ。

前の健康診断で肝機能に異常なしと出たのだが、継続して禁酒は行っていきたいと思っている。 大体ビールは高すぎる。 そもそもビールにかかる酒税が高すぎるのが問題でオッ君教授の金融教室にも以下のように書かれている:

日本のビールにかかる酒税は、世界的にみても群を抜いて高い状況にあります。現在、ビール350㍉㍑にかかる酒税は77円で、ドイツの約20倍にも相当します。さらに、酒税にも消費税がかかるため、ビール一缶に83円もの税金がかかります。このため、購入代金の4割以上を税金が占める計算となり、まさに「税金を飲んでいる」イメージです。

ビールを飲めば飲むほど高額納税者である。 ただでさえバイクや車で高額納税者になっているのに、これでは家計が厳しいのも仕方がない。 最終的に生活に困ったらバイクを止めるしか無いが……。

ちなみに発泡酒は不味いので、それを飲むくらいならヴェリタスブロイなどのノンアルコールビールを飲むことにする。

今日は歯医者でよくある「塗ると歯垢が落とせてない箇所が赤くなる薬」を使用して説明を受けた。 子どもの時に 1 回同様の指導を受けたような気がしたが、流石に記憶にない……。 どうも自分の場合は歯ブラシの押しつけが足りなく、歯の隙間や根っこに歯ブラシが十分に当たっていなかったらしい。 あと、磨きにくい利き手側 (右手側) に多く歯垢が残ってしまっているとのことだった。

これで歯医者通いは終わったが、今回の歯医者はちゃんと磨き方まで実践を交えて教えてくれたので好印象だった。

先日の健康診断で γ-GTP が基準値を超えてしまったということで別の病院に精密検査をしに行った。 私の場合 3 年前も同じようなことがあったのだが、健康診断時点で風邪をひいていて風邪薬服用の影響で一時的に高くなってしまっていただけだった。 今回もそれと同じではないかと想像していたのだが、念の為検査してもらうことにしたわけだ。

今回はしばらく飲酒していないし風邪もひいていないので正しい値が取れるだろうということで血液検査を行った。 検査前に医者からは「風邪薬だけでこんなに γ-GTP が上がることはないのではないか」と言われ超音波エコー検査用に食事を抜いて行ったのだが、結果として今回の血液検査では正常値を示した。 これで一安心といったところだ。 どうも一般的な人間の場合は診断結果がここまで風邪で影響されないらしいのだが、私の場合は健康診断前の体調管理に十分気をつけたほうがいいようだ。

今回の検査で有給休暇を使用してしまったのだが、どうせ有休など使いきれずに消滅してしまうので問題ない。 健康は何物にも代えがたい。

いつもの自宅での休日

今日はとても寒そうだったので自宅でゆっくりしていた。 MJ モバイルのギャンブル卓で MJ チップ稼ぎに勤しむ。 以前大負けして凹んでいたのだが、今日は割と調子が良くて大幅に勝ち越せてよかった。 普通の三麻ならば良いのだが、ギャンブル卓はかなりの猛者に高確率で当たる為全く気が抜けない。 このヒリヒリした感覚がまた楽しいのではあるが、だからといって本物のギャンブルには手を出さない。

昼は外に少し出たのだが、天気予報で表示されている気温よりは体感暖かく感じる。 やはり日が出ていると大分違う。

本場のカレーショップ

近所のネパール人がやっているカレーのお店に行ったのだが、今までは休日のランチ時でもかなり席が空いていたのだが今日行ったらほぼ満席状態になって驚いた。 立地が悪かったのでお客さんが伸びないのだと思っていたのだが、口コミで徐々に人が増えてきたのだろうか。 確かにこのお店は元々ランチメニューが料理がいっぱいついてくるのにお手頃な値段設定だったため個人的に「穴場」だと思っていたのだが。

しかしこうやって地元の店が繁盛してくれるのは嬉しいところだ。 お店にある程度お客さんが入っていないと経営が行き詰まってしまう。 スタッフも日本語が不自由な外国人がほとんどで、このような言葉も慣れない土地に来るだけでも大変なのに、その上店舗を運営するのは並大抵のことではないはずだ。 そういった意味では素直にすごいと思う。 とても真似出来ない。

いつもの夕食当番

休日は私が食事を担当している。 今日は青椒肉絲とジャガイモの味噌汁、サラダという献立とした。 青椒肉絲は全ての具材を油通しして作る。 我が家は中華鍋とジャーレンまで備え付けてあるのでこのあたりはやりやすい。 個人的にジャーレンは中華料理の油通しは勿論のこと、普通の揚げ物が気軽に作りやすくなるのでお勧めな調理器具である。

最近歯医者に通っているのだが、歯石を除去してもらった際に年齢の割に歯周ポケットが深くなってしまっているとお叱りを受けて今日歯磨き講座を受けた。 歯医者に通っているとたまにこういった指導を受けることがあるのだが、今日のものは実際に自分で使用している歯ブラシを自宅から持参して歯科衛生士の指導のもと改善を行うという割と気合の入ったものだった。

まず私が普段の磨き方を実践したが、やはりいろいろと問題があったようだ:

  • 歯磨きは磨きにくいところから始める (利き手に対する内側の歯)
  • 歯ブラシは歯茎に対して 45 度の角度で根元 (歯茎と歯の境目) に当てる (これはできていたつもりだったが歯ブラシがトップに行きがちで歯茎にあたっていなかったケースがあったようだ)
  • 歯ブラシと歯を平行に当てるのが一番良く、そのために歯ブラシではなく顔を動かす
  • 電動歯ブラシを使っている場合ゆっくりスライドさせていくような磨き方は効果が薄くそれよりも 1 つ 1 つの歯に 3 秒くらいかけて移動させる
  • 口は大きく開けるより半開きのような体勢で良いし鏡は必要ない
  • 1 日 2 回適当に磨くより 1 日 1 回きちんと磨く
  • 1 回の歯磨きは正しいやり方で慣れていれば 5 分程度で良いがそうでないならば 10, 15 分かける

歯磨きに関しては意識改革を行う必要がありそうだ。

早いもので今年の出社もあと 4 週を切った。 だが年の暮れは大掃除や忘年会などあるので面倒だ。 今年の天皇誕生日が土曜になっているのも悲しい。 12 月 30 日と大晦日が土日になっているのも悲しく、有給休暇を取得しないと冬休みが異常に短い。 この辺りは本当に学生が羨ましい。

久々に家族で清水公園に行ってきた。 清水公園は雄大なアスレチックコースが 3 つあったりその他にも花の温室園やポニー牧場など見どころが多い。 今回は前回と同様にアスレチックコースに子どもを連れて行ってきた。

「水上コース」という水の上を遊ぶアスレチックがあるのだが、そこは身長 130 cm 以上でないと駄目だし今は冬なのでもし落ちてしまったらすごく冷たい思いをすることになる。 そこで「水上コース」以外の「チャレンジコース」「冒険コース」を一通り遊んだ。 12 月とはいえいい陽気だったので家族連れが多かったし、実は「水上コース」にも大勢の子どもたちがいた。 やはり水に落ちてしまい泣いている子どももいたが……。

「冒険コース」の方にも一部水上で遊ぶエリアがある。 そこも子どもたちはクリアしたのだが、私は前回来た時はちゃんとやったのだが今回はさすがに自信がなくパスした。 それにイカダの上に大人の体重で乗ると沈んでしまう……。

綱 1 つで垂直の丸太の壁を登っていくようなものや身長が足りなくて足が届かなそうなもので一見「これはまだ無理じゃないか」と思われるアスレチックも何とかこなしていく姿を見て、なかなかやってみないと分からないものだな、と感心した。

少し街乗りするためにバイクで出掛けたが、日差しがいいので停まっていると暖かいのだが走っていると寒い。 道路の温度計を見ると 9℃ や 10℃ をさしていた。 茨城方面にグルメバーガーを目標に食べに行ったのだが、生憎その店のシャッターが閉まっていた……。 仕方がないのでカツ丼を食べて帰った。

なるべくお金を使わない方向でいくということで今回行きは高速を使わなかったが、若干寒くて疲れてしまったので帰りは料金の単価が高い区間以外のみをうまく乗る感じで高速に乗った。 首都圏ツーリングプランが終わってしまったので気軽に高速に乗るわけにはいかない。

10 月は雨続きだったのでほとんど乗れず 11 月もそんなには乗らなかったということで、この 2 カ月間の走行距離は過去最低となってしまった。 これから更に寒くなるということで来年 4 月頃までは低稼働でいくことになりそうだ。

スマートフォンでは有線のイヤホンで全く不便を感じなかったのだが、タブレットメインに戻した時に有線の不便さを感じるようになってきた。 MediaPad M3 Lite 10 改めてレビューに書いた通りこのタブレットはイヤホンジャックの位置が悪く、イヤホンを挿した状態で縦持ちがしにくい。 その上電車の乗り換えなどでイヤホンを挿したままタブレットをカバンにしまって移動する時があるが、そうするとケーブルの長さが足りずにカバンが突っ張ったような感じになってしまい快適ではない。 最近は iPhone に倣ってかイヤホンジャックがついていないスマートフォンも増えてきたことだし、そろそろ Bluetooth イヤホンに戻すべきかと考えるようになった。

久々に Bluetooth イヤホンを探してみると、以前より買いやすい手頃な値段の製品が増えている。 そして恐らく Apple の「充電しながら持ち運べるイヤホンケース付き」の AirPods に影響されているのだと思うが、同じように Bluetooth イヤホンを充電しながら持ち運べるケースが充実しているのが目についた。

尚 Bluetooh イヤホンをより高音質で聴くためのコーデックとして aptX があるが基本的に Snapdragon 機が aptX 対応となっており HUAWEI 製スマートフォンやタブレットでは非対応のものが多いようだ (Mate 9 と MediaPad M3 Lite 10 も非対応)。 更に私の場合は音楽をそこまでこだわって聴かないので考慮しなくても良い項目ではある。 自分にはそこまでいいイヤホンは必要ない。 それなりに音とデザインと電池持ちが良ければそれで十分である。

もうすぐ楽天スーパーセールがあるので、そこでバッテリーチャージャーも合わせて選んでみたいところだ。

今私はタブレット (MediaPad M3 Lite 10) でイオンモバイルの SIM (1 GB) を使用しておりまずまず満足しているのだが、最近やはり LINE モバイルの方がいいのではと思い直してきた。 LINE モバイルだとどういう仕組みになっているのかは分からないが SMS なしのプランでも LINE の SMS 認証を突破できるらしいからだ。

iPhone と iPad を持っている場合 iOS には iPad 用の LINE アプリが別に用意されているので両方に LINE をインストールして運用できるのだが Android の場合タブレット用のアプリが用意されていないので同時に使用することができない。 この場合どうすればいいのかと思い検索してみたら、どうも 2 アカウント作成して「LINE グループ」を使用してトークをするという運用が有力らしい。 2 アカウントを同じグループに加えることでスマートフォンとタブレットどちらからでも同じ会話が見えるわけだ。 LINE のトーク相手がたくさんいる場合はグループを作成するのが面倒そうだが、よくトークする相手のみに絞ってグループを作ればいいだろう。

今のところは 10 インチタブレットなので我慢してもいいが、これが 8 インチタブレットに切り替えて肌身離さず持ち歩くようになったら考えようと思う。 イオンモバイルはいつ解約しても違約金が発生しないのがメリットではあるが、手続きなど若干面倒だし月の半ばで解約しても日割り計算などされない。 そこまで不便を感じてはいないので焦る必要はない。

私はまだスマートフォンを買い替えるつもりはなかったが今 Mate 9 を使用しているのもあって HUAWEI の新しいフラッグシップモデルである Mate 10 (Pro) は注目していた。 今日発表会があったわけだが、要点としては以下の通りだった:

  • Mate 10 Pro が税抜 89,800 円
  • Mate 10 (無印) は日本では販売されない。ちなみに昨年度の Mate 9 の価格は税込 59,090 円 (発売直後の最安価格)
  • その変わり Mate 10 lite が販売される
  • MediaPad M3 Lite 10 wp という MediaPad M3 Lite 10 の改良版のような端末が発表された

Mate 10 無印が出ないのは P10 / P10 Plus と競合するのを避けたのだろうか。 昨年も思ったのだが P10 シリーズには Pro 的な位置付けのものがないので今回の Pro と lite を用意してくるラインナップの方が市場にマッチしている気がする。 昨年もし Mate 9 が用意されずに代わりに Mate 9 Pro が用意されていたら私はそれを購入していただろう。

個人的に気になったのが最後の MediaPad M3 Lite 10 wp で、これが Wi-Fi モデルしか提供されない代わりに防水・防塵対応、アンテナを外付けするようだがフルセグ・ワンセグ視聴可というまさに自宅でゆったりと使うスタイルを入れてきた感じになっていた。 Wi-Fi モデルしかないという時点で自分は選択肢から外れるのだが、やはり一般的に考えて 10 インチクラスのタブレットを積極的に外に持ち運んで使う人は少ないのでこの戦略が正しいのだろう。 地味に SoC もグレードアップしてきたしインターフェースが USB Type-C になっているのが悔しいところではある。 どちらにしてもタブレットはまだ MediaPad M3 Lite 10 でしばらく頑張るつもりだ。

どんどん早くなる月日

仕事で締め切りを決められる時に「今月末までね」と言われて「いやいやそれは長すぎるでしょう」と言いたくなったところでカレンダーをよく見たら今月は木曜までで終了ということに気がついて地味に驚いた。 その後は 12 月なのであと 1 カ月ちょっとで今年も終了というわけだ。 これも歳を取ったということだろうが、何という早さだろうか……。

今年は何と言っても月配列の年だった。 今年の初めに月配列 2-263 式を練習し始めて、その 1 ヶ月半後に月配列 K の設計を始め、Colemak にも手を出したが使うのを止め、今となっては月配列 K でタイプウェル総合 XE というわけだ。 後はバイクに乗ったり、ハンバーガー食べ歩きをしたり……は今までと変わらない。

そんなに寒くない

土日もそうだったが今までとうって変わってそんなに寒くない。 革ジャンで十分な感じだ。 これで厚着してしまうと電車の中で暑すぎる。 例年 12 月まではこの調子なのだから首都圏近郊の冬は過ごしやすいし個人的に好きな季節だ。

今日は NURO 光の機器を発送するのに午前中待っていなければならなかったので、午後少しだけ街乗りに出かけた。 地元でも工夫して進めばまだまだ走ったことがない道があって新鮮な気持ちで楽しめる。 30 km 強程度の走りだがまずまず満足だ。 しかし今日は割と日差しが出ていて暖かいはずだったのだが、ネックウォーマーなしで走るとそれでも寒く感じる。 もう冬だな、ツーリングシーズンも終わりだな、と改めて感じさせられた。

本日駄菓子屋の前を通りかかったので、宿題となっていたエブリバーガーを遂に購入することができた。 ハンバーガー状といってもチョコしか挟まれていないのでハンバーガーというよりどら焼きだ。 早速食べてみたがそこそこ美味しいし量もある。 店できのこの山やたけのこの里と内容量を比べてみたがほとんど差がないにも関わらず値段は 1.5 倍くらい違う。 きのこの山とたけのこの里はいくら売れ筋とはいえ高すぎる。

こうやってお菓子の内容量を調べて多いやつを買う、といったケチ臭い事を子どもの時もやっていたのを思い出し「大人になっても全く変わっていないな」と苦笑した。 次回はビスケット部分がたけのこの里と同じような味がするはずのきこりの切株を食べてみようと思った。

今年の 2 月から NURO 光を開通させて快適に使用しているわけだが、先日から固定電話 (NURO 光の IP 電話) が使用できなくなった。 受話器を耳に当てても何も音がしない状況だった。 早速 NURO 光テクニカルサポートに連絡し原因を調査してもらった。 結果、TA (ターミナルアダプタ) の故障が疑わしいということで交換品の TA を送付してもらい、今日それが届いた。 普通に交換したら電話が使えるようになって一件落着というところだった。

ここまで全て各種送料も含めて無償サポートだが、不具合が出てもこのようにきちんと対応してもらえるならば何も文句はない。 日本の企業は丁寧で素晴らしい。 装置が壊れることがあるのは仕方がないと誰しも分かっていることだからだ。

Amazon ビデオに孤独のグルメ Season 6 が入っていたのに気付いたので早速見始めた。 孤独のグルメは原作は勿論ドラマ版も最初から全て観ている。 未だに原作のオマージュを入れている話があるのが面白い。

私は騒がしい場所が苦手なので井之頭五郎のように居酒屋に入っていって一人飯を喰うようなことはない。 そういえばグルメバーガーを食べている回は無かったような気がする……。 あと蕎麦を食べている回も無かった気がする。 意外だ。

何となく駄菓子屋の前を通りかかって覗いてみたら懐かしのエブリバーガーときこりの切株が販売されていた。 懐かしいな、ちょっと買おうかな、と思ったがあまりお腹が空いていなかったのでまた今度、とその場を後にした。 両方ともブルボンが出しているチョコレートにビスケットを合わせたようなお菓子で、他に「ちょこあ~んぱん」がある。

この手のお菓子で明治が出している有名なものが「きのこの山」と「たけのこの里」だが、私はたけのこ派である。 あの独特のビスケット部分の食感が美味しいと思う。 年に 1, 2 回しか食べないので「派」というのもおかしいのだが、きのこの山に関しては最近ほとんど食べていない。 昔「すぎのこ村」という似たお菓子があって三つ巴状態だった時があったのだが、不人気だったのかきのこの山とたけのこの里の 2 商品のみになった。

きのこの山とたけのこの里は普通に買うと結構高いのだが、上記エブリバーガーときこりの切株は割と良心的な値段で販売されていた。 ということでコストパフォーマンスで選ぶのもアリかと思った。

先日健康診断結果が出たのだが、やはり肝臓の数値が芳しくない値が出た。 ビールを常飲するのは 2 ヶ月前に止めているのでお酒の原因は少なくなっていると思うのだが、健康診断前に風邪を引いており風邪薬を服用しているといつもこの症状となる。 健康診断をずらせればいいのだがなかなかそう気軽にできないところだった……。

ただ、正確に言うと「薬剤性肝障害である可能性が高い」と自分は見ているだけで実は本当に肝機能障害 (脂肪肝とか) の可能性もあり得る。 そろそろちゃんと精密検査しに行ったほうがいいのか悩むところではある……。 会社の方からも「来年はこれこれこういう詳細なオプションを追加してはどうか」などと言われたので、来年は少し考えるかもしれない。 しかし健康のことを考えるといつも憂鬱になる。 「食べたい、飲みたいものを好きなだけ食べることができる年齢」は既に終わっていると実感させられる。

雨の日は要注意

朝用事があったので車に乗っていたのだが、今日は雨で空も薄暗く見通しが悪い状態だった。 とある交差点で右折しようとした時によく見ると黒っぽい服を着た人が乗った黒い原付が走ってきていた。 ハッと気付いて進まなかったが、うっかりしていたら右直事故になる可能性がある。

自分のバイクは鮮やかな赤色をしており目立つのでその観点だと比較的安全だと思うが、他人のバイク、特に原付は目立たないので見逃しに気をつけなければならないと思った。 雨天時などは特に目立つ色のレインウェアを身につけるのが良い。 そういえば今私が使っているレインウェアもグレーのもので目立つとは言い難い。 次買い換える時は黄色の蛍光カラーなどの目立ちすぎるくらいのものにしようと思った。

妻の眼鏡買い替えに立ち会う

妻の眼鏡が壊れてしまったということで買い替えに立ち会った。 いつもは JINS や Zoff なのだが今回は少しいいものを使ってもらいたいということで眼鏡市場をお勧めした。 この間自分も眼鏡市場で購入したのだが、女性用のフレームがなかなかワンポイント効いたものが多く印象に残っていたからだ。 妻も選択肢が多い状態で悩んでいたようだったが、最後は私がお勧めしたフレームに決めたようだった。 自分が使うものなので最終的には自分の感覚で決めるのがいいとは思うが、判断材料を提供するのは悪くない。

眼鏡市場は超薄型レンズにするなどは無料範囲内で出来て即日受け取れるが、傷に強かったりブルーライトカットが入っていたりするレンズは追加料金と 1 週間かかるようだった。 大切に使いたいということでコーティングを施すことにした。 視力測定し代金を支払ってその場を後にした。

昨日から左手の指が痛くてタイピングができなくなった。 こうやって普通に打つ時も少し左手を守りながら打っている状態で遅い。 月配列 K は少し左手を酷使する配列になってしまっている、というのを実感した。 しかし、本来打鍵数が少なくなる月配列を使うメリットは指の負担が軽くなることのはずなのに、これでは本末転倒だ……。 ちなみに JIS かなを使用していた時はある程度速くなってきた段階で右手小指が痛くて仕方がなかった。 今回は部位が違うだけで結局同じことに悩まされている。

以前も腱鞘炎に苦しんで休んだことがあったが、そんなに凄い練習回数をこなしたわけでもないのにこうなることに愕然とする。 趣味はあくまでプライベートの充実を図るためのものであって、仕事に影響が出てしまうようではまずい。 そもそもタイピングを辞めれば指が痛くなるようなことはなくなると思うが、身体がついてこないからその趣味を辞める、というのが凄く寂しい。 私がスマホを含めたゲームの類をほとんどしない (静止画の麻雀や将棋は別) のは目が疲れて仕事に支障が出るからだが、それと同じ扱いになってしまうのだろうか……。

ここ 2, 3 年は朝 5 時から 6 時の間に起床するようにしている。 この歳になってくると割と苦もなく起きられるものだが、寒くなってくると少し辛いのも確かだ。 早起きして会社に行って早く帰る。 夕食も早く食べることができるようになるし、生活のリズムが良くなる。

朝早くに薄暗い中駅まで歩く道がひんやりと涼しくて気持ちが引き締まるような気がする。 代わり映えしない毎日かもしれないが、今日もできることをやっていきたいところだ。

11 月も中盤ということで割と涼しい日が続くが、そんなに寒くもなく過ごしやすいといえる。 バイクに乗ってみたが、街乗りでは冬の装備でなくてもまだいける感じだ。 あと 1 ヶ月も経てばまた違ってくるのかもしれないが、今週末こそツーリングに行きたいところだ……。

先週は仕事がとても忙しかったのだが、通常営業に戻りやっと疲れは取れてきた。 やはりある程度生活に余裕が無いと趣味どころではない。 この日記も同様だ。

忙しかったのもあって英語の勉強を放置していた。 少しずつ復活させていきたいが、物事を継続することの難しさを感じる。 特に仕事で必要とされているわけでもないので、そんなに気負わずに少しずつ進んでいけたらいいと思う。

休出中。 先が見えない……。

仕事に集中。

忙しい。

仕事が忙しいかやる気が無い、体調が悪い時は余裕が無いので日記が短くなり、その逆の時は日記が長くなる。 なかなかうまくいかないが、余裕がある人生を送りたいものだ。

休日引きこもっていたからか、仕事を始めてもどうも目が疲れる。 後頭部のあたりが痛むのでいつもの眼精疲労のようだ。 こうなってくると何もやる気がしなくなるので早く寝てしまった。

引きこもっていたと言ってもゲームは MJ モバイルと将棋ウォーズといった静止画が主なものしかやっていないので酷使しているわけではないのだが……。 最早身体的な条件により普通のゲームはできなくなってしまったと言えそうだ。

上海蟹

連休最終日

連休最終日で天気も悪くないが、初日に出かけて結構疲れたので今日はあえて家でゆっくりすることにした。 いつも通り MJ モバイル、将棋ウォーズ、タイピング、英語の勉強、掃除などをして過ごす。

昼食は自宅近くのラーメン屋とした。 一旦スープの味が落ちたな、と思ってからしばらく行っていなかったのだが、最近また行ったら以前の味が戻っていたのでまた定期的に行くようになった店だ。 やはり地元にある店は贔屓にしたい。 夕食は上海蟹の蒸したものとコーンシチューにでもしようかと思う。

今回の三連休が今年最後らしい。 平日でも時間が経つのが早いが休日だと更に早い。

上海蟹

妻が知り合いから上海蟹を 5 杯頂いてきた。 新鮮な上海蟹でまだ足が動いていた。 鍋もいいが素材の良さを味わうならやはり蒸し蟹だろうということで、ありがたく蒸して食べることにした。

私は上海蟹を食べるのは 10 年以上ぶりだ。 久々に食べてみるとクリーミーで特徴的なカニ味噌がとても美味しいと感じた。 ただ、やはり足の部分は細めなので食べられるところは少なく、若干食べるのが面倒な部分はあった……。 とはいえ高級食材なのでありがたいという気持ちのほうが強かったが。

また次に食べる時はやはり 10 年後などになるかもしれない。

妻が Android スマートフォンに替えたということで Google Play ファミリーライブラリを通して私が過去に購入した多くのアプリを妻も無条件で使えるようになった。 というわけで早速ドラクエ 4 を遊んでいるようだが、度々「ここどうやるの?」と聞かれるのでその度に一切ネットで攻略情報を調べることなく答えている。 よく考えたらこれは凄いことだ。 何しろ全部のストーリーと謎解き方法、レベル上げポイントはどことか、武器防具は何を買うといいかとか子どもの時から記憶しているのだから。 特にドラクエ 1 から 5 あたりは何度もやったので完全に記憶に定着しており、何を聞かれてもほぼ答えることができる。

それだけ当時の子どもたちにとって「ドラゴンクエスト」というのは話題の中心にあったということだ。 私はドラクエ 4 を購入するのにおもちゃ屋で 1 時間半並んだというのを未だに記憶している。 ドラクエ 4 の「8 逃げ」や「838861」、ドラクエ 3 の「防御攻撃」や「ゾーマにベホマ」など、やはり覚えている……のは凄い。 学校の勉強などかなりの部分忘れてしまっているというのに……。 やはり自分が夢中になったことというのは記憶の定着のレベルという観点でも次元が違うな、と感じた。

今日はハロウィンだったようで、子どもが学校でそんなイベントをやってきたようだ。 先生にトリック・オア・トリートと言ってお菓子をもらう。 そんな感じだ。 意味が分かっているのかどうなのかは定かではないが、とりあえず「そうか、今日はハロウィンだもんなぁ」とにこやかに返す。

自分の子どもの頃はこんなイベントは無かった。 まあ細かいことは置いておいて、話題の種になるのであれば良い。 独身だったら相変わらず「ハロウィンなんかクソ食らえだ」の一点張りだったかもしれない。

更に芋掘りでサツマイモをいっぱい持ってきたようなので、味噌汁に入れたり天ぷらにするなどした。 サツマイモも地味にそれなりの値段がするので助かるところだ。

今日は健康診断だったので朝食を食べずに出てきたのだが、私は学生時代も含めて朝食を抜くというのは一切しないたちなので全く頭が回らない状態で健康診断会場まで向かった。 健康診断は時間を選択できるのだが、いち早く朝食を食べたいので一番早い時間とした。

恥ずかしい話だが一昨年採血後に卒倒したので、次の年からは採血時に事前申告してベッドに寝た状態で行ってもらうことにしている。 本日も緊張したのだがとりあえずは大丈夫だった。 しかしやはり脱力感は感じる……。

体重は去年より 2 kg ほど減っており好調と言えた。 食事制限的なことはしていないのだが、毎日 1 万歩以上歩いているのと食事で積極的に根野菜を含んだ料理を作るように心がけているのが効いているのだろう。

健康診断が終わり、朝マックを食べたのだがやはり本調子とは言えない。 これが毎日朝食を食べない人だとまた違うのだろうな、と思いつつ本日も会社に向かった。

妻の iPhone SE の電池がかなりヘタってきたようで、一日何回も充電をしないと持たないような状態らしかった。 「Apple Store でバッテリーを交換してもらうか、新しいのを買えば」とアドバイスしたのだが、今回は私と同じく HUAWEI の端末である P10 lite を選択することを選んだようだ。

HUAWEI P10 lite は今年夏に出た端末 P10 / P10 Plus の廉価版となっている。 価格がとても安く P10 / P10 Plus の半額以下。 但し Antutu ベンチマークも半分以下のようだ。 やはり値段なりといったところか。

こちらのレビューサイトで P10 と P10 lite の比較動画が上がっているが、こうやって横において見比べてみると一目瞭然なのかもしれないが、普段使いでは全く気にならない……かもしれない。 ヤフオクで売却すること前提なのであれば、高いやつを買って綺麗に使って売る時に高く売る、ような戦略も有効なような気がする。

ちなみに私が今使用している MediaPad M3 Lite 10 という 10 インチタブレットはこの P10 lite よりも Antutu ベンチマークのスコアが低い。 勿論必要十分に使えるのだが、確かにちょっともたつくな、という場面は何度か感じた。 Mate 9 も同時に使っているので余計にそう感じるのかもしれない。 今 MediaPad M3 Lite 10 を持っていなかったら MediaPad M3 (8.4 インチタブレット) を買うだろうな、とは思いつつ次の MediaPad M4 の発表を待っている。

風邪がまだ治っていないので若干辛いところだが、普通に仕事である。 今日は Android Studio 3.0 のリリースがあったのでプロジェクトの対応を行っていた。 そのままではビルドできなかったので適宜修正。 Android Studio が正式リリースされる前は Canary Build など試していたのだが最近は Stable しか使っていなかったのでいろいろと知らなかった。

Android Studio 3.0 から Kotlin 正式サポートのようだが会社で開発しているプロジェクトはすべて Kotlin への移行は完了している。 保守作業中に移行をするのは難しいが、何かとリニューアル的なタイミングがあるのでそこを見計らってなるべく新しい技術に移行する。 昔からそんなことを繰り返している。

ただ、会社には私のように新技術をどんどん入れていこうという人もいれば使い古したものを好む人もいる。 そうすると移行を勧めても今使っているお客さんがいたり工数がかかるから、と話が合わなかったりする部分も多い。 Android はその点少人数の開発が主なので比較的私の裁量で好き勝手に差し替えられるのが魅力ではある。

起床してみると昨日より喉の痛みがひどくなったのでいつも行っている耳鼻科に行った。 最近は事前予約が出来て来院するとすぐ入れるので便利だ。 私はいつも風邪は喉からひくタイプなのだが、喉が痛い場合は耳鼻科の先生に喉の薬を直接塗ってもらうのが一番良く効く。 今日も塗ってもらったが、今すでにかなり楽になった。 診察料は結構かかるのだが、長々と喉の痛みに苦しんでモチベーションを下げているよりはお金を払って楽になったほうが遥かに良い。

朝から喉が痛いのでどうも風邪のようだ。 そこまではいいのだが、来週月曜に健康診断を控えている……。 毎年いつも健康診断前に風邪を引いてしまい、そのまま健康診断を受けると「要精密検査」などという結果が出てしまう。 全く風邪が腹立たしくて仕方がない。 気軽に日程変更もできない……。

明日も喉が痛いようなら、とりあえず耳鼻科に行って診てもらうことにする。

この秋の涼しさが丁度いい季節、特に 12 月下旬あたりまでが大好きで、特に暖かいものが美味しく感じるのが嬉しいところだ。 急須にほうじ茶を淹れ、少し時間を置いて浸透させてからゆっくり注いでいただく。 特にお茶っ葉に拘っているわけではないのだが、自室でゆっくりしながら飲むととても美味しいし落ち着く。 こういうのが小さな幸せなんだな、と改めて思う。

今日も雨だったが、明日から台風のようなのでスーパーに出向いて明日の分の食材まで買ってきた。 ビールは止めたのだが、今日は久々に飲むつもりでハートランドを買ってきた。 雨続きでバイクに乗れないのは辛いが、ゆっくり英語の勉強でもしながら過ごそうと思う。

何かあまり書くことがないが、それでも毎日書く。 それがこの日記のルールである。 毎日継続することに意味がある。

本日はまた例年 12 月並の寒さだったらしい。 昼休みに食べに出かけるときは確かに寒かった。 自宅ではソファーを捨てたタイミングでコタツを妻が出してくれたので、子どもたちも喜んでいるようだ。 私も子どもの頃は実家のコタツに深く入ったりして快適に過ごしていたものだった……。

明日は今日よりは暖かいようだが、それでも少し涼しいようなので明日のお昼はラーメンにしようと思った。 ラーメン屋もこれからが売り時だろう。

HUAWEI の最新フラッグシップモデルである Mate 10 と Mate 10 Pro が発表されたようだ。 今回は Mate 10 Pro の方も日本で販売するらしい。 期待を裏切らない感じで素晴らしい。 Pro の方は薄型化の為かヘッドフォン端子を廃止してきたようだ。 まぁ端末のほうがこうなってきたら私もまた Bluetooth イヤホンに戻すだけだが、やはり不満がある人はいるだろう。 USB-C への変換アダブタがシンプルなものになっているのならば有線もアリかもしれない。

私は今 Mate 9 を使用しているが、特に不満点はなく素晴らしいファブレットだと思っている。 だが、先日書いた通り 1 台で何でもやるというスタイルを辞めたいので、次も 6 インチ級のスマートフォンを買おうとは今のところ考えていない。 要件としては可能であれば防水、最低防滴の普通サイズのスクリーンのスマートフォンといったところか。 Mate 9 が時代遅れになってきてからで良い。

私としてはそれよりも MediaPad M3 の後継機が気になるのだが、情報は出てこなかった。 MediaPad M3 Lite 10 を使いながら続報を待つことにする。

私の住んでいる家のリビングに大きなソファーを置いているのだが、購入して 9 年以上経つが使ったのは最初だけでありほとんどの場合ただの物置になってしまっているので、今回思い切って捨てることにした。 私の住んでいる町では粗大ゴミは特に大きさなど関係なく定額のようだ。 大きいので家の外に出すのが大変ではあるが、ちょっと得した気分だ。

今の家に移り住む時に「やっぱり広いリビングにはソファーだよね」という固定観念から部屋に合いそうなものを置いたのだが、よくよく考えてみたら実家でもソファーは全く使っていなかったし、賃貸住まいの時も同様だった。 ではどこに座っているのかというところだが、子どもは絨毯の上に直接座っているし大人であってもそうしたりちょっとした座椅子を使ったりしている。 そちらの方が何故か楽なのである。 それに冬はコタツを出して使っているのでますますソファーは使わない。

今後ソファーを買うことは無いだろうな、というのが今回の感想となった。

今日は一日中雨で、かつ結構涼しく日中でも 12℃ 程度までしか上がらないということだった。 これは東京で言うところの例年 12 月の気温とのことだが、正直自分としてはそこまで寒いとは思わなかった。 バイク乗りとそうでない人とでは感覚が違うのかもしれないが、バイクに乗っているときの方が余程寒いのでこの程度で騒ぐほどのことはないと感じてしまう。

とにかく、今日はなかなか涼しくていい塩梅だ。 こういう日は日本酒が合うのかもしれないが、私は日本酒は一切飲まない上ビールも夏の終わりに辞めてしまって今は全く飲んでいない。 今後子どももどんどん大きくなっていきお金がかかるようになっていくし、税金も増える一方だ。 そこでどこかから削ろうかというところで真っ先に対象となるのは私の酒代ということだ。 健康にもいいし一石二鳥、要は習慣なので全く問題ではない。

これでやっていけなくなったら次は趣味から削っていくことになるが、バイクや車あたりだろうか。 趣味を減らすと人生体験が貧相になってしまうが、生きるためには仕方がない。 お金のかからない趣味をやるという選択肢もある。 その点英語の学習はなかなかいい趣味だ。 難点は未だにそこまで楽しいとは思えない点だが……。

今日は天気予報通り雨なので家でゆっくり英語の勉強をしたりしていた。 また、土日しかできない部屋の整理も行った。

楽天の買い回りセールが始まったので会社で使う USB 扇風機を購入。 自宅だと扇風機は夏場しか使わないが、会社の場合寒い人に合わせて室温が調節されているのもあって冬であっても扇風機が必要になっている。 リズム時計工業株式会社のシルキーウィンドという製品を愛用しているので今回もそれにした。 ちょうど今年に最新版のシルキーウィンド S が出たようなので丁度いい。 充電式のシルキーウィンド III というのも面白そうだが私の生活の中では USB 扇風機を持ち歩くというシーンが思いつかなかったので買わないだろう。

そういえば、電力不足の際は会社で USB 扇風機でさえも使用禁止にされた時があったが、今ではそんな事も懐かしい。 地震の日は電車も動かず東京の街を頑張って歩いたものだった……。

天気予報によると微妙な感じだったが、明日も雨のようなので仕方なく街乗りに出かけた。 しかし出発した後程なくして雨に降られてしまった。 一応簡易防水がついた装備をしていたのだが、ヘルメットが濡れて視界が悪いのはどうしようもないし、やはり少し肌寒い。 ちなみにペアスロープのサンステートライナー (単体で売っているフリースの方でなく革ジャンにオプションで装着する方) を仕込んでいたのだが、昨年の感想同様そこまでの効果は見込めなかった。 昨年 10 月 30 日に同じような装備で秩父に行った時に寒さで悶絶したので、あと 1 ヶ月くらいの街乗りくらいにしか使えない。 バイクで快適に乗れる季節は実はとても短いのだと再認識した。

そして、今年もバイク用の冬用ボトムの出番となった。 去年使用して大変満足した GSM13655 だが、今日使っていたがやはり素晴らしい。 程よく温かいし、何より簡易防水がついているので不意の雨にも安心なのがいい。 雨に強いのでバイクに乗っていないときでも雨の日に着ていくと安心感がある。 これがあまりに気に入ったので今年の夏にゴールドウインの夏用のパンツも購入したのだが、そちらは冬用よりも更にタイトになっており若干脱ぎにくい上に防水ではないので個人的にはこちらの冬用の製品のほうが勝ると思っている。 恐らく冬用の方は防寒のために中にインナーを仕込む分の余裕を持たせているのだろう。 今年の初めにうっかりマフラーに当ててしまい少し穴が空いてしまったので今年頑張って使って終わりというところだが、来年はこれの上位モデルであるウォームカーゴパンツを買ってみたいところだ。

ゴールドウインは好きなバイクアパレルメーカーなのだが、今年になってホームページがカタログ調のものからオンラインストアに変更されてしまった。 これが以前よりかなり見にくくなってしまったので少し残念だ。 公式で買うより楽天や Amazon で買ったほうが安いので公式がオンラインストア化してもメリットはない。

先日 Kindle で TOEIC TEST 英単語 出るとこだけ!という単語帳と同作者の文法書を購入した。 相変わらず通勤時間帯に Kindle でサッと取り出して覚えたり音声教材を使用するなりしている。

Kindle 購入前に実物を見なかったのだが、今日たまたま本屋に立ち寄ったので TOEIC の教材が置かれているコーナーに出向き実物を見てみた。 英単語帳の方の紙面の配色が私の好みではなく、多分実物を見ていたら買うのをためらっていたかもしれない……。 しかし Kindle だと色合いなど確認できないし、内容としては気に入っているので結果オーライといったところだろうか。

英文法書の方も見てみたが、何か値段に対して嫌に本が薄い気がした……。 紙面の雰囲気も単語帳と同じ感じでうーん、というところでこれも実物を見ていたら買わなかったかもしれない。

今は便利なことに Google ブック検索があるので家にいながらにして買う前に本の内容がどんな感じか大体確認できてしまう。 今回の購入でもこの Google ブック検索のプレビューであらかじめ紙面がどんな感じか確認してはいた。 だが、このブック検索のプレビューであったとしても、実際に実物を見た時の感覚とは異なる。

文法書もせっかく買ったのでちゃんと一通り流そうと思うが、やはり可能であれば実物をチェックしたほうがいいと思った。

前回の腱鞘炎から 10 日が経って、やっと打てるかなと思い少しずつ打つようにしていったらまた同じ症状が出始めた。 休んでいる間に実力が落ちてしまっていたので、結局それを取り戻しただけでまた休止することになる……。 特にタイプウェルを打つとなるのは、どうしてもミス上等の乱打気味の打ち方になってしまい指に負担がかかってしまうからのようだ。

最終目標を総合 XE と決めており、少なくともいける自信は十分にあったので非常に悔しいのだが、タイプウェルはしばらく止めることにする。 指が痛くなるとタイピングだけでなく全てのことにおいて気力が減退してしまうのが辛すぎる。

いくらタイピングしても指が痛くならない人がいるようだが、少し羨ましい。