28 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

ここは Web や Android アプリのプログラマでありチェスやバイク、株式投資を趣味とするコジオンこと Hideyuki Kojima の日記です。 毎日何かしら欠かさず書いています。

この Blog の他に Qiita にもいくつか技術系の記事を投稿しています。 YouTube のチェス実況チャンネル に毎日 lichessChess.com の 5 分レート戦の実況動画を投稿しています。

連絡はメールでお願いします。kojionilk あっとまーく gmail どっと com です。

最近のコメント

まだ花粉がひどい。 鼻と目への刺激を感じる。

今日は何だか知らないが暑かった。 桜ももう満開だし 3 月末なのにもうこんなに暑いと先が思いやられる。

相変わらず四十肩は痛いが、整骨院には行っていない。 行こうが行くまいが結局痛い。

今日は一人で日高屋に行ってとんこつラーメン餃子セットと瓶ビールをいただいた。 同じビールなのに、店で頼むとなぜこんなに美味しいのだろう、といつも思う。 まあいつもと違う場所で飲み食いするのと自分で用意していないというのが大きいのだろう。 こういうささやかな息抜きもたまには必要かもしれない。

BOLT の 2 度目の車検が完了したとの連絡を受けたので、受け取りに行ってきた。 やはり車やバイクは持っているだけでも車検や経年劣化する消耗品で結構金がかかる。 特にこの 1 年はコロナなどの影響でほとんど乗っていないが、車検は普通にかかった。

今日は市場の調子が良かったので 3 月権利の銘柄をひたすら利確していた。 調子が悪い時はインカムゲインを期待して、逆の時はキャピタルゲインで稼ぐ。 この作戦でまあまあうまくいっている。

3 月の権利確定日が迫ってきたので、セオリー通り上がってきたソフトバンクを売りまくる作業に出ている。 1,500 円以上行って安定するかと思ったがそこまではいかず 1,470 - 90 円あたりをうろうろしている。 まあこれでも十分利益が出ているので、徐々に利確して可能であれば単元株だけ残して権利確定日を越したいところではある。 ソフトバンク KK は上がる上がる言われているのにずっと 1,550 円近辺以上抜けないというなかなか株価が追いつかない銘柄ではある。 まあ菅首相の発言やなんやらあったので仕方がないが、それにしても 1,100 円台に落ちたときは厳しいと思った。 あの時しっかり買い足せていれば利益をもっと積み上げられたのだが、あそこで買うのは難しい。

相変わらず痛いことは痛いが、そこまででもないので整骨院には行かなかった。 時間と治療費がもったいないということだが、そう思ってしまう自分もなんだかなあ、という感じはする。 明らかに効果が見込めるのであれば継続して通うのだが、そこがよく分からないから難しいところだ。

最近はアマゾン・プライム・ビデオでまんが日本史を観ている。 日本史は昔学校で習ったが結構忘れていることもあるし、勉強になるかなと思って何となく観ている。 こういうのがいつでも観られるのはとてもいい。 自分が子どもの時は漫画の伝記とかよく読んでいたし、これも子どもの時に観たかった。

最近暖かい日が多かったので油断していたが、今日はそこそこ涼しかった。 とはいっても寒いというほどではなく、ちゃんと着ていれば過ごしやすい。 さすがにもう冬も終わりなので、これから過ごしやすい日が続きそうで何よりだ。 これで花粉さえなければという感じはするが、仕方がない。 今日も眠くなる薬を飲んでしのいでいる。

一日中雨のため、家でゆっくりチェスの練習をしていた。 というより、ここ最近毎週チェスの練習しかしていない気がする。 チェスはいくら勉強しても終わりが見えないし一生を賭けてやりごたえのある趣味だと思うけれども、時々本当にこれでいいのか、と思う時はある。

妻が仕事に行っている関係上私が留守番なので、家でゆっくりチェスの練習をしている。 というよりバイクも車検に出しているので、そうでなくてもそれぐらいしかやることがない。

Chess.com ブリッツ R1450

Chess.com のブリッツに関してはこの前 1400 に到達したばかりなのだが、そのままの勢いで上がり続けて 1450 も突破してしまった。 チェスを始めたときから目標にしていた Chess.com 1500 という地位がようやく手に届くところまでやってきた。 まだまだ長い戦いになるかもしれないが、もう一息と言えそうだ。

今日は出社勤務の予定だったが、上司からの指示で在宅勤務になってしまった。 微妙な時間に会議が入ってしまったので仕方がない。 少し歩きたいが、なかなか時間がとれない。

昼に少し中抜けしてバイクを車検に出してきた。 コロナや忙しかったのもあって全然距離を伸ばせていなかったのだが、車検の料金は普通に取られるのでキツイ。 バイク、車もそうだが、持っているだけでお金がかかりすぎる趣味ではある。

仕事が忙しくて大変だった。 いつも通り整骨院には行ったが、こちらも進展がない。

今日は歯医者の定期検診に行った。 いわゆる歯石除去と状態チェックだ。 会社の近くの歯医者に行っているのだが、緊急事態宣言中は行けていなかったので今日行ったというわけだ。 まあまだ緊急事態宣言中ではあるのだが、正直もう形骸化しており出社再開しているのでいいだろう。

昔はもっと日記に毎日しっかり書いていたと思うのだが、最近本当に書くことがない。 休日もずっと家にいてチェスの練習をしているだけだし、何もイベントがない。 結局これは昔からなのだが、自分がとても不器用な人間で、一つのことに熱中すると他が見えなくなるという傾向があるのは間違いない。 それは長所でもあり短所でもある。

今日は結構激しく雨が降っていた。 そうでなくても四十肩が痛いので、一人で家でチェスや家事をしていた。

四十肩が痛くて睡眠不足になってしまった。 昼休みに昼寝をして何とか乗り切ったが、キツイ。

本日は 3 月 11 日ということで東日本大震災から 10 年だった。 もう 10 年経ったのかとびっくりした。 地震の時は他の会社に出向していたので、割と鮮明に覚えている。 その時は相当な距離歩いて、電車が動き出したタイミングで帰った。

平日は本当に書くことがない。 久々にケンタッキーに行ったが、アプリのクーポンの画面が使いづらくなっていた。 デカデカと表示されて一覧できない。 マックに合わせたのだろうが、こういうところは合わせなくていいと思う。

今日も整骨院に行ったが、四十肩が全然治らない。 もうこれで 2 ヶ月通っていることになるか。 院長にどうすればいいのか尋ねたが、治療の頻度が少なくなっていることを指摘された。 確かにそれは仰る通りだが 1 時間以上かかる治療を毎日のように続けるのも難しい。 今のように週 2 で通うのもまあまあの負担だし、厳しい。

本日より緊急事態宣言解除を待たずして出社を開始した。 とはいえ、久々に電車に乗ってみると普通に混雑している。 コロナ前とほぼ変わらない水準で人が乗車している。 これでは緊急事態宣言など形骸化しているといえるだろう。 別に解除を待たなくても問題ないと思う。 それよりも、電車乗り換え時に階段をちょっと上り下りしただけで異常に疲れるのに愕然とさせられた。 ジョギングを続けていたとはいえ、テレワークのみになっていたせいで確実に体力が落ちている。

昨日ネズミ捕りに切符を切られた分を銀行に支払いに行く。 出費も痛いが、次回からゴールド免許剥奪されるのも痛い。

午前と午後の部で分けて開催された

本日は NCS 主催の初心者・初級者向け大会であるチェスチャレンジ 3 の日だったので参加してきた。 最初は午前だけの大会だったのだが 16 名の定員がすぐに埋まってしまうほどの大盛況だったため後から午後も行われることになったようだ。 私はせっかく行くのだから、と午前も午後も申し込んでしまった。 というわけで、本日 15+10 戦を 6 戦行ったのでその自戦記をまとめておくことにする。

改めて書くが NCS が開催しているチェスチャレンジのシリーズのターゲットは公式に以下のように記載の通りである:

本格的なチェス大会に不慣れな方のための、初心者、あるいは初級者(NCSレーティング1400未満)限定大会です。まだルールがよくわからない方こそ大歓迎です。

強欲に午前と午後両方参加しておいて何だが、明らかに初心者とはいえない私がいくら参加資格を満たすからといってガチで対局するのはやはり場にそぐわない気がしてきた。 アービターの方も会場内で勝ち負けなど気にしないでいいですからと繰り返し言っていた通りだ。 本来はチェスの OTB はこのような感じであって、勝敗は抜きにして対面で人と対局することが楽しく、意義があることなのだということを感じるための大会だと思う。 さすがに次回からは遠慮して、もう少し本格的な大会の方に少しずつ参加していこうと思う。

ちなみにバイクで帰宅中にネズミ捕りに遭い、違反切符を切られた (二輪車通行禁止違反: 6,000 円)。 自分の業の深さを感じた。

Part1 1R アレヒン・ディフェンス・スカンジナビアン・バリエーション

初戦は外国人の方で、会話が交わせないので指し慣れている方なのかよく分からなかった。 しかしゲームを開始してみるとチェスクロックも押し慣れない様子だったので、恐らくまだ経験が浅い方だったのだろう。 いつものアレヒン・ディフェンス・スカンジナビアン・バリエーション。 3. d3 と消極的に守ってきたのでクイーン交換・キャスリング放棄を強制する作戦に出た。 思惑通りに進み黒指しやすい展開に。 その後はクイーンがなくなったので地味な駒展開が続いたが 12... Nd4 と中央に繰り出したあたりが岐路となった。 13... Bxd4 で c3 のナイトをピンし、そのお陰で 14... Nxe4 とポーンアップ。 15. Be3!? は c3 のナイトのガードが外れるミス。 後は素直に駒得を重ね勝利した。

Part1 2R ルイ・ロペス・モーフィー・ディフェンス

2 戦目はそれなりに腕に覚えがありそうな女性の方だった。 実は今回の 6 戦中最も劣勢にされた試合で、最後の方に詰めが甘くて助かったが粘り強く指されていたら間違いなく負けていただろう。 序盤は素直なルイ・ロペス・モーフィー・ディフェンスだったが、明らかに事前に勉強されている感じで定跡通り、指し手も速かった。 実は 13... c6? が緩手で私も対局中にビショップの道を止めるポーンプッシュが疑問だったが、それに付け込めず。 逆に 16. c4!? などという致命的なミスをしてしまう。 指した後に気づいたが時既に遅し。 普通に 16... exd4 とされポーンダウン。 未だにこういう基本的なミスをしてしまうところに自分の詰めの甘さを感じる。 このポーンダウンによって相手のセンターが手厚くなってしまい、どんどん劣勢を拡大されてしまった。 しかし何とか粘り強く指していたところ 26... f6? で少し希望が見えた。 f ポーンプッシュというのは細心の注意を払わねばならず、今回のようにまだクイーンが残っている時はそのダイアゴナルからのチェックを交えて技をかけることができる。 27. a4 から乱戦に持ち込もうとするも 27... Bc6 と冷静に受けられる。 これはいよいよ苦しいかと思っていたが 30... c3 を見てこれだ!とチェックを入れる。 ルークでパスポーンをとめてあわよくば敵陣に侵入して逆転を狙う構えを見せた。 このあたりで相手の方も時間が残り少なくなっており 33... d3!? が致命的なミス。 そこからポロポロとポーンを掠め取り持ち返す。 その後はルークとクイーンを敵陣に入れて揺さぶりをかけたら、何と 1 手メイトを見逃すミス。 40. Qxg7# となった。

Part1 3R シシリアン・ディフェンス・アラピン・バリエーション

3R は若い学生らしき方。 シシリアン・ディフェンスで来たので十八番であるアラピン・バリエーションで迎え討った。 そうしたら 2... d5!この人、できる!と思った (d5 は知らないとなかなか指せない)。 12. Ne5 と急所にナイトを据えたあたりで試合中はまずまず指せる展開だと思ったのだが、解析にかけてみると誤差程度だが若干黒良しだった……。 18... g5!? のフォークは実は試合中に気づいておらず直後にしまったと思ったのだが、よくよく考えてみるとクイーンとビショップが近くにいるしキャスリング陣形をスカスカにできるのでピースダウンでも戦えるのでは?と思い直して 19. Nxg5! と応手。 20. Qxg5+ は指したくなる手だが実は確実にピースアップができる Bxg5 の方が良かったようだ。 29. Qxe6+ のあたりでメイトがあるんじゃないか?と思うも、既に時間が残り少なくなっており読めず。 最終的にはクイーン交換を強制し、確実な勝ちを目指した。 時間切迫してから棋譜をとるのをやめてしまったが、この後相手の方の粘りもすごくて大熱戦となった。 最後は私が何とか勝ちを決め、優勝することができた。

Part2 1R ルイ・ロペス・モダン・シュタイニッツ・ディフェンス

午後の部の初戦は指し慣れていなさそうな女性の方だった。 対局前に言葉を交わして不慣れであることが分かったのだが、そうといっても手を抜くわけにはいかなかった。 せめてもの、というのも競技者の姿勢としてどうかと思うのだが、今回はアレヒン・ディフェンスでなく 1... e5 でルイ・ロペスを迎え討つ形にした。 ただこの方は指し慣れていないといってもちゃんと時間を使って考えれば問題ないようで、実際最後の方になるまで形勢にほとんど差はつかなかった。 結局最後の方は私のほうが時間に余裕がある状態で相手の方の時間が切迫し、17. g3? とキャスリング陣形のポーンを自ら突いて 18. Nh4!? とされたのですかさず 18... Bxh4 としてキャスリング陣形を乱しにいったところで相手の方の時間が切れてしまった。

余談だが試合後に聞かれてもいないのに g3? と Nh4!? のプランのまずさについてつい口出ししてしまった。 後になって思い返すとこれ自体正直良くなかった。 お互い競技者の姿勢として検討しているのであれば良いのだが、そもそも今回の大会の趣旨は勝ち負けよりも大切なものを見つけることにあると思うので、わざわざ明らかな敗着を指摘することなど余計以外の何物でもない。 これに関しては本当に申し訳なかった。

Part2 2R シシリアン・ディフェンス・アラピン・バリエーション

外国人の若い方。 初戦でレーティング 1100 の方に勝っているのを事前に確認していたので、これは油断ならないぞ、と思って臨んだ。 またシシリアン・ディフェンスにされたので今回 2 回目のアラピン・バリエーションにしたらまた 2... d5! にされた。 やはりこの人はできる、と思った (余談だが試合後にサインする時に棋譜用紙に Alapin Variation と書いてあったのでやはりよくご存知だったようだ)。 しかし 4... Nxd7? としてきたので普通に 5. exd5 とポーンアップ。 その後このポーンは取り返されてしまったのだが、今思えば 6. c4 とか 6. Qb3 などと指してちゃんと得したポーンを守ればよかった。 意固地に守るのは筋が悪いと思って放棄してしまったのだが、そういうことを気にするほうが良くなかった。 その後は割と普通に進んだが 15... Qb6? あたりが岐路となった。 16. Rxe7 と踏み込めるかどうかを慎重に読んでから踏み込んだ。 バックランクメイトに注意を払いつつ 24. R7e2 とガッチリ守ったら 24... Qxe2!? の応手。 これは恐らく a6 のクイーンで取れることをうっかりされたのだろう。 駒を清算しツーポーンアップとなった。 この後 39. Rc1+ でちょっとしまったと思ったのだが、ルーク合いしてポーン損してもレースで勝てることを読んでその変化に持ち込んで、最後は相手のポーンをもぎ取って昇格を確実なものとして何とか勝った (時間切迫したので棋譜の記入はやめてしまった)。

Part2 3R ルイ・ロペス・モーフィー・ディフェンス

3R は外国人の小学生、恐らく低学年だろう。 小学生、それもこんなに小さい子どもと対局するのは初めてだったのだが、2 勝した私と当たるということはこの子も 2 勝しているということで、かなり強い。 全く油断できない。 ということで対局したら、その強さの意味が分かった。 ほとんど時間を使わない。 それなのに応手がかなり的確で強い。 この子は絶対に将来化ける。 そう思いつつ指していたら 14. Qa1 の局面となり f6 へのナイトのピンを間接的に活用して c3 - d4 (b4) で技をかけられそうだと読んだ。 そのプランを実行しに行ったら先にクイーンを避けて守られたためビショップを切り 17. b4 として a8 のルークを素抜くことを考えた。 そうしたらこれもノータイムで 17... Bb6 と守ってきて本当に強いと絶望した (相手は全然時間を使っていないのに、こちらの時間は残り少ない)。 しかし粘り強く技をかけにいったら、22... Rxa5!? でピースダウンのミス。 すかさず交換し優位を手にしたが、こちらの時間がもう残り少なく苦しい。 何とか勝ちきれるのではないかとまた粘り強く指していたら 33. Qd3+ に対して 33... Rc4!? のチェック放置。 即座にイリーガルムーブ!と抗議したが、実際は時計を止めてから指摘するのが筋だった。 止めずに指摘したのでそのまま時間が流れたが、何とか時間は切れず 2 分追加された。 タッチアンドムーブなのでルークを動かす手でチェックを止めなければならず、強制的に 33. Rf5!? と防ぐ羽目に。 本当はここで 34. g4!34. Nd4! の勝ちがあったのだが不慮の事故に私も焦って気づかず、そのまま 34. Qxc3!? などとしてしまう。 しかし、この後棋譜を取るのをやめてしまったが、何とかクイーンとルーク、ナイトを敵陣に送り込んで最後はメイトにすることができた (バラバラにしてクイーンで縛ってキングをサポートに向かわせてのメイト)。

妻の眼鏡が調子が悪いということで、付き添いで眼鏡市場に行き眼鏡の選択に関してアドバイスをした。 私の勧めで私と同じくカラーレンズを入れることになり、トゥルーバイオレット 15% にした。 私はトゥルーグレイ 25% だが、さすがに私のレンズを見て 25% は濃すぎるという判断だった。 バイオレットで 25% にしたら思いっきり紫感が出てしまうと思うので、まあ正解だろう……。 しかし眼鏡を作るのは良いのだが、それよりも気になったのが妻の近視や乱視が進んでいたことだ。 お互い元々目は悪いのだが、私より遥かに目が悪い。 そしてこの視力の悪化は間違いなく家にこもってスマホでゲームばかりしているからだと思われた。 これに関しては運動不足の解消も兼ねてウォーキングを積極的に行ったり、ラジオを活用してはどうかと提案したが、強制はできない。 本人の意識に任せるしかない。

その後別れて私だけ QB ハウスに行き散髪をして、帰りに日高屋でラーメンとビールをいただいてから帰った。 私も在宅ワークのみになってから明らかに酒量が増えた上に運動不足になっている。 まだジョギングは定期的に行っているとはいえ、出社していた時よりも実情は良くないと言わざるをえない。 これに関しては来週から緊急事態宣言解除を待たず出社を少しずつ混ぜることにより改善を見込んでいる。

今週の仕事もやっと終わった。 後は日曜のチェスチャレンジ 3 を楽しむのみだ。

四十肩がここ数日とても痛かったのだが、今日は比較的落ち着いており小康状態といえる。 とはいっても油断は禁物なので、いつも通り整骨院に行ってきた。 行く度に微妙にお金がかかるが仕方がない。 痛みに耐えて時間を無駄にするほうが勿体ない。

割と楽しみにしていた JT の株主優待の案内が届いた。 以前は年 2 回だった株主優待品が年 1 回になった代わりに豪華になっているらしい。 私は今回 1,000 株以上保有していたので 7,000 円相当の優待品をいただけることになった。 レトルトごはんとカップ麺詰め合わせの選択、及び冷凍うどんやジャム、レトルトカレーの中からの選択で合計 2 つもらえる。 ということでカップ麺とレトルトカレーを選んでみた。 カップ麺はいつものホームラン軒だが数が多いのでまあまあと言えそうだ。 実売はどう考えても 7,000 円もいかないが、まあそこは仕方ないだろう。 こういうのは優待品としてもらえるのが嬉しいところだ。

在宅勤務だし雨は降っているしで一歩も家から出ない。 どうにも運動不足でひどいので、来週緊急事態宣言が明けるはずなのでそこから少しずつ出社することにした。

Chess.com ブリッツ R1400

ちょうどチェスを始めてまるまる 3 年になるが、ようやく Chess.com のブリッツで R1400 を達成することができた。 最近 YouTube のチェス実況では Chess.com のブリッツを使っているのだが、それを毎日行っているのでそれが効いているのだろう。 私のように短い時間が苦手なプレイヤーであっても、毎日繰り返すと成長できるものなのだと感じた。 これならば R1500 もそのうちいけるのかもしれない。