タグ「ハンバーガー」の 記事 93 件中 1 ~ 93 件を表示しています。

本日はバイクでイオンレイクタウンに行って、買って 2 週間でソールが剥げた驚異的に持たない靴であるガエルネ ボヤージャー ゴアテックスを修理に出した。 もうソールは見るも無残に剥げ散らかしている状態で、これ以上履くとまずそうなのでずっと放置していた。 ようやく重い腰を上げて、靴修理専門店に持っていったというわけだ。 いくら掛かるのかと思っていたが 2,800 円程度で修理してもらえることになった。 靴の 1/9 程度の金額で修理してもらえるのであればありがたい。 しかし本日はシルバーウイーク期間中でとても混雑しておりかなり後の受け取り時間を告げられたため、後日また受け取りに来ることを伝えてその場を後にした。

そのままアウトレットに行ってバーガーキングのチーズアグリービーフバーガーを食べた。 いつものクーポンを使用したので内容に対してとても安い。 バーガーキングがお得すぎて他のハンバーガーショップに行く気が全くしなくなってしまった。 しかしこのチーズアグリービーフバーガー、見た目が悪いのでアグリーという名前がついているのだが、それ以前にバンズのチーズパンが何だかスーパーのパンコーナーで売っているような感じだ。 バンズの中にチーズが練り込まれて一緒に焼かれているが、スーパーのパンコーナー感が強くてハンバーガーというよりもスーパーのパンを食べているような気がしてしまう。 悪くはないのだが、私の求めているハンバーガーの姿とは違うのかなという印象を持った。

毎年この月見の時期になるとマクドナルドで月見バーガーが発売され、ケンタッキーでも月見チキンフィレサンドが発売される。 毎年お決まりなのだが、これらの販売開始されると毎回思うのがもう 1 年経ったのかということだ。 特に今年はすごく変な感じがする。 本当に前回の販売から 1 年も経ったのだろうか、という感じ。 少し前、とはいわないが半年くらい前にやったばかりではないのか、という感じがする。

マクドナルドの期間限定メニューの中でも月見バーガー (たまごダブルマック) は好きなので出たら毎回食べている。 例年通りだとこの後はグラタンコロッケバーガーが出るのだろうが、そちらは数年食べていない。

久々にウェンディーズに行ってアボカド BLT バーガー USA という期間限定メニューらしきものを食べた。 単品 720 円もするのでなかなか高いのだが、アボカドが丸ごと入っているわけではなくペースト状 (ワカモレ) になって入っている。 そのせいかアボカド感が若干薄く、普通の BLT バーガーという印象。 バーガーキングのクーポンを使用した時のワッパーセットの安さを知ってしまったので、かなり高いなと思ってしまった。 バーガーキングのワッパーチーズセットで 590 円。 しかもワッパーの方が一回り大きい。 アボカド BLT バーガー USA の方はセットにしたので 1,080 円になってしまった。 10% 割引クーポンを使用しないと 1,200 円もするのでもう普通にグルメバーガーを食べたほうが良さそうだ。

いつものポテトから変えてフレンチフライチリ&チーズにしてみたのだが、これも正直そこまで美味しくもなかった。 チェダーチーズとチリソースがかかっているのはいいのだが、その分ポテトがヘニャヘニャになっている。 もう次回からはいいかな、と思った。 チェダーチーズがかかっているポテトであればシェイクシャックのものが美味しかった。

BOLT が修理から戻ってきたし、全国で緊急事態宣言が解除されたということでそろそろいいだろうとツーリングに出かけた。 ビンゴにハンバーガーを食べに行く房総半島ツーリング。 以前はいつ行ったのだろうと思ったら 2 年前だった。 もうそんなに経つとは驚きだ。 11 時過ぎに着いたのだが、すでに長蛇の列ができていた。 30 分ほど並び、更に注文してから 15 分ほど待ったので、結局食べることができたのは 12 時過ぎになってしまった。 以前より値段が上がったなと思ったのだが、調べてみると 150 円ほどアップしている。 まあ以前が安すぎたと思うので仕方がない。 200 g の牛肉パティというのはすごい。

ビンゴ ハラペーニョバーガー

今回はハラペーニョバーガー、奮発してポテトとドリンクもつけてみた。 そうしたら 1,800 円ほどになってしまった。 ポテトはクアアイナに似た感じの細くて良く揚げてあるタイプのもの。 好きな味だ。 しかしドリンクの瓶コーラは 190 ml しか入っていないのに 270 円もした。 ちなみにビンゴの横に自販機が設置されており、そちらにもペプシコーラのペットボトルが売られている。

ハラペーニョが偏っていて最初は全然ハラペーニョに辿り着かなくて辛くなかったが、最後の方はまとめて食べることになってそれなりに辛かった。 次は頼まないと思う。 あとこれは年齢のせいだと思うのだが、以前より感動が少なくなっている。 いくら行列不可避の人気グルメバーガーといっても 45 分もかかるのならばバーガーキングに行ったほうが遥かにいいと思うようになってしまった。

絶好のツーリング日和なので秩父方面に行った。 滝沢ダムに行き眺める。 ここは東屋があったのを覚えていたので、そこでチェスセットを展開し何度かプレイした。 しかし調子が悪くて 3 敗した。 こういう日もあると諦める。 その後は何度か走ったことがある県道 367 号に行き久々に丸神の滝を見に行った。 この滝は見に行くまでの道のりがかなり険しい。 まだ体力的に何とかなっているが、50 代になると厳しいだろう。 滝自体は相変わらず見事なものだった。 コロナの影響か人が全くいないので一人でゆっくりできたのも良かった。

昼食は最近お気に入りのバーガーキングにした。 期間限定のデラックスハッシュブラウンワッパーをいただく。 要するにハッシュブラウン (ハッシュポテト) が挟まっているワッパーということで、マクドナルドでいうところのアイダホバーガーのような位置付けだろうか。 そこまでハッシュポテトの存在感は無く、それよりも 2 枚挟まっているチェダーチーズの存在感の方が大きかった。 そしてワッパーだけあってかなり食べごたえがある。 バーガーキング公式アプリを使うとかなり安く食べることができる。 あまりにお得すぎるので、もう他のグルメバーガーやハンバーガーチェーンに行く気をなくしてしまったほどだ。 グルメバーガーは確かに美味しいが、コストパフォーマンスが悪すぎるし現金しか使えないところが多いしでとにかく庶民に優しくない。

今日は新橋の方に用事があったのでバイクで行った。 駐車自体は新橋駅高架下のバイク駐車場に行った。 1 時間 100 円ということで他の地域よりも高いが場所柄仕方ない。 用事まで時間があるので少しぶらぶらと練り歩き近くにグルメバーガーのお店がないかなと探したら、グラマラスなフーターズガールがお出迎えすることで有名な HOOTERS があった。 別にそういう要素は求めていないのでどうなのかな、と思って他を探してみたら東急プラザの中にベアバーガーというお店があるようなのでそちらにした。

座席は少なめのようだが、カウンターがあるので一人で行けば座れないということはないだろう。 店頭にメニューの展示があったのだが、一般的なチーズバーガーとかそういう表示ではなくカウンティフェアとかシュプリームとかいう名前になっているので一体何が入っているのかよく分からない。 困ったのでスマートフォンでお店のホームページを見たら細かい内容が書いてあったのでそれで選んだ。 しかし実際にお店に入ったらレジで注文するのではなく一旦着席してメニューを見てから注文する形式だった。 そして座席のメニューにはちゃんと細かい内容が書いてあったのでわざわざスマートフォンで見る必要は無かった。 このお店は本当は私だけのオリジナルバーガーということでバンズから中の具材、ソースまで全て自分で選べるようだが、さすがに初めてだしよく分からないので今回は既製品を選びたい。 ともかく今回はアボカドチーズバーガーのようにみえるエルソールベルデバーガーにした。

ベアバーガー エルソールベルデバーガー

ちょっと小ぶりのバーガー。 味付けはマヨネーズのみのシンプルなものだった。 ブリオッシュバンズがとても柔らかくて香ばしく美味しい。 とても丁寧に素材を吟味して選ばれているハンバーガーという印象。 フレンチフライポテトもいい感じの固さの揚げ方でとてもいい。 バイクで来たのでビールは飲めないのだが、メニューをよく見てみるとクラフトビールとして常陸野ネストビールやインドの青鬼に、なんとスプリングバレーブルワリーの Afterdark や JAZZBERRY も置いてあって嬉しくなった。 会計時に何となくクレジットカードを出してしまったがよくよく見ると楽天ペイなどの各種 QR コード決済にも対応していた。 東急プラザとして全体的に統一されているだけかもしれないが、これは嬉しいポイントだ。 店内はとてもお洒落だし、銀座に用事があった時はまた来たいと思わせてくれるお店だった。

3 連休ずっと引きこもるのもどうかと思ったので今日はツーリングに行った。 山はまだ寒いので霞ヶ浦方面とした。 まずかすみがうら市水族館に行った。 ここはまだ行ったことが無いのかと思っていたのだが、中に入ってみると何故か既視感がある。 確かまだ子どもが赤ん坊の頃に妻と一緒に来たような気がした。 淡水魚やオオサンショウウオ、スッポンやトカゲなどの爬虫類を展示している小さな水族館だが、私が適当に気分転換するには十分な規模だった。

その後チケットがセットになっていたかすみがうら市歴史博物館に行ってみた。 親子連れが多い水族館と違ってお客さんがほとんどいなかった。 従ってゆっくり見ることができる環境だったのだが、そもそも霞ヶ浦の歴史にあまり興味が無かったし喉が乾いていたのに近くに自販機がなかったので割と駆け足で回ってしまった。 その後水族館周辺に戻って手頃なテーブルを見つけたので、チェス盤を取り出して疑似 OTB を始めた。 この試合は何とか勝つことができた。

その後昼食をとろうということで土浦のイオンに行った。 最初ケンタッキーに行こうと思っていたのだが、フードコートの中にあってお客さんがいっぱいいたのでスルーした。 逆にフードコート外のバーガーキングがガラガラだったのでそちらにした。 バーガーキングのクーポンが無いのかなと思ってネットで検索してみたら公式アプリがあるようなので早速ダウンロードして登録した。 そうするとワッパーセットでポテトとドリンク分 (300 円) が無料になるという相当お得なクーポンが目白押しになっていた。 これはこのクーポンを知らないとかなり損してしまうのではないか。 バーガーキングにほとんど行かない人でもスマートフォンアプリは忍ばせておきたいところだ。

その後土浦イオンの 3F で良さそうなテーブルを見つけたのでそこでまたチェス盤を取り出して疑似 OTB を実施した。 これも勝利した。

最後にワープステーション江戸というのを見つけたので立ち寄ってみた。 日光江戸村のように江戸時代風の建物がいくつも並んでいる撮影スタジオらしい。 今日はたまたま撮影があったらしく無料開放されている代わりにほとんどの場所に立ち入ることができなかった。 とはいっても撮影がない日でもそういうセットを単に見れるだけで、江戸村のように何か催し物があるわけでもないので若干地味な場所かもしれない。

今日からギガビッグマックが期間限定で販売される。 それと最近マクドナルドではモバイルオーダーというサービスを始めたようなので試しに使ってみた。 あらかじめスマートフォンのアプリでメニューを選択して注文をすることができ、店舗で並ばなくて良くなるというサービスだ。

Google Play でモバイルオーダーのアプリをダウンロードしてインストールしておき、メニューを選択して注文ボタンを押すと後は店舗に着いてからこのボタンを押してくださいという表示が出た。 それを押してみると店内なのか持ち帰りなのかというのが出たので店内を選択。 そうすると席に座ってくださいと出たので空いている席に座ってみた。 よくみるとすべてのテーブルにモバイルオーダー用のテーブル番号の表示がいつのまにか付いている。 このテーブル番号を打ち込んで注文するわけだ。 ただその後クレジットカードの入力を求められたのだが、オープンになっているマクドナルドの座席でクレジットカードを出して番号入力したりするのは少し心理的に抵抗がある。 できれば事前に入力できるようになっていてくれるほうが嬉しかった。 番号入力が終わったらその登録したクレジットカードを選択してあらためて注文。 少し注文までのステップ数が長いのが気になるが、無事に注文できた。 慣れてくると便利かもしれない。 ただ、並ばなくて良くなるというのは本当だが提供までの時間が短くなるわけではないのでアプリの操作が長いことを考えると並んでしまったほうが早いような気もする。 あとクレジットカード決済のみで楽天ポイントで支払ったり付与することができないようなので逆に損してしまうかもしれない。 先に席に座れるので混雑している時間帯はそれが大きなメリットになるかもしれないが。

マクドナルド ギガビッグマック

というわけで今年も無事にギガビッグマックにありつけた。 このサイズでようやくグルメバーガーと同じくらいの存在感になっている。 ちなみに横についているおもちゃはかわい目というものらしい。 どうもビッグマックを SNS 映えするように可愛くデコレーションできるアイテムのようだ。 よく分からないが、まあタダなので良いかなという感じだ。

くら寿司 テリヤキチーズフィッシュ

楽天ポイントがいい感じに貯まっているので、今日は楽天ペイで支払おうということでくら寿司にした。 そういえば以前からくら寿司のハンバーガーを食べてみたかったのだが今まで行けていなかった。 写真がそのくら寿司のハンバーガーでテリヤキチーズフィッシュという商品。 見た目も結構良いが実際食べてみてもなかなか美味しかった。 しかも価格が驚きの 280 円 (税抜) となっている。 マクドナルドのフィレオフィッシュはこれより小さいし具も少ないが 340 円することを考えるとかなりお得のように思える。 バンズもフワフワしたもので決して安っぽさは感じない。 くら寿司はノーマークだったが、これを 2 つばかり食べて帰るのもなかなか面白いかもしれないと思った。

昨年楽天ペイが使えるようになったウェンディーズを最近懇意にしている。 セットメニューはそれなりに高いのだが、レシートについている Web アンケートに答えるとフライドポテト S サイズが無料になるクーポンが貰えるので毎回それを使ってハンバーガー単品 + ポテト無料という形で節約している。

今日は期間限定メニューのコルピージャックベーコンダブルチーズバーガーというものを食べた。 ダブルチーズバーガーという名前だがダブルなのはチーズだけでパティが 1 枚なのが何だか名前負けしているような感じがした (マクドナルドや多くのグルメバーガーショップで食べるとパティ 2 枚だ)。 確かに豊かなチーズ感は感じるのだが、パティの量が負けていて満足度は高くなかった。 値段も高いので次回からは頼まないだろう。

本日は土曜の休日出勤の代休ということにした。 前回のツーリングでバイクが相当汚れてしまったので洗車を行った後、チェスを指すことを想定して東京芸術センター近くにバイクを停める練習をしに行った。 まずCCP 千住仲町第 4 バイク置場というところに行った。 東京芸術センターから割と近く、料金も 330 円ほど (以前は 300 円だったが消費増税で値上げされたらしい) でまずまずだと思う。 しかし行ってみたところ駐車スペースが 1 台ずつ鉄のポールで仕切られているのではみ出すわけにはいかず、普通のスクーターなら余裕だが BOLT のように大型のバイクはかなり厳しい。 しかも踊り場も狭いので駐車スペースにまっすぐ突っ込ませるのも難しい。 迷ったのだが擦りそうなのでそこは止めて他の場所に向かった。

最終的に選んだのが CCP北千住第3駐輪場だ。 こちらも 10 台のバイクスペースがあるがこちらの方が踊り場が広くて停めやすいし、料金も一緒だ。 ただ駅前なので東京芸術センターまでちょっと歩かなければならないのが難点ではある……。

東京芸術センターにも行ってみたのだが、一応利用者であれば自転車を自由に駐輪することができるようだ。 バイクはスクーターを停めているのは何台か見かけたが、単車を停めている人はいなかった。 しかもところどころに駐輪禁止の張り紙が貼ってあるのが気になる。 やはり安全にいくならバイク専用駐車場に停めるしかなさそうだ。

サニーダイナー アボカドチーズバーガー

用事を終えて昼飯時になったので念願のサニーダイナーに行った。 本店ではなくルミネ北千住店。 平日だが結構混んでいる。 さすがに食べログの評価が高いだけのことはある。 アボカドチーズバーガーを注文したが、味付けは塩コショウのシンプルなものだった。 バンズは柔らかめでとても美味しい。 ちょっとしょっぱ目なのはアンチェインダイナーに似ている気がする。 ただ、確かに美味しかったのだが、100 名店と言われるほどの何かものすごく光るものは感じなかった。 近くに来たらまた行くかもしれないが、このお店だけを目当てには来ない感じだ。 ただ、この手のお店にしては珍しく (ルミネに入っているからか) Suica が使えたのは好印象だった。

ヴィレッジヴァンガードダイナー アボカドダブルチーズバーガー

久々に妻と 2 人でレイクタウンに行ったのでグルメバーガーを堪能した。 いつものヴィレッジヴァンガードダイナーでアボカドチーズバーガーをパティ倍にした。 なぜかキャンペーンでパティ増量が 300 円から 200 円になっていた。 100 g のパティが 200 円というのは結構安い。 味はいつもの安定の美味さで全く不安なし。 ただ、個人的にはこの手割りポテトより普通のシューストリングポテト (細長いポテト) の方が好きだ。

それにしても毎回思うが、ヴィレッジヴァンガードダイナーの隣りにある一蘭にはものすごい行列ができている。 今日もすごい行列で、あれだと 1 時間は待つのではないかと思う。 私自身は全く理解できないのでこういうことを書くのだが、他の飲食店ならそれほど並ばずに入れるのにその並んでいる時間が勿体ない気がする。 そこでしか食べられないのなら少しは分かるが、一蘭は関東にも十数店舗ある。

最近グルメバーガーの食べ歩きはほとんど行っていない。 行くのが面倒だし、客の外国人率が高いのに何故か現金のみの店が多いなどイマイチ理解できないところがあるからだ。 現金なら店側の手数料がかからないのはわかるが、それにしても現金だけというのは今の時代不親切だと思う。

ちょっとリッチなハンバーガーが食べたくなったら代わりにウェンディーズに行くことにしている。 感覚的にはマクドナルドとグルメバーガーの中間的な位置づけだ。 マクドナルドと比べると高めだが、楽天ペイが使えるようになったのが大きい。 これが現金だけだったら行く回数がかなり減っていたと思う。

ベーコネーターやワイルドロックなどの肉だらけのバーガーを食べたこともあったのだが、やはり野菜が入っていないとバランスが悪いような感じがする。 なので私は基本のウェンディーズバーガー USA しか頼まない。 期間限定メニューでアボカドなど絡めたものがあったらそちらを頼むかもしれない。

JT 株を買ったので興味が湧いた

別に私はたばこを吸うわけではないのだが、株をやっていて JT 株を購入したので同社が運営しているたばこと塩の博物館に少し興味が湧いた。 たばこと塩の博物館は押上のスカイツリーの近くにある。 スカイツリーは以前行ったし人も多いだろうから華麗にスルーした。 たばこと塩の博物館にはバイクの駐輪スペースが無いので、仕方なく駐輪場検索したら結構離れたところに表示された。 路駐しているバイクも少しだけあったが、以前そのノリで路駐して駐禁切られたトラウマがあるので安全に有料駐輪場の方に停めて歩いた。

たばこと塩の博物館

入館料は大人 100 円となっている。 かなり安いし、リニューアルされてからまだそんなに年数が経っていない館内はとても綺麗だ。 1 時間くらい普通に楽しめた。 たばこと塩の博物館の名前通り、2 階には塩の展示、3 階にはたばこの展示があった。 祝日だったが人はそれほど多くなくゆっくり観ることができた。 帰りにミュージアムショップでモンゴル岩塩を購入した。 最近天ぷらを練習しているので、それにつけて食べようと思う。

アンチェインファームの思い出

ちょうど博物館の近くにアンチェインダイナーというグルメバーガーショップがあったので行ってみた。 以前草加にあったアンチェインファームのオーナーの店と思われる。 メニューや雰囲気が全く同じだ。 常連らしき方が居座っていてマスターがタメ口で話しているのも同じだ……。 ともかく、今回はアボカドデラックスバーガーをチョイス。

アンチェインダイナー アボカドデラックスバーガー

心なしかアンチェインファームの時よりバンズが分厚くボリューミーになっている気がする。 縦に分厚いバーガーになっていて潰しても厚みがなくならずなかなか食べにくい。 味のテイストはアンチェインファームの時と同じ。 懐かしさも相まってものすごく美味しい。 塩と胡椒の味付け、人によってはしょっぱいと思うかもしれないが私はこのくらいの方が好きだ。 都内なのとバイクで来るのも微妙に距離があるので悩ましいが、また来たい店だ。

ギガビッグマックとベーコンポテトパイセン

期間限定メニューのギガビッグマックとベーコンポテトパイセンを食べた。 3 年前に食べた時も思ったのだが、ギガビッグマックがとても大きいとはいえグルメバーガーを日常的に食べていると特にそこまで大きくは感じない。 グランドビッグマックをレギュラーメニュー化してほしいくらいだ。

ベーコンポテトパイセンに関しては前回のヘーホンホヘホハイと同様に言葉遊びが入っており好印象だ。 味はいつものベーコンポテトパイだ。

「パンでなく肉で具材をはさんだハンバーガー」というのはシェイクツリーが始めたのだろうか。 ともかく、ウェンディーズのワイルド☆ロックのクーポンがあったので食べてみた。 美味しいことは美味しいのだが、やはり自分が食べたいのはパンで肉を挟んだ商品だったのだと思い知らされた。

そういえば昔たまにウェンディーズに行っていたが 2016 年にファーストキッチンを買収してからのダブルブランドのウェンディーズ・ファーストキッチンには行ったことがなかったのが気になったので今日行ってみた。 Google Play にウェンディーズ・ファーストキッチンのスマホアプリがあり、それに掲載されている 10% 割引きクーポンを使うとお得に食べることができる。 とはいえ、今日はウェンディーズバーガーセットのクーポンがあったのでそちらを使用し、パティをトッピングにしてダブルにした。

ウェンディーズのハンバーガーはやはりマックやモスのペラペラのパティとは違って美味しいと思う。 それによく見るとカールスバーグ (ビール) が注文できるので、夜に来て居座っても楽しそうだ。 これから通ってみようかなと思った。

TGI FRIDAYS ビッグメックスバーガー

TGI FRIDAYS はこの Blog によると 8 ヶ月ぶりの来訪だ。 前回は一番安いハンバーガーだが今回は最も高いものにした。

ジューシーなパテの上にチェダーチーズを溶かし、グリルしたハラペーニョ、ブラックビーンズ、ピコデガヨ、シャキシャキのレタスをトッピングし、スパイシーなチポトレマヨネーズと共にバンズで挟みました。1,990(税抜)

とのこと。 1,990 円 (税抜) ということで、余裕で 2,000 円超えのハンバーガーである。 ハラペーニョがそのまま乗っているということでかなり辛い。 辛いものが好きでないと辛いだろう。 また、ピコデガヨ (写真のトウモロコシなど混じった調味料) がボロボロこぼれて若干食べにくい。 パティが 200g らしく食べごたえはある。 だがやはり 2,000 円超えはちょっと高い……。

ちなみに今日は Origami Pay の 20% 引きクーポンを使ったのだが、この TGI FRIDAYS は 17 時以降の注文になると更にサービスチャージ 10% が徴収されるので 20% 引きでも高かった。 クーポンが無かったら行かないと思う。 高すぎる。 ネット上の情報をあらかじめ見てから行ったが、よく書かれている接客態度が悪いなどの問題は感じられなかった。 値段が高い以外の文句はない。

今日もハンバーガーを食べにバイクで出かけた。 何となく「茨城 ハンバーガー」で検索してヒットした MidCreek Cafe にした。 このカフェは「ミッドクリークフィッシングエリア」という釣り堀の敷地内にある店で、釣り堀を使用した人であれば 100 円引きで利用することができる。 11 時開店ということで開店と同時に入った。 流石に一番乗りだったのだが、注文して待っているとどんどんお客さんが入っていてすぐに満席になってしまった。 釣り堀からお客さんが流れてくるので 11 時でも客に困らない店だったわけだ。 郊外店なので 11 時に入れば空いてる店内でゆっくり食べることができると踏んでいたが誤算だった。

MidCreek Cafe スペシャルバーガー

写真のスペシャルバーガーを注文した。 公式サイトに以下のように記載がある:

通常のハンバーガーにチーズ・目玉焼き・手作りベーコンがプラスされた、ちょっと贅沢なバーガーです。 味もボリュームもスペシャルになっています。

ちなみに写真には映っていないが、ハンバーガーが届く前にゆで卵のサービスがあった。 そして写真では見切れているがスープも付いている。 写真だと分からないかもしれないが、ハンバーガーもグルメバーガーの中ではかなり大きい方だ。 これが 1,150 円、普通のハンバーガーでも 950 円というのはとてもお得感がある。 味も癖のない感じで普通に美味しかった。 何かのハンバーガーに似ていると思ったのだが、最近ハンバーガー食べ歩きをサボっていたせいか思い出せない……。

筑波山の近くにあるので筑波山ツーリングの帰りにハンバーガーを食べるなどちょうどいいかもしれない。

グルメバーガーショップの閉店は多い

もう冬ということで山の方にツーリングには行かずに近くにグルメバーガーを食べに行くことにした。 つくば方面で探していたら「パークサイド・バーガー・ラク」という店がロードサイドにあってとても良さそうなので情報を見ていたら何と 11/15 に閉店したとのことだった……。 グルメバーガーショップは閉店する店が多いので事前チェックが欠かせないのだが、写真でみるととても美味しそうなので残念だった。 代わりに「オーマイゴッドバーガー」の方にしようかと思ったのだが、こちらは駅前でバイクが停められるか微妙だし写真を見る限りあまりグッと来るものがない……。 ということで埼玉方面に変更して探したら、入間に Miles Away という「ハンバーガー食堂」があるらしいのでそちらを目指すことにした。 入間の方だとどうしても国道 463 号絡みの道になってしまうので道路がとても混んでいて辛い。

そんなこんなで何とかたどり着いた。 ロードサイドにあるのは分かっていたので、難なくバイクを停めることができた。 駐車場もあるが 1 台のみのようだったので、車で行かれる方は注意が必要だ。 小さめの店内でアットホームな感じの雰囲気だった。 事前に決めていたヤミーバーガーを注文。 税込 1,620 円。 結構するのだが、実は写真の奥に映っているのは前菜のサラダで、しかもこれを食べ終えた後にデザートも来た。 こういうサービスはとても嬉しい。

ヤミーバーガー

Miles Away ヤミーバーガー

Comolib に以下のように書いてあった:

人気メニュー「ヤミーバーガー」は、チーズ・トマト・レタス・パイナップルに肉厚パティ・そして自家製ベーコンが挟んであります。

要するによくある「全部入りの看板メニュー」だ。 美味しいことは美味しいのだが、何か特徴に欠けるような気がしないでもなかった。 具体的に何がと聞かれると説明が難しいが、端的に言うとまた食べたいと思わせる力がない。 期待が強すぎたのだろうか。 BBQ やケチャップなどのソースの味が強いハンバーガーはあまり好きではないので、それが原因かもしれない。 次行く機会があったら、普通のアボカドバーガーとかにしたいところだ。

しかし検索すると「マイルスアウェイ」と書いてあるサイトが多いが Miles は「マイルス」ではなく「マイルズ」ではないのか。 ということで、私は表記揺れを嫌って英字表記 Miles Away と書いておく。 グルメバーガーショップに行くと相変わらず「アボガドバーガー」と頼んでいる人ばかりだし、本当に自分の性格の悪さが気になるところだ。

頭痛がひどいので有給休暇取得

昨日の仕事中から頭痛がして、ロキソニンを飲んでも対して効果がないということで困り果てていたのだが、今日も朝起きたら頭痛が治まっていなかった。 仕方がなく本日は有給休暇を申請したのだが、午前中休んでいたら割と治まってきたので夕食の材料を買いにレイクタウンに出かけた。 バイクの靴のソール修理を頼み、待ち時間で買い物と昼食を済ませることにした。 何気なくダイソーに行ったら「靴下用カイロ」を見つけたので「これだ!」と思い 1 袋購入した。 100 円で 3 回使用することができるようだ。 ネットで見てみても靴下用のカイロは結構高いので、これで間に合ってしまうならば毎回これを買えばいいだろう。 極寒の時でないと効果が分からないかもしれないが、次のツーリングで試してみようと思う。

久々のヴィレッジヴァンガードダイナー

レイクタウンのグルメバーガーといえばクアアイナもあるが何と言ってもヴィレッジヴァンガードダイナーだろう。 休日に行くとモール内の飲食店はどこも混んでいて辟易するが、平日に行けば全く待たずに入れる。 久々に行ってみたらメニューが変わっていた。

ヴィレッジヴァンガードダイナー メニュー

メニューをよく見るとパティが 100 g と 180 g から選択できるようになっている。 ただよく見ると以前よりちょっと値上げしてしまったようだ。 100 g のメニューでも単品 1,500 円近辺行ってしまう。 普段グルメバーガーを食べていない方はこのメニューを見て「高いな」と思ってしまうことだろう。

今日は肉の日ということでダブルチーズバーガーが 300 円引きだった! これはもうこれを頼むしかないだろう、ということで席についたら即注文した。 +200 円でポテトとドリンクが付いてくるので、これも注文。

1,480 円は破格

ヴィレッジヴァンガードダイナー ダブルチーズバーガー

グルメバーガーはパティを増量するといきなり値段が上がる場合が多いので、ダブルチーズバーガーが 1,480 円 (税抜) というのは非常にお買い得だと思う。 味付けは淡白なものであくまでハンバーガーの素材を味わって欲しいような作りに見受けられた。 割と特徴なく万人向けに作られているような感じは受けるが、オニオンの味がパティとよく調和して美味しい。 レタスも大量に入っていて食べごたえがある。 パティが 2 枚ということは 200 g だろうか。 私はグルメバーガー大好きなのでこれでもペロリと食べてしまった。 もっと食べたいくらいだし本当はビールと一緒に味わえれば至福なのだが、体調が悪い中有休を取って来ている身分だしそんなに贅沢は言えない。

ポテトはいわゆるシューストリングポテトではなくゴロゴロとした芋感が漂うポテトだった。 味がついておらず自分で塩を振ったりマスタードを付けたりするスタイルのようだが、個人的には普通のシューストリングポテトの方が好きだった。

細かい部分だが、レイクタウン内の店なのでクレジットカードや各種電子マネーが使えるのも一つの魅力だ。

nanvan 焼津の朝のバイキングは素晴らしい

nanvan 焼津で起床して朝のバイキングに行った。 バイキング開始の 6 時半に行ったのだが月曜日にも関わらず既に人がいっぱいだった。 ここのバイキングのウリは「マグロの漬け」で、私もそれを目当てにいっぱいよそって白米と一緒に食べた。 ただ、いくら美味しいからと言ってずっと食べ続けるのは厳しい。 最後の方は気分転換にクロワッサンなどを食べて終わりにした。

これで 2 回目だが、大浴場が無いことを除けばとてもいいホテルだ。 とはいえ、何度も同じホテルに泊まると新鮮味が薄れて楽しくないので、次回は他のホテルにしようと思った。

静岡県道 201 号と竜爪山穂積神社

竜爪山穂積神社

静岡県道 201 号に行った。 道が短いので楽勝だと思っていたのだが、林道区間が長い上に路面状況があまり良くなく結構疲れた。 写真の竜爪山穂積神社に着いたのだが、こんな悪路の先にあるのに結構立派な社で、自動販売機も併設されていたのには驚いた。 こんなところまで補充しに来るのは大変だと思うが……。

人は少なかったが、ハイキングと思わしき人はちらほら見かけた。 この穂積神社以降も道が続いているのでどこかに出られるのか、と思って進んでみたが、林業の作業者が工事を行っていたのが見えただけで通行できなかった……。

静岡県道 196 号

もう一つぐらい行き止まり県道に行ってみようと思って静岡県道 196 号の方に行ったのだが、この県道は最後の方に行くまで路面状況は良かった。 ただ、最後の方の茶畑が見えたあたりから舗装されていない道になっていたので、少々気力が足りずそのまま引き返してしまった。 この道路に関してはそんなに特筆すべき点は無かった。

シーサイドバーガーキッチン

シーサイドバーガーキッチン アボカドバーガー

帰りに駿河湾沼津 SA に寄って昼食をとろうと思ったら、屋外にハンバーガーショップがあるのに気づいたのでそれにした。 シーサイドバーガーキッチンという店名で、買ってそのまま近くのベンチで食べることができる。 ソフトクリームなども売っており、見ているとそちらを注文しているお客さんのほうが多かった。 普通の人は食事は SA 内のフードコートで食べているようだった。

チーズバーガー、アボカドバーガー、しいたけバーガーなどがある。 あとダブルパティ、トリプルパティのような構成もあったがこの店はパティを増量させると値段が一気に上る感じだった。 それに比べてチーズやアボカドを増やしただけだとそんなに価格が変わらない。 ということでアボカドバーガーにした。 ポテトとドリンクセットにしたのだが、単品のバーガー 2 つでも良かったかもしれない。 どうせベンチで食べるので飲み物は近くの自動販売機で買えばいいからだ。

味的にはフレッシュネスバーガーよりは多少いいかな、といった程度のように感じた。 マスタードソースが何かオールドスタイルのような感じがする。 とはいえ、今の時期は暑くも寒くもないので屋外で食べるにはちょうど良かった。

値段と内容が全く変わっていないことに驚いた

台風 25 号のようだがあまり影響はなさそうなので千葉方面にツーリングに出かけた。 今回は 2 年以上前に行ったビンゴバーガーに再訪することにした。 このビンゴバーガーは房総半島ツーリングではとても有名な存在で、なんとあの「ばくおん!!」にも登場する。

ビンゴ アボカドバーガー

値段を見てみたが普通のビンゴバーガーが 850 円で写真のアボカドバーガーやベーコンバーガーは 950 円、ダブルパティのスーパービンゴバーガーが 1,300 円となっている。 何とこれは 2 年前の値段と同じだ! ここ 2, 3 年の食料価格高騰でグルメバーガー界隈は軒並み値上げを余儀なくされたので以前の感覚で行けない店が増えてしまったのだが、このビンゴバーガーは安心だ。 というより、元々の値段が安すぎると思うのだが、これでやっていけるのだろうか……。

相変わらず値段に対してとても大きいバーガー (グルメバーガーの中でも大きい方) でとても食べごたえがある。 房総半島の南西の方にあるので来るのは大変だが、その価値はある。 11 時過ぎでも結構並んでいるので早めに来たほうがいい気がする。

田代滝

最初は地図から適当に勝浦ダムを目的地にして走っていたのだが、行ってみたら林道もダム自体も立ち入り禁止で仕方なく目的地を変更した。 この田代滝も地図上で適当に探した。

田代滝

水量が多い滝だが滝壺まで行くことができず結構遠くから見なければならない。 川に入れる装備があれば近くまで行けるだろう。 ここに行くまでの道のりが恐らく 500 m 強あると思うが、すべてダートになっているので BOLT でもいけなくはないと思ったのだが切り返すスペースがないと詰むので念の為入り口にバイクを停めて頑張って歩いた。 後から来たオフ車の集団は滝の近くまでバイクでアプローチしていた。

最後に九十九里浜で黄昏れる

滝を見終わったら九十九里浜まで走っていき、砂浜で海を見ながらしばらく黄昏れていた。 波の音を聞きながら休んでいるととても落ち着く。

帰りに初めて九十九里有料道路に入ってみた。 海の見える道をノンストップで走れるのは良いが、有料の割にそこまで良い景観というわけでもないと思った。 バイクなら 220 円なのでまだ良いが、普通車だと 400 円以上するので微妙だろう。 あとバイクだとやはり ETC 非対応なのがキツく、小銭を出すのにとても難儀した。

北関東以外は雨の予報

深山園地駐車場

今日はあまり天気が良くないことは調べて知っていたのだが、北関東であればギリギリいけそうな感じなので那須にツーリングに出かけた。 まず向かったのは前々から気になっていた栃木県道 266 号中塩原板室那須線。 この県道は Google Map 上だと塩原から山道を通じて那須に抜けられるように見えるが、実際は塩原側、那須側いずれからアプローチしても途中の駐車場らしき場所からは進入禁止となっている。 元々は「塩那スカイライン」の名前で観光道路として整備される予定だったらしいが、廃道となっている……。

さて、今回は那須側から行ったのだが、ちょうど写真の「深山園地駐車場」まで行くことができた。 今日は天気が悪いせいか霧でとても視界が悪かった。 そのせいか道中車やバイク 1 台にもすれ違わなかった。 がらんとした駐車場でゆっくりできるのでちょっとした穴場かもしれない。 とはいえ私も次回は来ないとは思うが。

そのまま近くの「深山ダム」を観た後、昼の時間になったので久々に Licca NASU HUTTE に向かった。

那須のグルメバーガーショップ

LICCA NASU HUTTE チーズバーガー

那須のグルメバーガーショップは他に Hamburger Cafe UNICO があって前回はそこに行ったが、個人的にはこちらのほうが好きだ。 パティがとても大きくてゴツゴツしているタイプで食べごたえがある。 ふんだんに入っている野菜 (レタス、玉ねぎ、トマト) がとても美味しい。 2 枚のチーズもしっかりしていてチーズバーガー感が出ている。

以前は「那須黒毛和牛 A5 ランク」などという記載があったような気がしたが、今日見てみたら「とちぎ和牛」という曖昧な記載になっていた。 恐らく食料価格高騰で従来の価格ではやっていけなくなったので、ハンバーガー自体の価格を上げるのではなく肉のランクを落として継続することにしたのだろう。 元々のハンバーガーの価格がとても高かったので、あれ以上上げられてしまうと正直キツイのでこれは嬉しい采配だと思った。 個人的にはグルメバーガーの美味しさは全体のバランスなので、肉のランクにはほとんど左右されないと思う。 オージービーフでもいいのではないかと思うくらいだ。

CHATTY CHATTY HOTTEST CHILI CON CORNE BURGER

かなり久しぶりに食べる CHATTY CHATTY のマンスリーハンバーガーだ。 ハラペーニョの味がする。 味付けがさすがといった感じで安心して食べられる感じだ。 とはいえ、今日は 17 時 30 頃に行ったのに混んでいてギュウギュウのカウンター席に案内されゆっくり食べることができなかった。 私が行き始めた時はとても空いていたのだが、やはりテレビや口コミで人気店になったのだろう。 近い内に姉妹店の営業も始めるそうだ。

私は混んでいる中で食べるのが好きではないので今後は足が遠のくかもしれないが、他人に一番にオススメするハンバーガーショップであることは間違いない。

FRIDAYS チーズバーガー

今日は外で食べる機会に恵まれたのでグルメバーガーを食べに行ってきた。 元々は寿司を食べに行こうとしていたのだが、たまたま楽天カードのキャンペーンで「ワタミグループ 10 倍ポイント」というのを見たのでそれを利用しようと思ったわけだ。 この TGI FRIDAYS という店がワタミグループらしいが、元々はアメリカ発祥のファミリーレストランのようだ。 日本ではワタミグループが販売権を握っているということなのだろう。 TGI FRIDAYS の TGI というのが何の略なのかと思ったが Wikipedia に Thank God It's Friday の略らしいことが書いてあった。 今日は東京ドーム近くのお店に行ってみたが、上野や池袋、品川などにもあるようだ。

この店は席数がかなり多く、そのお陰か金曜日でも席に余裕がある。 適当にハンバーガーを食べてタブレットをいじりながら時間を潰すには最適の店かもしれない。 何しろ都内のグルメバーガーショップはどこも席数が少なく長居するには気後れするようなところが多いからだ。 ただ、店のメニューがかなり高めの値段が書かれていたので税込みかと思っていたら税抜きだった。 写真のチーズバーガーが一番安いハンバーガーなのだがそれでも税抜 1,490 円もした (写真左のビールは税込 1,000 円超)。 いくら場所がいいと言ってもちょっと辛いな、というのが正直なところだった。

ハンバーガーの味自体はバンズがパサパサしたタイプでクアアイナに似たテイストだった。 パティがとても大きく食べごたえはある。 しかしすぐ近くに SHAKE SHACK もありそちらも全く混んでいなかったので、この値段差だとそちらに行ってしまうかもしれない。

レギュラーメニュー決定

以前からマクドナルドのニュースリリースに以下のように次のレギュラーメニューを選出する旨が書かれていた:

日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼 CEO:サラ・エル・カサノバ)は、2018年5月9日(水)から、お客様からの人気投票により、次のレギュラーメニューとなるバーガーを決定するキャンペーン「食べて投票!あなたが選ぶレギュラー争奪オーディション」を開始いたします。これに伴い、オーディションにエントリーする3商品「たまごダブルマック」「てりやきチキンフィレオ」「マックリブ」を同日から期間限定で販売いたします。

私はたまごダブルマックが大好きなので期間中こればかり食べていた。 一方、マクドナルドのてりやきソースがかなり甘めなので大人が食べるには辛いかな、と思っていたてりやきチキンフィレオには全く意識がいっていなかった。 それに鶏肉のハンバーガーを食べるならケンタッキーに行くようにしているので、チキンフィレオ自体もほとんど食べたことがなかった。

そして、今日マクドナルドに行こうと思って何となくクーポンアプリを開いたら一番自分がナシだと思っていたてりやきチキンフィレオが優勝したと記載があった。 当 Blog ではハンバーガーやビールの記事を何度か書いているが、私個人の「美味い」「不味い」など「民衆の多数意見」からすると全くかけ離れていることを再認識させられた。 自分にとって美味いものを追い求めるのであれば、食べログの評価は参考程度にとどめ自分の足で探し回らなければならない。 そしてこの Blog には特にハンバーガーやビールの感想に関しては私の主観が大いに含まれている。 ピュアな視点で見ようと思ってもとても難しい。 私がウイスキーなど全く飲めないのと同様に IPA やペールエール、スタウトなどのクラフトビールを全く好まない人も大勢いる。

たまごダブルマック

食べ納めということで今日もたまごダブルマックを食べてきた。 マクドナルドのペッパーソースの味が目玉焼きにとても良く合う味で好きだ。 そしてパティが 2 枚ということで食べごたえがある。 ただ、冷静に考えればたまごダブルマックがレギュラーメニューになってしまっては月見バーガーの登場時の嬉しさが半減してしまう気もしたのでレギュラーメニュー落選という結果でかえって良かったかもしれない。

朝風呂と朝食バイキング

いつも通り 6 時前に起床。 せっかくの大浴場なので朝風呂に入りに行った。 昨日よりはお客さんが多かった。 やはり考えることは同じというところだろうか。 夜と違ってサウナには入れなかったが、それでも満足した。

朝食バイキングの会場のレストランが結構綺麗な感じだった。 辛子明太子とシラスが置いてあったのでそれを山盛りにして食べた。 コーンスープが置いてあったので、サラダのコーナーにあったコーンを入れて「粒入りコーンスープ」を作って楽しんだ。

今日はどうしようかと考えたが、昨日の浄土平がひどすぎたのが気になっていたのでリベンジしようと考えた。 なるべく早く行動しようと、朝食を食べ終えたらすぐにチェックアウトして出発した。

今日は晴れていた

浄土平

昨日と違って今日はとても天気が良かった。 とはいえ相変わらず寒く、グリップヒーターを一番強くして何とか耐えられる感じだった。 浄土平に着いたので受付に駐輪料金 200 円を払う。 朝早かったせいか他の旅行者はいなかった。

早速「吾妻小富士」に登り始めた。 数年前来た時もここに登った気がする。 頂上まで着いたのだが、風が強くてとても寒く頂上を一回りするのは難しそうだったのでそのまま下山した。 代わりに前回行かなかった湿原の周遊に行くことにした。 最短コースで 20 分でいけるようなので回ってみたが、やはり誰もいないので快適に散歩ができた。

Hamburger Cafe UNICO

Hamburger Cafe UNICO UNICO バーガー

首都圏ツーリングプランを使用しているので高速の途中下車は自由だ。 昼食にハンバーガーを食べようと那須に行くことにした。 郡山でも良かったのだがちょっと距離が近すぎて昼には早かった……。

那須には以前 Licca NASU HUTTE に行ったのだが、もう少し那須 IC 寄りの方にもグルメバーガーショップがあった。 それがこの Hamburger Cafe UNICO だ。 平日だからかお客さんはまばらだ。 全部入りらしい「UNICO バーガー」のセットにしたが、1,900 円。 Licca NASU HUTTE に負けず劣らずいい値段する。 「20, 30 分待ちますがいいですか」と聞かれたので「はい」と答える。

出てきたハンバーガーを見て驚いた。 パティが鉄板に乗ってジュージューと音を立てていた。 まるでハンバーグのお店のようだ。 そのままパンに挟んでも良いし、ナイフとフォークで食べても良いとのこと。 最初全部挟もうと思って頑張ったのだが、卵の黄身が溢れ出てくるような状態で困ってしまった。 なんとか卵だけ外して食べた。 肉は那須黒毛和牛と那須の豚肉の合い挽きらしく、いかにもな「ハンバーグ」の味がした。 全体的に横に小さめだが (全部挟むと) 縦に大きくなる状態で、それにしても量はあまり多いとは思わなかった。

取手市のグルメバーガーショップ

BIG SMILE エッグチーズバーガー

今日は久々にグルメバーガーを食べる為にバイクで出かけた。 今回は取手 (とりで) 市にある BIG SMILE を目指した。 関係ないが取手市がいつも茨城県なのか千葉県なのか分からずに曖昧になっていた。 取手市は茨城県。 今度こそ覚えた。

このグルメバーガーショップは割と何にもないところにあるのでバイクで行っても余裕で停めることができる。 しかし入ってみると店内はいかにもな個人店といった感じでこぢんまりとしていて、意外なことに既にお客さんでいっぱいになっていた。 私はカウンターの隅に案内されたが、正直もうスペースがない。 ハンバーガーはプレーンなハンバーガーから 4 種類のソースを選び、更に適宜トッピングをしていくスタイル。 私はスイートチリソースを選択し、トッピングとしてエッグとチーズということにした。 プレーンなハンバーガーが 750 円と安く、これだけトッピングしても 900 円という安さ。 やはり郊外店はお値打ちだ。

出されたハンバーガーを食べて新しいなと思ったのが、今まで食べた中で一番バンズが固いタイプだったということだ。 まるでフランスパンのように固い。 グルメバーガーを食べる時のコツとして口で挟めるようにバンズを上下から押してコンパクトにするというのがあるが、このバンズは固いのでなかなかうまくいかない。 とはいえこれはこれで美味しい。 パティもゴツゴツした食べごたえのあるタイプで好印象だった。 ちなみにポテトはフライドポテトではくハッシュドポテトだった。

BOLT 30,000 km 達成

BOLT 30,000 km

BIG SMILE からの帰り道で無事に総走行距離 30,000 km を達成することができた。 20,000 km 達成が去年の 6 月 25 日なので約 10 ヶ月で 10,000 km 走破したといったところだ。 平均で月 1,000 km 走っているということで、まずまずのペースを維持できているといったところか。 このペースだと総走行距離 10 万 km 達成するまであと 6 年かかる。 まだまだ楽しめそうだ。

ところで今日はとても暑く、メッシュジャケットに半袖 T シャツという出で立ちでも暑くて仕方がなかった。 去年の 8 月は涼しい日が多くてメッシュジャケットで快適に走れたと思うのだが、今日はそれより明らかに暑い。

今日は「ビッグマック ベーコン」と「ビッグマック BLT」の発売日だったので早速 BLT の方を食べに行ってきた。 ビッグマックにベーコンとトマトを挟んだだけの商品のはずなのだが、結構味わいが違ってビッグマックというよりはマクドナルド期間限定メニュー特有の BLT の味がする。 ただ、ただでさえ崩れやすいビッグマックに更にものを挟んでいるということで食べている最中の崩壊がひどく、かなり手を汚してしまった。 このクラスになるとバーガー袋がないと食べにくい。

後、あくまで味わいがだいぶ違うというだけで、素のビッグマックより美味しいというわけではないと思った。 リピートはしないだろう。

川口の息の長いグルメバーガーショップ

Tity Diner あふれるチェダーチーズバーガー

Tity Diner は 2 年ぶりくらいだっただろうか、と思い Blog 記事を検索してみたが出てこなかった。 ということは 3, 4 年ぶりくらいだろう。 川口のお店ということでそれなりに近いのだが、なかなか行けていなかった。 平日に行ったがお客さんは私一人だった。 これだけ息の長い店でも平日はお客さんが少ないのだろう。 グルメバーガーショップにはよくあることなので特に驚きはなかった。

この「あふれるチェダーチーズバーガー」はチェダーチーズに加えてチェダーチーズのソースもふんだんに使用するというまさにチーズまみれと言ったほうが良さそうなバーガーだった。 cotton's の時も思ったのだが、このチーズソースの甘い味わいが何とも言えない。 指定店でオーダーしているというこだわりのバンズと 150 g パティの重量感もあり、とても美味しくいただけた。 駐車場はないが、アリオ川口の買い物ついでに来れるのがポイントだろう。

それにしても、昼にマクドナルドに行ったのに夜もハンバーガーを食べているあたり、私もまだまだハンバーガーが好きなようだ。

バイクで銚子は初

今日は銚子方面にツーリングに出かけた。 交通費節約のため行き帰りとも下道を使った。 Google Map ナビによって利根川沿いの道路を案内されたが、この道路は信号がまったくなくほぼノンストップで走れて素晴らしい道だった。 行けども行けども風景が変わらないので単調なのがちょっと残念ではあるが、渋滞にはまるよりはずっと良い。

銚子は車では来たことがあるがバイクでは初だった。 最初に以前も行った犬吠埼灯台に向かった。 入場料 200 円で灯台に登れるのだが、私は高所恐怖症なので登ってすぐ降りてしまった。 一応周りに灯台に関する展示室があったのでそこを眺めて満足した。

Brown Sugar

Brown Sugar アボカドチーズバーガー

銚子にはグルメバーガーショップがあるのは前から知っていたのでそこを再訪した。 といっても以前の店名は Brown Sugar ではなく K2 Diner という店名だった。 5 年ぶりくらいの再訪だが、店の基本的な佇まいは変わっていなかった。

今回はアボカドバーガーにチーズトッピングをチョイス。 K2 Diner の時はアイコウシャやフランクリンアベニューのように具材が全てバラバラの状態で提供されたと思ったのだが、今回頼んだものはトマトとオニオンのみ別盛りになっているだけでちゃんとハンバーガーの形で提供された。 邪推だがグルメバーガーを食べ慣れない方の場合提供されたバラバラの食材を見て困ってしまう場合があったのかもしれない。

パティがとても大きくバンズからはみ出してしまっている。 そういえば K2 Diner の時もそうだったな、と思いだした。 パティは食べごたえがありゴツゴツとした食感、バンズはしっかりとしたグルメバーガーの品質のもの。 とても美味しかった。 ポテトにペッパーが振ってあるのが変わっていたが、これもなかなか合っていた。

最初は店内に他のお客さんがいたのだが、食べている間に私一人になったので店主がいろいろと話しかけてきてくれた。 カウンターでこうやって店主と他愛もない話をしていると、昔なじみの店でよく食べていたことを思い出す……。 「銚子にまた来た時は是非寄ってくださいね」とのことなので「遠いのでなかなか来れないかもしれませんが、また来ます」と返答した。 私はグルメバーガーが大好きだし、こういう細々と頑張っている郊外のグルメバーガーショップも大好きだからだ。

帰りに酒々井アウトレットに寄ってみた

銚子からの帰り道は今まで行ったことがなかった酒々井アウトレットに行ってみた。 見た感じやはり他のアウトレット施設と同じような感じで、近くだと阿見のアウトレットと同様の雰囲気だった。 入っているブランドもそんなに代り映えしないようだし、この手の施設は自分の家から近くのところに行けば十分だと思った。 女性ならまだしも、私のようないい歳した男が一人で行くようなところではないようだった。

人がいっぱいで回るのも厳しかったが、一通りぐるりと回ってから自動販売機でジュースを買って、満足して帰路についた。

海ほたる PA 佐世保バーガー

房総半島の海岸沿いでも流そうと東京湾アクアラインを走って木更津の方に抜けることにした。 途中の海ほたる PA に到着した時はまだ 10 時過ぎだったのだが、佐世保バーガーの表示を見たので 1 回食べておこうと注文した。

グルメバーガーの中でも結構大きい部類だ。 バンズは少し硬めのタイプで悪くはない。 パティの重量感が少し足りないかな、と思ったのでダブルバーガーの方を注文したほうがいいのかもしれなかった。 バーベキューソースの味が強めだが個人的には好きな塩梅だった。 中に入っている玉子 (目玉焼き) との相性もいい。 窓際の席で海を眺めながらハンバーガーを頂くのも悪くないのではないか。

この後のツーリングでは予定通り海岸沿いを流し始めたのだが、出かけるのが遅かったからか南端まで到達することはできなかった。 やはり冬なので寒さが厳しく、朝早くや夜遅く走るわけにはいかないので辛いところだ。 ただ日中の寒さはそうでもなかったし、海ほたる PA や房総半島を走っていてもバイクの集団とすれ違ったり並走することが多々あった。 この真冬の中ではツーリング日和だったのだろう。

CHATTY CHATTY ミーティニスバーガー

すっかり CHATTY CHATTY のファンになってしまったが、このお店は月替りの期間限定メニュー、いわゆる「マンスリーバーガー」を出している。 今月のバーガーはミーティニスバーガーという肉肉しいものらしいということで、早速今日食べに行ってみたというわけだ。

18 時前にお店に着いたのだが、既に満席に近い状態でカウンター席が 1 席空いていたのでそこに座った。 今までこのお店でこんなに混んでいたのは見たことがなかった。 どこかで紹介でもされたのだろうか。 まぁとても素晴らしいお店なので広まれば瞬く間に並んで食べるような人気店になるのだろう。 そうしたらどうするか、というのはちょっと考えてしまう。 いくら美味しくても私は並んでまで食べたくない、つまり「お金の他に余計な時間も消費したくない」というのが根底にあるからだ。

「ミーティニス (meatiness)」だがちゃんと英単語として存在して「肉がたくさん入っていること」という意味らしい。 その名の通りミートソース・ソーセージ・サラミという肉の三重奏――いやパティも加わるので四重奏――が楽しめる。 とはいえ私にとってはちょっと肉の分量が多くて「もう少し野菜が欲しいな」と思ってしまった。 もう少し肉の好きな人や若い人ならば感想が違ってくるかもしれない。 あと手に取ったときの重量感、ズッシリ感がすごい。 いかにも「肉の塊」を食べている感が楽しめる。

N's COURT チーズバーガー

今日は用事があったので成田空港に行ったのだが、そこで昼食を何にしようかと考えているところで N's COURT という店が目に入ったので行ってみた。 バーガー専門店でなく洋食屋とカフェを兼ねているような雰囲気で、ハンバーガーはチーズバーガーとアボカドバーガーがあった。 このチーズバーガーはポテト、ドリンクセットで税込 1,000 円だった。 パティは 150 g らしくかなり多い。

食べてみたが、やはりパティは合挽き肉のようでどちらかというとフレッシュネスバーガーなどに近いような味がした。 チーズもパティと一緒に焼いたのではなく挟んだだけであり、そこまで風味は感じられなかった。 とはいえこのロケーションでこの値段でグルメバーガーが食べられるのはとてもいいと思った。 同じフロアにマクドナルドが入っていたが、それよりはこちらを推したいところだ。

出社はしたがまだ正月ムード

今日が仕事の始まりということで出社はしたのだが、まだ多くの人が正月休みを取得している状態でありあまり仕事を進めるような雰囲気ではなかった。 その為午後は半休をいただき、時間になったらそそくさと退散した。 そういえばまだ電車は空いているのかと思っていたがそうでもなかった。 残念だ。

今年初はシェイクシャック

シェイクシャック チーズポテト

今年になってからまだグルメバーガーを食べていなかったのだが、今日都内のショップを探してみても結構まだ正月休み中のところがあるようだった。 その点このシェイクシャックは元旦以外はバッチリやっているようで流石というところだった。 やはり大人気で店内の席はいっぱいのようだったが、とても寒いせいかテラス席は誰も座っていなかった。 店員に「今 4 組待ちですが……」と言われたところで「あ、外でもいいですか」と聞いて躊躇いなく外に出た。 確かに寒いことは寒いが、バイクで -8℃ の中を走ったのに比べればこの程度どうということはない。 それにこの誰もいない寒空の下で食べるグルメバーガーとクラフトビールというシチュエーションの方にゾクゾクくる。

シェイクシャックのハンバーガーの感想はいつも通りで、若干バンズの食感などがジャンク寄りだがまずまず美味しく、何より専用のクラフトビール「ShackMeister Ale」が抜群に美味いというところだった。 ちなみに今日は普通のフライドポテトでなくちょっとリッチにチーズがかかっているものにした。 チーズをかけるだけで +120 円なのが少し気になるが、やはりこちらの方が美味しい。 家でもやってみたいとちょっと思った。

養命酒の蓋が変わっていた

新しい薬用養命酒のパッケージを開封したのだが、何やら蓋の仕様が変わっており中蓋の形状が変更されていた。 長年ずっと変わらない形式だったと思ったので一瞬違う商品を買ってしまったのかと思ってちょっとびっくりした。 どうもこの中蓋を使うことで飲んでいる途中に蓋が瓶にこびりついて取れなくなる現象がなくなるらしい。 「瓶にこびりついて取れなくなる現象」は私もよく悩まされたが、一応「瓶のマルチオープナー」といったような名前のキッチン用品を買ってあるので、それを使えば開けることはできていた。

寒くて死にそうになった

竜神大吊橋

たまたま午後 3 時に起きることができたのでそのままツーリングに出かけたのだが、とにかく寒くて死にそうになった。 外の温度計を見てみると -8℃ などと書いてあった……。 バイクに乗って風を受けていると体感温度は 10℃ ほど下がるので、そう考えるととんでもないことになる。 この寒さでは最早グリップヒーターが効いているのかいないのかも分からない状態だ。 手の先が寒さで痛い感じだが、足先も冷えて感覚が無くなっていく。 やはり真冬に日の出ていないうちから行動するのはまずいなと思った。 マクドナルドが開くまで待って、中でしばらく暖をとりながら休み日が昇るのを待った。

何とか竜神大吊橋に着いた。 日本一の長さらしいが、料金が 310 円かかるようなのでパスした。 何しろ私は高いところが苦手だし、渡って終わりなのであれば面白くない。 そのまま次の目的地の袋田の滝を目指した。

滝が凍っていた

袋田の滝

近くに有名な袋田の滝があったのでそちらも寄ってみた。 袋田の滝は無料駐車場があったが、滝からかなり距離が離れており近くの駐車場はその店で食事をするかお土産を買う必要があった。 仕方なく店の駐車場に停めたが、どこの滝もこのような仕組みになっているのが如何ともし難い。

ここも有料だったが、こちらはそれなりに楽しめそうなので入場した。 驚いたことに滝が大部分凍りついており、一部から水が流れていた。 凍った滝を見たのは初めてだった。 結構間近で見れて迫力がある。 写真は第一展望台から撮影したものだが、ここが一番近くで見れた。 他にも展望できるスペースがあって、そちらはカップル向けに愛を育むためのオブジェなどがあった。 こういうのもどこにでもあるな、と妙に感心した。

帰り際に店で何か買わなければならなかったので一応見たが、特にこれといったものが思いつかなかったのでホットコーヒーを飲んで暖を取った。 石油ストーブが備え付けてあったのでとても暖かかった。

自由に走り回ってからホテル

これでめぼしい観光は終えたので、後は近くの県道を片っ端から走り回った。 特に雪など問題ないな、と思って上の方まで登っていったらさすがに県道 22 号線あたりで側溝に雪が見えた……。 とはいえ少しだけだったので気をつけて走行すれば何とかなった。

ホテル網元

さすがに寒さで疲れてきたので、ちょうどいいところで切り上げてホテルまで向かった。 日立市のホテル網元というところで、ここは食堂とビジネスホテルを兼ねているようなところだった。 近くに姉妹店「蟹海楽」があったのでそこで昼食を食べた。 日立駅の周りはもっと発展しているのかと思っていたが、昭和の雰囲気の町並みが残されている感じだった。

ホテル網元は割と年数が経っているのか、全体的に古い感じはした。 価格は朝食込みで税込 5,300 円と良心的だったが、総合的に考えると可もなく不可もなくといった感じに思えた。

cotton's

American Diner cotton's アボカドチーズバーガー

このホテルから歩いていける距離にグルメバーガーショップがあったので行ってみた。 American Diner cotton's という店で、閑静な場所にあるアメリカンダイナーだ。 今回はホテルに泊まるのでビールが飲めるぞとブルックリンラガーとアボカドチーズバーガーを注文。

チーズがソーズのように溶解した状態でふんわりとした食感なのが印象的だった。 とても濃厚な味わいだ。 また、玉ねぎが大きめにカットされてサンドされているのと、バンズとパティの食感がとても良かった。 フライドポテトとオニオンリングがついているが、量が多いのもいい。

お客さんがいなかったのでカウンター席に案内されたが、店内は広そうだった。 郊外店はゆったりした店内スペースが魅力だと思った。 位置的になかなか来れないが、機会があったらまた来たいところだ。

山間部は終了

もう 12 月も半ばに入り、ツーリングに行くとしても市街地か海岸線沿いを流すのがメインとなる時期になってしまった。 鎌倉・湘南方面に行ってみようと下道でゆっくりでかけた。 今日は気温がそこそこ上がるような予報だったが、それでも朝はとても寒い。 防寒用のオーバーソックスを仕込まなかったのでしばらく走ると足先が冷えてしまった。

用賀 PA は初

用賀 PA 自動販売機

首都高には決まった方向から行かないと入れないのでなかなか行く機会が訪れない PA がいくつか存在する。 この用賀 PA もその一つで、これは東名高速から東京方面に行き首都高速 3 号線を中央環状線 C2 に向かって走っていくと途中の料金所の近くに存在するものだ。 地下に降りていくと休憩所があるタイプで思ったより広い。 そして写真の通り首都高 PA のシンボルともいえる「デリスカフェ」という自動販売機がたくさん置かれたコーナーがある。 この自動販売機の佇まいと誰もいない休憩所のテーブル、椅子を見ると大人の隠れ家といった雰囲気を感じてワクワクする。 私は「オールドファッション」と「コーンポタージュスープ」を購入し食べながらしばし休憩した。 こういう休憩所はとても楽しいので C2 環状線を走っている途中にも欲しいくらいである。

そのまま鎌倉の方に走っていって大仏でも見ようかと思ったのだが、高徳院にはバイクの駐車場は無いようで昼近くになってしまったのもあって人通りがかなり多かったので面倒になってそのまま素通りした。 また別の機会としたい。

ビーナスカフェ

ビーナスカフェ チーズバーガー

湘南の海岸線沿いを流していたのだが、お昼時なのもあってとても渋滞していた。 この辺りを堪能するならばもっと朝早く来ないと駄目のようだ。 しかしこの寒い時期に朝早く来るのは厳しい……。

休憩がてら食事しようと、たまたま目に入ったハンバーガーの看板を頼りに駐車して店に入った。 このビーナスカフェは湘南の海岸線沿いにあるのでとても眺めがよく、かつ店内が広く雰囲気がお洒落な感じでリゾート感満載だった。 店員さんの対応も良く好感が持てた。

ハンバーガーの他にタコスや他のメニューもあったのだが、チーズバーガーセットを選択。 ハンバーガーよりもセットのグレープフルーツジュースの方がグレープフルーツの切り身を添えてあって一味違うな、と思った。 ハンバーガー自体は中の上くらいの感じでそれなりに美味しかったのだが、正直特徴に欠ける感じがした。 つまりハンバーガーを食べに来るというよりも気分良く小休止するために来るのが適切といった感じだ。

食事を終え、そのまま江ノ島方面に走っていった。

湘南海岸公園

湘南海岸公園 平和の像

江ノ島はちょうど去年に行ったので今回はスルーした。 代わりに近くにある海岸公園の砂浜から海でも眺めようと考え、近くの駐輪場に停めた。 写真はその湘南海岸公園にある「平和の像」である。

明治以来、国の礎になった英霊を顕彰し、戦争の悲惨と不幸を二度と繰り返してはならないという藤沢市民の悲願をこめて、昭和40年に建てられました。

公式サイトに書かれている。 海岸の方には多数の人がいるのにこの像の周辺には誰もいない。

海岸の方に行ってみると、この寒い時期にも関わらずサーフィンをしている人たちがそれなりにいた。 海の中は気温の変化に対してそんなに水温が変わらないから問題ないということだろうか。 冬に海で遊んだことがないからよく分からなかった。

砂浜でしばらく海を眺めて休憩し、満足しそのまま帰路についた。

今回の期間限定メニューはネット上の情報でとても評判がいいというのを事前に見ていたので割と気になっていた商品だった。 「3 重のチーズ」が使用されているのがウリらしい。 注文してみたがスライスチーズとチーズのソースの 2 種しか確認できない……と思い Web サイトで確認してみると、バンズも専用の粉チーズがかかっているバンズでそれがカウントされているらしかった。

単品 490 円とかなり強気な価格設定。 ただ商品を見てみるといつものマックのハンバーガーの大きさでアメリカンらしさはない。 一回り大きい方が良かった、と思ったのだが、一般的なお客さんの期待しているサイズはこのサイズだと思うので価格との兼ね合いでなかなか難しいのだろう。 単品 600 円以上とかいうことになったら「高すぎる」ということで逆に叩かれてしまう可能性がある。

食べてみるとびっくりしたことに「広告に偽りなし」とでもいうべきかかなりのチーズ感があった。 専用のバンズの味わいもいつものマクドナルドのものとは思えないくらいとても良い。 パティもいつもの薄いものではなくクォーターパウンダーのものでしっかりしている。 チーズのソースはペッパーが効いていてよく出来ている。

グルメバーガーに比べると野菜が圧倒的に弱いのが難点ではある。 まあこれはいつものビッグマックのようなレタスの切れ端が適当に入っている感じだが、これはさすがに改善されないだろうか。

マクドナルドのいつもの期間限定メニューの感じからしてみると「当たり」だと思った。

URaWA BASE ABC バーガー

首都圏ツーリングプランの範囲内なので今日も出かけようと思ったのだが、何となく面倒くさくなったので普通にグルメバーガーを食べに出掛けた。 グルメバーガーを食べると大体 Blog に記録をつけているので前行った日を調べてみたが、1 年 1 ヶ月ぶりだった。

今日 12:30 頃行ってみたらお店が閉まっており「開店は 13:00 からです」と張り紙がされていた。 何か都合がわるいのかな、どうしようか、と店の前で考えあぐねていると店員さんが通りかかり「申し訳ありません、本日のみ 13:00 開店となってしまいまして」とくる。 まぁちょっと時間を潰せばいいだろう、ということで周辺を軽く散歩してまた戻ってきたところで入ることができた。

「先ほど来ていただいたのにご入店いただけなかったことのお詫びです」とドリンクバーを無料で提供していただいた。 店員さんの細やかな配慮にただ感謝した。 (そもそもこれ書いていいのだろうか……来店される際にはそういうのを期待されないようにお願いいたします)

私は写真の ABC バーガーを選択した。 感想は前々回と一緒である。 ただ、バイクで行ったのでビールを頼むことはできない。 店の前のスペースがそんなに広いわけではないので店の前に停めるのは憚られるが、一応浦和区役所が開いている時間はそちらに停めることはできるようだ。

次に行くのもまた 1 年後とかになるかもしれないが、相変わらずまた行きたいと思わせてくれるお店だった。

ヴィレッジヴァンガードダイナー アボカドレイバーバーガー

今日は台風のため出社困難になりそうだったので有給休暇を取得しておいた。 実はこれでも全然有給休暇は消化できていない……。

雨は止んでカラリと晴れたとはいえまだ風が結構吹いておりバイクに乗る感じではない。 なので今日は妻とイオンレイクタウンに子ども用品やキッチン用品を買いに出かけた。 お昼時になりどうしようか、ということで今回は有名なグルメバーガーショップであるヴィレッジヴァンガードダイナーにした。

しばらくぶりにアボカドレイバーバーガーにしようと思って注文したのだが、Blog をよく見ると実は 1 年 5 ヶ月前に食べていた……。 写真を見ても内容は特に変わってはいない様子だった。 しかし、グルメバーガーを久々に食べたからなのかいつもより美味しく感じる。 ビールもそうだが、こういう贅沢品はある程度期間をおいて食べたほうがいいな、と感じた。

アボカドレイバーバーガーに関しては前回の感想と同じく、アボカドとわさびソースの相性が良くなかなか楽しませてくれる印象だった。 アボカドとわさびのバーガーというのはグルメバーガーショップによっては期間限定で出している店もあるのだが、レギュラーメニューに据え置いている店はそんなにはない気がする。 あと、細かいところで海苔が入っているのが変わっているな、と思った。 といっても合わないということはなく、海苔のお陰で更に和食感を演出できている感じがした。

今日は軽く街乗りしようとその辺りを適当に流し、ちょうど 11 時近くになったので「そうだ、今日はカーネルサンダース生誕祭だからケンタッキーに行こう」と思いついた。 今日に限りケンタッキーフライドチキンのアプリを使うとオリジナルチキンが 1 個無料でもらえるという太っ腹ぶり。 その無料チキンとちょっと食べたいと思っていた月見チキンフィレサンドを頼んでみた。

月見チキンフィレサンドは普通のチキンフィレサンドに玉子を挟んだだけのような商品だった。 マクドナルドの月見バーガーの方が遥かに美味い。 むしろマクドナルドの月見バーガーのソースが秀逸だと思う。 ビッグマックもそうだが、マクドナルドはソースの味で食わせているような印象は受けた。

それにしてもこの内容で単品 460 円は高すぎる……。 ケンタッキーはオリジナルチキンは最高に美味しいと思うのだが、サンドやサイドメニューの類は少し考えて選ぶ必要があると感じた。 私はオリジナルチキン 2 個かオリジナルチキンとツイスターを頼むのが定番コースだ。

店内に 11 時に入ると先客が誰もいない。 今日はカーネルサンダース生誕祭なので通常より混むだろうから、たまたまとはいえ早めに来たのは正解だった。

たまの客先訪問

本日は客先訪問だったためスーツ姿で遅めの電車に乗った。 ちょっと頭痛がしたので薬を飲みたいのと喉が渇いたので到着駅で珍しく自動販売機で飲み物を購入した。 いつかも書いた気がするが、私は自動販売機で飲み物を買うという行為はツーリング以外ではほぼ行わないため、買ってみると何となくツーリングに来たような自由な気分になる。 「2つの食感ソーダゼリーメロン」という子どもが好きそうなものを買ったが、なかなか面白い食感でたまにはいい感じだ。

久々のクアアイナ

クアアイナ 厚切りアボカドチェダーチーズバーガー

訪問が終わりちょうどお昼時になった。 帰り道にクアアイナがあったので寄ってみた。 クアアイナはハワイ発の比較的有名なグルメバーガーチェーンだが、本当に久々に来た。 1 年半ぶりだろうか。

「厚切りチェダーアボカドバーガー」で、要するにアボカドチーズバーガー (厚切りなのはチーズ) である。 店員が「アボガド」と発音しているのがどうも気になった。 スペルが AVOCADO なのだから「ガ」の要素などどこにもない。 ……などと思ったら文法ミスを指摘する人は“圧倒的に性格が悪い”を思い出した。

性別、年齢にかかわらず結果は期待通りのものだった。より外向的な人物の方がミスを見逃す傾向があり、感じが悪く内向的な人物の方が「ミスの多い文章を書く人」を否定的に評価していたという。

……なかなか手厳しい。 勿論店員にわざわざ指摘はしていないが、思ったのは確かだ。 ちなみにこの Blog も意識して誤字は少なめに保っており、定期的にひと通りチェックし誤字や文法ミスを排除するようにはしている。 ……まぁ感じが悪いかどうかは置いておいて「内向的」は合っている。

話がそれたが、クアアイナのハンバーガーは相変わらずバンズやパティがパサパサした感じのいかにもこの店ならではといった感じのものだ。 一般的なグルメバーガー及びハンバーガーのソースや肉汁でジューシーな感じをイメージしていると真逆である。 クアアイナのハンバーガーを最初食べたときは「パサパサしている」と否定的な印象を持ったのだが、やはりこうやって何軒も食べ歩いてみるとしっかりとグルメバーガーの風格を保っていると感じる。 シェイクシャックで感じたようなジャンクな印象は全くしない。

写真のセットで税込 1,500 円近くする。 私はグルメバーガーを食べ慣れているのでそこまで高いとは感じないが、人によってはとても高いと思うことだろう。 ちなみに私は普段のランチはワンコイン (500 円) 近辺なので 3 食ぶんである。 ただ、この店はグルメバーガーでは珍しくジェフグルメカードが使えるのは大きいし、ショッピングモールに入っている場合はクレジットカードも使えるのもいい。

食べたばかりなのだが外食の機会を得られたので再度行ってみた。 Shack Burger はシェイクシャックで一番基本となるバーガー、要するにチーズバーガーなのだが、それの肉を 2 枚 (Double) にしたものである。 以前食べた Shack Stack は 1,230 円と内容に対してかなり値段が張るのだが、こちらはシングルで 680 円、ダブルで 980 円となかなか丁度いい値段。

美味しいことは美味しいのだが、やはり以前の感想と同じでグルメバーガーというよりは若干ジャンクフードのような雰囲気に傾いているという印象を受けた。 例えるならばバーガーキングやウェンディーズに近いと言えそうだ。

シェイクシャック Shack Stack

今日は本当はチャッティチャッティに行く予定だったのだが、店の前まで行って閉まっていたので仕方なく新宿方面に引き返し他のグルメバーガーショップを探した。 よく見るとあのシェイクシャックが新宿サザンテラスにオープンしているとのこと。 シェイクシャックと言えば 1 年半ぶりである。

今回は前回の内容をよく覚えていなかったのもあって、何となく一番高いメニューにしてみた。 Shack Stack (シャックスタック) というハンバーガーである。 これが他のシェイクシャックの記事を検索して読んでみると「絶対に頼むべき」「一番美味いのはシャックスタック」とか書いてある。

Shack Stack は「シュルーム」というシェイクシャックオリジナルの具材が入っているのが特徴で、マッシュルームを揚げたものらしい。 このシュルームがかなりサクサクしており食感が良い。 言ってみればフライドオニオンが入っているグルメバーガーのような食感だ。 ただ、お値段もかなり張る。 税抜 1,230 円となっている。

シェイクシャックに関しては普通の Shack Burger (チーズバーガー) をダブルにしても 980 円とお値打ちだし、そちらはパティ 2 枚なので肉を食べている感がより強くなっている。 今度行くときはそれを頼んでみようと思った。

あと、シェイクシャックで売っている Brooklyn Brewery 製のオリジナルビールである Shack Meister Ale が抜群に美味い。 まぁ冷静に考えるとほぼブルックリンラガーのようなテイストのように思えるが。

実は去年の 4 月にも食べたのだが、今年も期間限定で今日発売とのことだったので、早速会社の近くのマクドナルドに赴いて昼食として頂いた。 まぁ感想は去年と同様である。

ポテトも食べるとえらく体に悪そうなので、次は単品で頼もうかと思った。 この調子でテラビッグマックとか作ってくれないものか。

ヴィレッジヴァンガードダイナー ペッパー&チェダーメルトバーガー

この店はイオンレイクタウンに入っているというのもあってたまに行くのだが、よく見たら 1 年ぶりの来訪だった。 今回は期間限定の復刻メニューの中から「ペッパー&チェダーメルトバーガー」をチョイスした。

名前に「ペッパー」と「チェダー」が入っているのでその 2 つが軸なのかと思いきや、一番印象に残ったのは挟まっている分厚いベーコンだった。 ただ、このベーコンが炭火焼きされておらずただ温められた感じの食感でイマイチ香ばしさに欠けた部分はあった。 チェダーチーズの味は普通だがモッツァレラばりに「伸びるチーズ」ではあった。

ヴィレッジヴァンガードダイナーのハンバーガーは私がグルメバーガーに目覚めたきっかけを作ってくれたものでハイレベルなグルメバーガーなのだが、万人向けを目指したのか全体的に無難な仕上がりとなっており、悪くいえば特徴がない (癖がない) と言える。 ここ 2, 3 年で「炭火焼き化」して美味しくなったが基本的な部分は変わっていないように思う。

写真撮影をかなり意識しているところがあり、各テーブルに撮影用の枠が用意されている。 盛り付けも写真写りがいいように考えられている感がある。 見た目がいいのはいいことだ。

言わずと知れた超有名店

バーガーマニア アボカドチーズバーガー

バーガーマニアといえば東京近郊住まいのグルメバーガー好きならば知らない人はいないであろうグルメバーガーショップであり、白金・広尾・恵比寿の 3 店舗展開されているチェーン店である。 食べログで見てもとても評価が高い。 本日はたまたまこちらの方に用事があったので、ついでに寄ってみたというわけだ。

金曜の午後 1 時過ぎに来てみたが、店内はほぼ満員。 流石に有名な店だけのことはある。 だが 1 人客ならば何とか入れたのでファザード側の席に座った。

いろいろなハンバーガーがあるようだが、最初に来た店では若干保守的な自分はアボカドチーズバーガーをチョイスした。 待つこと 10 数分、写真のハンバーガーが運ばれてきた。 「いかにもアボカド入ってますよ」といった感じで開いて置いてある。 アボカドの上に乗っているのはブラックペッパーだろう。

写真のポテトであるが、いかにもな業務用のフライドポテトであり、揚げ加減も若干固い感じで正直印象は良くなかった。 今回ビールは頼んでいないが、これをビールのお供にしたくはないと思ってしまった。 私が外でハンバーガーやポテトを食べるのは「家で食べられないようなプロのクオリティ」を求めているからなのであって、こんな感じの自分でスーパーで冷凍のポテトを買ってきて揚げて作ったようなポテトは興ざめなのである。

気を取り直してハンバーガーの方を頂いたが、こちらはとても良くできていた。 パティは結構「よく焼き」で焼かれていてなかなか香ばしく肉肉しいものであった。 バンズもなかなかいい味をしている。 ちょうど Fellows を思い出すようなテイストである。

ただ、ハンバーガーの味付けがちょっと塩気が強いような気がした。 これは個人の好みかもしれない。

ちょっとしたサラダがついているのは素直に好印象である。 グルメバーガーの場合コールスローやピクルスが付いている場合があるが、位置づけはそれと同じ感じなのだろう。

決済が楽天ペイでちょっとびっくり

決済時にレジにクレジットカードのリーダーが置いてあったのでクレジットカードを出したのだが、よく見ると「楽天ペイ加盟店」であった。 レジに備え付けの iPad で決済金額を入力し、クレジットカードのリーダーに通して顧客に暗証番号を入力させて決済する。 この手のサービスは POS レジとは独立しているので領収書はメールで送信するわけだが、私の方に iPad を見せて「メールアドレスを打ってください」ときた。 なるほど、理屈は分かるが初めてだとなかなかびっくりした。 レシートはメールで発行されるので紙で手渡されることはない。

この手のサービスで有名なのは Square であり、仕事でもお世話になっている。 小規模の店舗の場合このようなフットワークの軽いシステムのほうが導入しやすいだろう。

CHATTY CHATTY ペッパースモークチーズバーガー

実は前回から 3 週間しか経っていなかった。 新宿御苑のグルメバーガーショップ、CHATTY CHATTY (チャッティチャッティ) である。

今回は早い時間に行ったので余りお腹が空いていなかったのもあって、普通にペッパースモークチーズバーガーにした。 最初スモークペッパーチーズバーガーなのかと思ったが、どうやら「ブラックペッパー」と「スモークチーズ」の組み合わせなのでペッパースモークチーズバーガーが正しいらしい。

前回と同じように平日の食事時間はバドワイザー 300 円なのでありがたく 2 杯頂いた。 このスモークペッパーチーズバーガーもかなり大振りなのだが 1,180 円 (税込) と新宿御苑という場所にしては安い。 そして前回と同じくゴツゴツとしたパティがとても美味しい。

また機会があったら是非お邪魔したいところだ。

新宿御苑前のグルメバーガー店

CHATTY CHATTY アボカドチーズバーガー

今日は妻が夕食を外でママ友と食べるという事で、私の方も久々のグルメバーガー食べ歩きとなった。 新宿御苑駅から近いところに CHATTY CHATTY というグルメバーガーショップがある。

グルメバーガーショップは大体がそうなのだが CHATTY CHATTY も外観と店内共にオシャレでデートに使えそうな雰囲気だし女性 1 人でも無理なく来店できるだろう。 カウンターに案内されたのだがそこからは厨房でハンバーガーを作っている様子がよく見えて良い。 木曜のディナータイムだがお客さんはそんなに多くなく、カウンターに座っている男性客とテーブル席のカップル 1 組のみだった。 まぁグルメバーガーショップというのはある程度有名な店であっても並んで入るようなところは少ない。 勿論並ぶ店もあるが、ラーメンの行列などと比べると圧倒的に少ない。 並ぶのが大嫌いな私にとってはありがたいポイントではある。

来る前に来た写真を見て「何となくいっぱいトッピングを積むと崩壊して食べ辛そうなバーガーだな」と思っていたので、ダブルパティにはせずに普通にアボカドチーズバーガーをチョイス。 100 円でフレンチフライが付けられるという事でお願いした。 また、私はブルックリンラガー (700 円) を頼もうとしたのだが、店員さんに「今の時間はハッピーアワーでバドワイザーが 300 円ですが……」とお勧めされたのでそれに従っておいた。 量は多くはなかったがそれでも 300 円は安い。

大振りな割に良心的な価格

来たハンバーガーを見て驚いた。 値段は普通のグルメバーガーショップと同じような値段ではあるが、バンズのサイズが一回り大きい。 これは肉ダブルにしたら食べきれないかもしれなかった。 特徴的なバンズがとてもフカフカで美味しいし、パティはウーピーゴールドバーガーのようなゴツゴツとした粗挽きの肉で所謂「肉感」が強いものでとても良かった。 あと、レタスの量がかなり多い。 写真ではよくわからないかもしれないが大量に下に敷き詰めてある。 厨房をよく見るとレタスがいっぱい置いてあった……。

フレンチフライは細身のものでクアアイナのものとかなり似ていた。

ビールを調子に乗って 2 杯飲んでしまったが、それでも全部合わせて 2,030 円であった。 23 区内のグルメバーガーショップといえばかなり高めの値段設定である印象だが、ここは良心的な価格設定で好感が持てた。

また近くを通った際はお邪魔しようと思う。 とてもいい店だった。

アンチェインファーム アボカドデラックスバーガー

久々にアンチェインファームに行った。 いつもダブルチーズバーガーなので今回はアボカドデラックスバーガーにしてみた。 これはアボカドチーズバーガーに対して更にアボカドをトッピングしたようなもの (アボカド 2 倍) になっている。 やはりアボカドの量が多いとクリーミーで美味しい。 アボカドとハンバーガーはよく合う……。

また、久々に行ったせいか、ポテトがいつものスティック型ではなく網ポテトに変わっていた。 これはこれで美味しい。

こちらの店はサミュエルアダムス (ボストンラガー) が置いてあるのでいつも頼んでいる。 このビールも癖の強い料理に合いそうな風味で私の好きな味だ。 ビールを飲むためにわざわざバイクを使わずに行っている。

草加駅に立ち寄った際は是非お勧めしたいグルメバーガーショップだ。

ブラッカウズ アボカドベーコンチーズバーガー

丁度こちらの方向で仕事の客先訪問があったので、ついでに寄ってみた。 「ミート矢澤」と至る所に書いてあった。 要するに肉専門店の高級黒毛和牛を使用しているらしい。 公式ページの通り値段はかなり高め。 良く分からないが高級黒毛和牛を使用しているならば多少高くても仕方ないところか。

その中でも一番高いアボカドベーコンチーズバーガー (要するに ABC バーガー) をチョイスしてしまった為、ランチなのに 2,000 円超えてしまった……。 しかしチーズバーガーとかの安いものにしてもランチセットにすると同様に 2,000 円超える。

ソースはバーベキューソースのようなものだった。 美味しいかと言われれば美味しいのだが、値段を見るとやっぱり考えてしまう。 ちなみに「ミート矢澤」だが、確かに肉肉しいのだが肉が 1 枚だったからかそこまでのインパクトは感じなかった。

盛り付けの感じといいファイヤーハウスのような感じだが、これなら私はファイヤーハウスの方に行ってしまうかもしれない。 ちなみにお店はとてもおしゃれだし女性客も多かった。

まぁこういう店に入って値段のことをとやかく書くのはご法度なのだろう。 自分のような庶民は本来行くべきではないのかもしれない。

クレジットカード可で QUICPay や nanaco 等の電子マネーにも対応しているのは好感が持てた。

BOLT での台場は初

妻とどこかツーリングに行こうという事で台場にタンデムでショートツーリングに出掛けた。 首都高 C2 でゆっくり外回りして行く。 首都高の 2 人乗り禁止区間 (主に C1 と C1 に繋がる道路) がある為 C2 を通るしか無いのだが。

BOLT をどこに停めればいいのかちょっと迷ったが、フジテレビの横に大量に停めてあるスペースがあったのでそこにした。

アクアシティ

台場アクアシティ

台場のショッピングセンターと言えば幾つかあるが、一番アクセスがいいのがこのアクアシティお台場だ。 何度となく来たことがあるのだが、しばしここでウィンドウショッピングを楽しむ。 ここにハンバーガーショップがあったのを前から知っていたのだが、なかなか行く機会が無かったので今日行くことにした。

写真はアクアシティにあるウィンターイルミネーションショーのものである。 毎時丁度から 3 分間ちょっとした音楽が流れつつイルミネーションが光ってショーが行われる。 12:00 のものを見たが、確かに綺麗だが昼間見ても臨場感に乏しいので見るなら夜だろう。

アクアシティからデックス東京ビーチに移り 4F の台場一丁目商店街へ行った。 ここは昭和レトロのゲームセンターや駄菓子などの販売が行われている。 今やこういう「駄菓子屋」は各種ショッピングモール内で見かけるので今更感が強いが、子供向けに幾つか駄菓子を購入した。 よく見ると価格も高めで、観光地価格に設定されている感は否めない。

ロングボードカフェ ダブルチーズバーガー

ロングボードカフェ ダブルチーズバーガー

昼の時間になったのでアクアシティに戻りロングボードカフェに行った。 私はダブルチーズバーガー、妻はアボカドチーズバーガーをチョイス。 普通にクレジットカードを出したのだが「現金のみです」と断られた。 ネット上には使えるような情報もあった気がしたが、よくある「ランチは現金のみ」な店なのかは分からなかった。 ドリンクを 1 つだけ頼んだのだが、水は付けてくれなかった。 これもネット上の情報を見ると水は有料のようだ……。

来たバーガーの付け合せがポテトチップスだったが、出来たてといった感じでなく冷えていた。 ただ単に業務用のポテトチップスを盛って出しているだけなのだろうか。 あまりにジャンク過ぎるので、ポテトチップスにしてももう少し手作り感を出すとか、若しくは普通にフライドポテトにするとかして欲しかった。

バーガーを食べてみると、パティがブヨブヨで変な感じだ。 普通のハンバーグといった感じで、最初豚合い挽きなのかと思ったが、玉ねぎを繋ぎに使用しているようだ。 グルメバーガーのゴツゴツとした牛パティとはあまりにかけ離れたもので、正直に言うと美味しくなかった。 しかも、よく見るとダブルチーズバーガーなのにチーズが 1 枚だ……(普通は 2 枚、店によっては 3 枚)。 何か全然チーズ感が足りないと思っていたが、道理で物足りないと感じるわけだ。

こちらの店はどちらかというと眺めの良いテラス席で雰囲気を楽しむのがいいのではないかと思った。

Mate 9 の電池持ちは素晴らしい

今回初めて Mate 9 をツーリングのナビに使用したが、台場までナビで運転しても 15 % ぐらいしか減らなかった。 画面が大きいのにこれは素晴らしい電池持ちだと思う。

ただ、首都高を走っている時に時々ナビの画面が天地逆になった。 高速上だとナビはほぼ必要ない道だったので問題なかったがちょっと気になった。 たまたまかもしれないので、何度か運用してから改めて言及する。

行ったこと無かった江ノ島に行ってみた

江ノ島の町並み

私は埼玉県在住なので神奈川県には東京を経由して行かねばならず、なかなか観光に行けないでいた。 そして、実は今まで江ノ島に行ったことが無かったので、この機会に行ってみた。 早く起きることができたので行きは高速を使わずにゆっくり行ったが、やはり 5 時頃であっても東京の下道はそこそこ車が走っているし道が複雑で困る。

8 時頃には江ノ島に着いてしまった。 流石に早いので人は少なかった。 ただ、江ノ島の町並みは車両が通行できないようになっているので、駐車場 (駐輪場) に停めて結構歩かなくてはならない。 写真は入口あたりの町並みを撮影したものだ。 道幅がかなり狭いのだが、ずっとこの調子で所々ある神社、寺、食堂やその他観光スポットを眺めながら歩いて行く感じになっていた。

入口あたりに「湘南バーガー」を見つけたのだが早すぎてやっていなかった。 昼食はここにしようと決め、先に進んでいった。 土産物屋も軒並み閉まっていたが一部の饅頭屋などはやっていた。

このまま階段を登っていったわけだが、階段がキツイ人のためにエスカレーター「エスカー」が用意されていた。 これも早すぎるせいかやっていなかったが、やっていたとしても有料なので自分は利用しなかっただろう。

最後まで歩き切った

江ノ島からの富士山

歩いて行く途中に展望台などあったが、まだ早すぎてやっていなかったのでそのままスルーし先に進んでいった。 途中「龍恋の鐘」というカップルが鳴らして愛を誓い合う系統のモニュメントがあったが、何のためらいもなく一人で鳴らしてやった。 早すぎたせいか誰もいなかったしカップルともすれ違わなかった。 途中の土産物屋でこの「龍恋の鐘」の所に結びつける印のようなものが 1,000 円で販売されていたのだが、かなりの数が結び付けられていた。 商売繁盛のようで何よりだった。

そのままあるき続けて島の最奥部に到達した。 そこから富士山がよく見えたので写真撮影した。 ここは早い時間にも関わらず他にも多くの観光客がおり、中には本格的なカメラを設置して撮影している猛者もいた。 ここから見る眺めも格別だが、個人的には富士山を見ながら湘南の海岸線をバイクで走るのが一番気持ちよかった。

更に奥に進んでいくと「江ノ島岩屋」という洞窟が大人 500 円であったので折角なので見てみた。

江ノ島岩屋

江ノ島岩屋入口の石碑 江ノ島岩屋のイルミネーション

入ってみると最初に写真の通り石碑があり、第一と第二に分かれていた。 第一の方に行くと係員が「暗いですから」とロウソクを渡してくれた。 お礼を言ってそのまま進んでいき洞窟に入った。 ロウソクの残りがあまり無くて心許なかったが、洞窟はそんなに広くもなく 10 分足らずで見れる内容だったので全然足りた。 割と地味だったので写真撮影はしなかった。 ここも早すぎたせいか誰ともすれ違わなかった。 入り口まで戻り係員にロウソクを返却し、第二の洞窟の方に行った。

第二の方は写真の通り至る所にイルミネーションが散りばめられていたのでロウソクは不要だった。 ずっと進んでいくと龍のモニュメントがあり、「2 回拍手をして 2 回とも光ると願いはすぐ叶うでしょう、1 回光るとそのうち叶うでしょう」といったような事が書かれていたので何となく 2 回拍手してみたが 1 回光った。 誰もいなかったので何度かトライしてみたが 0 回か 1 回で、2 回とも光るというのは起きなかった。 この手のアトラクションにしては結構渋めに設定されているのだな、と感心した。

全て見終わったので洞窟を後にし、そのまま来た道を戻って行った。

展望台と江ノ島サムエル・コッキング苑

展望台 江ノ島サムエル・コッキング苑

戻って行く途中の展望台が始まっていたので行ってみた。 写真の通り展望台から階段を使って下っていくことが出来るのだが、本日はかなり風が強かったので閉鎖されていた。 また、展望台からの眺めは大変良く江ノ島や富士山など周辺の町並みが一望でき、写真も撮ったのだがガラス越しに展望台の光が写り込んでしまいあまり良くなかったのでここには載せない。

写真のチューリップはサムエル・コッキング苑のものである。 サムエル・コッキングというのは明治時代のイギリス人貿易商でこの辺りに別荘を持っていたことからこの名が付いたようだ。 花やイルミネーションなどが多く、夕方に来ればさぞかし綺麗なのだろうと思われた。 あと、今は冬なので微妙な咲き具合のチューリップしかなく微妙だったが、もっと時期を選べば綺麗な花が拝めるものと思われた。

湘南バーガー

湘南バーガー さつましらすバーガー

江ノ島の入り口まで戻ってきて先程の湘南バーガーが開店していた。 途中美味しそうな海鮮丼や焼きハマグリの店などもあり迷ったが、グルメバーガー食べ歩きと初志貫徹の意味で湘南バーガーにした。 ただ、この店はそこまで値段が高くなく、写真のさつましらすバーガーは単品 500 円、セット 800 円だった。 量としてもグルメバーガーとして見ると小さいのでどちらかというとモスバーガーに近い感じだった。

さつま揚げとシラス、茎わさびがいい味を出していた……のだが、やはり肉でないとボディが貧弱な感じを受けるのは否めず、Ra-Maru 下田バーガーと同じような「あくまで変化球だがたまにはいいかな」といった印象に終わった。 特にさつま揚げがライトな感じを受けてしまうので、カツが挟んである方にしたらちょっとは印象が違ったかもしれない。 ただ江ノ島の商店街には魅力的な食堂も多かったので多分次来たらそちらに行くと思われる。

食べ終わったら 11 時になった。 ちょっと早いが撤収することにして、そのまま高速に乗って埼玉に帰った。 半分高速で 200 km 程度しか走っていないが、たまにはこんなツーリングもいいものだと思った。

アンチェインファーム ブギーバーガー

この店は何度も行ってるのだが、近いのでまた行った。 埼玉県草加市にあるグルメバーガーの名店アンチェインファームである。

今回はいつものダブルチーズバーガーでなくブギーバーガー (所謂全部入り) を選択。 運ばれてきたハンバーガーの皿には前回と同じくケチャップかマスタードでのスマイルマークは書いてなかった。 別に無くてもいいのだがちょっと寂しい。 少しずつ盛り方を変えているのか、今回はポテトが妙な台に乗って出てきた。 ……と思ったら 2 月に行った時がそうだった。

食べてみるといつものアンチェインファームの味で安心した。 全部入りはたまに食べたくなる。 いろいろな味がするところがまた楽しい。

あと今回写真撮影が適当すぎてあまり美味しそうに写っていない。 次はもう少し美味しそうに撮りたい。

マクドナルドで今回の期間限定 (復刻) メニューのかるびマックを食べてみた。 単品 390 円だったのだが、ボリューム感が全く無く薄っぺらい感じなのにビッグマックと同じ紙箱に入っているというのが珍妙に感じた。 昔 240 円だったそうだが、申し訳ないが明らかにそっちが適正でこの価格はぼったくっているだろう。 出せても 280 円までだ。

というわけで、味は「そう悪くはないけど旨くもない」感じだったが、もう頼むことは無いだろう。 過去の栄光を塗りつぶすのは止めたほうがいいと思うのだが。

R-S ダブルチーズバーガー

久々のグルメバーガー食べ歩きとなった。 妻と一緒にタンデムで松戸まで行き R-S (アールズ) に赴いた。 店名だがサイトによっては R's だったり R,s になっていたりするが、公式を見る限りだと R-S が正式のようだ。

この R-S は食べログのハンバーガーで千葉県 1 位となっていた (2 位はパントリーコヨーテ) 。 パントリーコヨーテでも結構並んだので、行く前から「かなり並ぶだろうな」と思っていたのだが、たまたま行った時に並んでいるのが 4 名 1 組だけだった。 しかも 4 名席がすぐ空かないので自分たちが先に案内された。 その後次々とお客さんがやってきて 3, 4 組の待ちとなった……。 席数はそんなに多くないしグルメバーガーはお客さんがすぐ回転していかないので 3, 4 組の待ちでも結構待つだろう。 ちなみに正面に駐輪場があるのでバイクはかなり停めやすい。

私は定番のダブルチーズバーガー、妻は「奇跡」を頼んだ。 奇跡というのはバーベキューソースにパイナップル、チーズが入ったハンバーガーのようだ。

まず肉がカリカリしていて香ばしくて美味しいし肉肉しい。 パンはハロウィンだからなのかカボチャの種らしきものがトッピングされていた。 ポテトは写真のようなくるくるポテトでとても凝っている。 食べてみてもよく考えられて作られているのが分かる。

しかもこのダブルチーズバーガー、かなり肉の重量も多いのだが、何と税込 1,400 円となっている。 東京都内の感覚からすると 2,000 円弱してもおかしくない。

まぁ一つ食べていて困ったのは、かなり汁が多くて食べていると横から垂れてきて綺麗に食べるのが難しかったことだ。 これは自分の修行が足りないだけかもしれないが、妻も同様に机などを汚していた。

というわけで、やはり前情報の通りのとても良い感じのグルメバーガーショップだった。 こちらに用事があることはなかなか無いが、近くに行ったらまた是非寄りたいお店だ。

マッドバーガー ダブルチーズバーガー

半年ぶりのマッドバーガー行田店。 バイクで行くと丁度いい距離だし、この前行ったのがバイク納車日なので自分の成長も確認する意味で行ってみた。 今回マッドバーガーでは一度も食べたことが無かったダブルチーズバーガーを選択した。

ちょっと変わっていると思ったのがチェダーとモッツァレラを一枚ずつ使っていることだ。 モッツァレラの方が糸を引くのでどうにもピザっぽい。

美味しいか不味いかでいえば美味しいのだが、やはり以前の感想と同じで 1,950 円する割にサイズもそう大きくなく物足りなさを感じてしまう。 東京の基準でもちょっと高いと思ってしまうのに、埼玉北部でこの値段だと流石に行きにくいものを感じてしまう。

新宿ルミネ 1 地下 2 階のグルメバーガーショップ ARMS PICNIC が閉店していてショックだった。 もうあのコスパ最高バーガー (ランチセット) が食べられないとは……。 ちなみにルミネ 1 地下 2 階のレストラン街は ARMS PICNIC だけでなく全体的にリニューアルオープンするようだった。 まぁ私にとってはそんなものはどうでも良いので、もうルミネに足を運ぶことはないだろう。

それにしても次々と行きたいお店が減っていく。 新しい店を開拓していかないと減る一方だ。

URaWA BASE ダブルチーズバーガー

日曜の夜に初めて来たが先客 0 だった。 食べているうちに家族連れ 1 組来客したが、雨も降っているせいかお客さんは少なかった。

今回も前回と同じダブルチーズバーガー (BBQ, チェダー) とレーベンブロイを注文。 そうしたら店員さんに「前回と同じ構成ですね」と言われた。 前回が半年前なのだがよく覚えているなと感心した……そんなに印象に残る客とも思えないし。 吃驚したので「そうですね」と在り来りの事しか言えなかった。

ただここに理由を書かせて貰うと、行くのにかなり労力を使っているので失敗したくない、と「守りに入ってしまっている」というのはある。 まぁ毎回これだと流石に次に広がらないので、次の機会があったら他のバーガーも試したい。 今月の期間限定バーガーとして「アボカドわさびバーガー」が書いてありちょっと惹かれたが「要するにアボカドレイバーバーガーだよなぁ」と思い定番に行ってしまったというのもある。

まぁ感想は前回と同じなので割愛する。 味も雰囲気も好みだ。 素晴らしい。 ただ、ポテトが前回の厚いタイプから細切りのものに変わったようだが、個人的には前の方がいい気はする (が、個人の好み)。 後ワールドビールの選択肢がもう少し増えてくれれば更に良い気がした。 レーベンブロイに関しては消去法で選んでしまっている嫌いがあるので (今更バドワイザーやコロナはちょっと……)。

毎年マクドナルドの期間限定メニューは他は無視しても月見バーガーだけは食べるようにしている。 今年はバンズかごまバンズじゃない「満月チーズ月見バーガー」があったので食べ比べてみた。

お店の中で食べたのだが、混んでいたせいか満月チーズ月見バーガーの方のバンズが水分でブヨブヨになっていた。 本当に出来立て状態で食べられるなら別かもしれないが、ブヨブヨで食感が良くない。 普通の月見バーガーの方のバンズは時間が経っても劣化しにくく、いつもの味だった。

正直、普通の月見バーガーの方がいいと感じてしまった。 これ出すならダブルたまごマックにしてほしい。

楽天カードの Edy が溜まっているので、使おうと思ってマックに行った。 私の行動パターンの中に「QUICPay が使えない且つ Edy が使える店」というのがマックぐらいしかないからだ。

必勝バーガー ビーフ&パイン

グルメバーガーに慣れてしまったのでマックの期間限定メニューというのは全く魅力的に感じるものが少なかったが、この必勝バーガー ビーフ&パインは値段が高いだけあって結構美味しかった。 マックで久々に「リピートしたい」と思えるようなハンバーガーだった。 ただ、店員の包み方が汚くてレタスがはみ出ていたりと惨憺たる外観だった。 この辺りが昔から変わらぬマッククオリティ。

ネット上の評判も上々の模様。 「パインってハンバーガーと合うの?」という声もあるようだが、グルメバーガーでは割と普通な組み合わせ。 バンズも特別なものを使っているようだが、これもなかなかいい。

必勝あみあみポテト

たまたまセットで安くなっていたから買ったが、これが結構芋の味がして香ばしくて美味しい。 マックでこんなに美味しいと思うなんて、私の舌がどうかしたんじゃないかと思ったほどだ。

ただ、昼時で混雑していたのもあって結構待たされ、ポテトが来た時には既にハンバーガーを食べ終わってしまっていた。 やはり、ハンバーガーとポテトは「ラーメンと餃子」みたいな関係なので、出来れば一緒に食べたいところ。

グルメバーガー店で出てくるポテトがこの位美味しかったらいいのだが、残念ながら業務用の冷凍のポテトをそのまま揚げただけのような手抜きを出してくる店が多い (まぁ必勝あみあみポテトも店舗のオペレーション的には「ただ揚げるだけ」なのかもしれないが……)。 普通逆だろ、と思ってしまうな。

まず関越道で水上 IC まで北上

今日は昨日よりはマシな天気のようなので、前回天気が悪くて挫けてしまった金精峠方面へのツーリングに出掛けた。 まず暑くて下道など走ってられないと思ったので、高速で水上 IC までパスした。 6:30 出発したが 9:00 頃到着。

金精道路に行くなら沼田 IC で良いのだが、どうせ高速で行くならもっと走ってやろうと思って奥鬼怒ゆけむり街道を走ることにした。 理由は Google Map を眺めていて何となく名前に惹かれたからだ。

奥利根ゆけむり街道はアタリ

奈良俣ダムと BOLT

奥利根ゆけむり街道を走り初めた時はそこそこ車が詰まっていて、このローペースで走り続けられたらキツイな、と思っていたら、途中の T 字路で北方向 (峠の店がある方向) に殆どの車が抜けてしまい途端に快走路となった。 何だこれは?と思ったのだが、後でよく見るとその北に抜ける道がショートカットになっていた……。 恐らく車の方はナビがそっちの道を案内してくれていたのだろう。 まぁバイクでワインディングを走る分にはショートカットは意味ないのでこれでいいのだが。

奥利根ゆけむり街道のほうは左手に藤原湖を臨んだ状態で走るのでなかなか眺めもよく、車も少なくいい感じだった。 BOLT でも楽しめるレベルのワインディングが続き、快適に走ることができた。

途中、ならまた湖に来たところでダムが見えたので停車して写真を撮ってみた。 遊歩道もあるようだが、山間部とはいえ流石に暑いのでパスして出発した。

奈良俣ダムは無料で楽しめる

奈良俣ダム石碑

しかし暫く走っているとまた「奈良俣ダム」の看板があった。 先程私が居たのはダムの正面で、今度のは山をもう少し上がっていってダムの上から見下ろそうというものらしかった。 全く予定していなかったが興味があったので行ってみた。

ダムの上の部分は無料で開放されており歩いて端から端まで行けるようだった。 暑いのとあまりに距離があるので私は歩かなかった。 その他、ダムの資料展示室も無料なので自由に見学できた。 ただし係員を含めて誰もいなかった。 他ではお金を取りそうな望遠鏡も何故か無料だった。

無料なのにやけに人が少ないし、気分転換になかなかお薦めのスポットなのではないか。

売店と食堂を兼ねた施設もあったが、特にダムならではのものが売られているわけでは無かったのでちょっと残念だった。 喉が乾いていただけだったので、そこにちょうどあった自動販売機で缶コーヒーを飲んで、ダムを後にした。

大清水休憩所まで

大清水行き止まり

奥利根ゆけむり街道を走って行くと、県道 260 号との交差点で係員が見張っていた。 県道 260 号は尾瀬方面 (鳩待峠) への道であり、恐らくマイカー規制の監視員だったのだろう。 なのでそのまま東に抜けることにした。

国道 401 号に差し掛かったところで、北方面の行き止まり (尾瀬方面) に行くか迷った。 時間も早いし、折角なので行ってみた。 距離的には往復 20 km ほどだろうか。道自体は車が少なくて走りやすい。 尾瀬に行く人は大抵徒歩距離が短い福島側から行くので、こちらはそんなに人がいないのだろう。

終点に着くと大清水休憩所が見えた。 あと、マイカー規制の為の通行止めを確認。 駐車もお金を取られるようだったので (バイクは不明だが)、通行止め部分で写真を撮って終わりにした。 まぁ自分が尾瀬に行くとしたら同様に福島側から行くと思うので、多分ここに次来ることはないだろう。

そのまま来た道を戻り、いよいよ金精道路方面へ向かうことにした。

金精道路はイマイチだった

結論から書くと正直イマイチだったので、写真も撮っていない。 日光への連絡道なので明らかに車が多く、快適とは言い難い。 絶景スポットもあるにはあるが、ほぼ一瞬だけでイマイチ印象に残らなかった。

唯一良かったのは真夏にも関わらず非常に涼しかったという事だった。 メッシュジャケットだとむしろ肌寒かった位だ。

ついでに寄った奥利根ゆけむり街道のほうが断然楽しかった。 バイクツーリングを始めて分かったのは、ある程度郊外に出ると訳の分からん県道とかに適当に入っても十分楽しめるし、むしろそっちのほうが楽しいことが多いことだ。

てんとう虫

てんとう虫 ハンバーガー

日光に入り道も混んできて「もう帰ろうかな」と思っていたが、とりあえずスマホで「日光 ハンバーガー」で検索してみた。 そうすると「てんとう虫」という店がヒットし、距離も近い。 ということで、その店に向かうことにした。

駅前なので駐車場らしきものはなかったが、店の前に路駐できそうなのでそうした。

店に入ると 40 代か 50 代の女性 1 人で切り盛りしていた。 「ウチはクレープ屋さんだけど大丈夫ですか」と聞かれた。 「ハンバーガーは無いんですか」と聞くと「あります」とのこと。

若干嫌な予感がしたが、値段を見るとなんと 200 円。 これなら外してもいいやと単品で注文。 3 分足らずで出てきた。

正直量が少なかったので、この後結局高速の上で昼食をとり直したのだが 200 円にしてはよく出来ている。 マックの 200 円バーガーを頼むなら断然こっちだろう。 普通にクレープの方も食べておけばよかったかもしれない。

何より、店員の女性の接客がすごく丁寧で好感が持てた。 近くにあったらクレープを食べに通いたいかもしれない。

余力があったので県道 14 号に入って南下

まだ少し余力があったので、栃木県道 14 号に入って南下を始めた。 これも大正解だった。 車通りが少なく快適なワインディング。 足尾と鹿沼の間の山道は面白そうな道がいっぱいあるが、今日は 14 号だけにしておいた。 県道 58 から 15 号に至る道とか見るからに楽しそうだ。 Google Map で県道 246 号の行き止まりのように見える地点から細い道が生えているが、ここは通れるのかとか考えると面白い。

鹿沼まで出てしまうと流石に暑さが厳しくなってきたので、高速に乗って帰ってしまった。 今日だけで 450 km 走った。 半分以上高速だったし、ところどころ結構暑かったがなかなか満足な内容だった。

言わずと知れた超有名店

ファイヤーハウス ダブルチーズバーガー

ファイヤーハウスといえば BROZER'S (ブラザーズ) と並んでグルメバーガーの走りとして有名なお店である。 このファイヤーハウスで修行をした上で独立したグルメバーガーも数多く、私がたまに行っているアンチェインファームや ARMS もこれに当たる。 私は仕事の関係でたまたま後楽園エリアに来ていたので寄ってみたわけだが午後 5 時に来たので流石にお客さんはあまり居なかったが、食べている間に次から次へと入ってきた。 以前 19 時とかに来た時は満席でカウンターに座るのがやっとの状態だった。

最初アボカドを絡めたメニューにしようとしたのだが、よく見るとアボカドトッピングが 260 円 (税抜) とかなり高めに設定されていたので何となく敬遠してしまった。 アボカドの量は 1/2 玉ということで通常のショップより量は多いのかもしれないが、それにしても高い。 なので他の店でいつも食べているダブルチーズバーガーを選択した。

食べた印象としては「いつもアンチェインファームで食べているものとほぼ変わらないクオリティ」という感じだった。 なので美味しいのだが、しっかりと東京価格 (税抜 1,600 円) なので注意といったところ。 まぁアボカドに比べればそこまで高いという印象は無かったが。

バドワイザー

ファイヤーハウスはあまりビールの選択肢が無く、一番搾り (生)、バドワイザー、コロナからしか選択できない。 一番搾りは日高屋とかで出されるいつものあの味なのであえてバドワイザーにした。

特筆すべきことはない日本四大メーカーの一般的なビールと同じような雰囲気であり、やはり米やコーンスターチなどの副原料を使っているらしい。 わざわざ自分で買って飲むことはないだろう。 選択肢の無いときに仕方なく飲む感じとなる。

ショートツーリング

霞ヶ浦と BOLT

昨日は猛暑でバイクを控えていたが、今日は雨の予報は出ているが昨日よりは気温が低いという事で「乗れないことはない」と判断し霞ヶ浦にショートツーリングに出掛けた。 霞ヶ浦を左回り (反時計回り) に湖畔を 1 周することにした。 ちなみに霞ヶ浦は湖だが霞ヶ浦湖ではなく霞ヶ浦が正式名称となっている。

確かに事前情報通り信号が一切なく快適に走れはするのだが、以下の点が若干退屈に思ってしまった:

  • 行けども行けども景色がほぼ同じ (左手に湖、右手に田んぼや畑)
  • 実は霞ヶ浦があまり綺麗ではない(濁った水)
  • 湖畔を走っていると行き止まりや川で迂回させられるようなところが何箇所も有り、それが面倒というか思考が中断させられる

特に霞ヶ浦の南側がその傾向が顕著。

予科練平和記念館

予科練平和記念館のゼロ戦

霞ヶ浦の南を走っている時に予科練平和記念館という建物が気になって立ち寄ってみた。 写真が外に展示してあった大きなゼロ戦である。

入場料が 500 円とか書いてあったのでパスしてしまったが、行けばよかったかもしれない。 今度霞ヶ浦に立ち寄った際には行ってみようかと思う。

公園が併設されており、子供たちが遊んでいた。 自分も小休止しようと思ったが、自動販売機が何故か無かったのでそのまま出発してしまった。

ちなみに今日は雨の予報が出ていたが、見事に的中してしまった。 しかもゲリラ豪雨で一瞬にして濡れまくってしまった。 あまりに暑いので、ちょっと雨が降ったからといって合羽を着ると相当暑くなり不快だから着るのを渋っていたら靴下まで雨が浸透してしまった。

行方バーガー

行方バーガー 鴨パックン

そうこうしているうちに道の駅に着いたので、少し雨宿りをしつつ行方バーガーを食べることにした。 行方バーガーはこの道の駅でやっているグルメバーガーなのだが値段が非常にリーズナブルで、各種ハンバーガーが 400, 500 円という値段設定になっている。 今回は鴨肉を使用しているという鴨パックンをチョイスした。

道の駅の物産館の中にスペースが設けられているので、いわゆる小洒落たカフェといった感じではなく場末のフードコートといった雰囲気。 だがコスパは抜群で味の方も結構美味しいと思った。 これだけだと少し量が少なく感じてしまったが、これで 500 円なら悪くはないのではないか。

ゲリラ豪雨にあたって濡れた衣服がどうにも仕方がないので、そのまま高速に乗って帰ってしまった。 霞ヶ浦ツーリングは前述の理由によりそれほど面白いとは言えなかったが、積雪で山に行けない冬季に気まぐれで選択してみるのもいいかもしれないと思った。

値上げしないで頑張っている草加駅近くのグルメバーガーショップ

アンチェインファーム ダブルチーズバーガーとサミュエルアダムス

今日は半年ぶりに草加駅近くのグルメバーガーショップであるアンチェインファームに行ってみた。 この店に来るといつもダブルチーズバーガーを食べる。 人によって好みが分かれるかもしれないが、ファイヤーハウスと似た感じのどちらかというと塊感のあるミンチのパティであり、私はこれが好きだからだ。

そして、個人的にビールのつまみにはハンバーガーだと思っているので、わざわざ徒歩や電車で来てビールを飲みながら食べるのが好きだ。

このお店は 3 年近く前からちょこちょこ来ている。 他のグルメバーガーショップが軒並みえげつない値上げをしている (しかも多くの場合突然に) が、こちらのお店はダブルチーズバーガー 1,450 円のままずっと動かない。 そして変わらず美味しい。素晴らしいと思う。 勿論食料価格の高騰のあおりを同様に受けているはずなので食材のランクを落とすなど努力はされているのだとは推察するが、正直言われないと分からない。

ちなみに、こちらのお店は提供時にお皿にケチャップかマスタードでスマイルマークが書いてあるのが定番なのだが、今回は何故かそれが無かった。 まぁ別に無くても問題ないのだが、ちょっと寂しい。

あと地味なポイントとしてそれなりに大きいピクルスも付いているのも大きい。 ハンバーガーを食べている時にピクルスを齧るといい感じにアクセントになる。

サミュエルアダムス

Wikipedia にサミュエルアダムで載っているのでそちらが正解かと思ったが Google でサミュエルアダムズで検索すると「もしかして: サミュエルアダム」と出てくる。 どちらが正しいのか。 Google を信じてサミュエルアダムスと表記することにする。

このサミュエルアダムスはビールの種別的にはラガーなのだが、国産のラガービールのような喉越しを重視したライトな味ではなく、それでいてペールエールのようなフルーティーな味がするわけでもないが、程よく濃厚なホップとモルトの味が同居しており余韻まで楽しめる。 グルメバーガーとよく合うビールでとても美味しい。 外食では積極的に選択したくなるビールだ。

富嶽温泉 花の湯で朝食を食べる

6 時前に起床し朝食の会場に向かった。 開始ピッタリに行けば私一人だろう……と思っていたが、なんと既に数組いた。 何故かはよく分からなかったが、これから富士山に登るから早めに出るという事なのだろうか。

朝食はバイキング形式となっており、いわゆる一般的な普通の朝食のメニューを網羅したようなものだった。 なので特筆すべきことはない。 ただ、値段が格安なのでこの内容なら上等と言える。

朝食を食べて、軽く温泉に入ってから宿を出た。7 時半だった。

伊豆半島一周

西伊豆と BOLT 西伊豆

伊豆自体は来たことがあったのだが、あくまで観光地として各種テーマパークを廻っただけであり西側に来たことはなかった。 今回は沼津市から国道 414 号を経て県道 17 号、国道 136, 135 と至るルートで伊豆半島の海沿いを一周することにした。

県道 17 号のあたりは入ったあたりで伊豆・三津シーパラダイスがあったが、そこから先は観光地はないしお店も殆ど無く、そもそも休憩所のようなものも海岸沿いにちょっとしたスペースが設けられているぐらいであった。 わざわざこんなところを通るのは私のようなバイク乗りや地元の人ぐらいという事なのだろう。 延々と海岸沿いを走るのかと思っていたが、所々地形が小高くなっておりワインディングも楽しめた。 バイクならこの道は割とお薦めかもしれない。

国道 136 号に入っても暫くは車通りが少ないまま進んだ。 松崎町から南伊豆町にかけての区間はガソリンスタンドが殆ど無く注意を要した。 この時すでに BOLT の燃料警告灯が赤く光っていたが、できるだけセルフのスタンドが良かったので粘っていたら結構距離が伸びてしまったからだ。 この区間は霧で視界が真っ白で何も見えない区間があった。 車通りが少ないのでゆっくり進めば問題無かったが、ちょっと危険だ。

恋人岬

恋人岬

そういえば、たまたま恋人岬という看板が見えたので立ち寄ってみた。 いわゆる熱い状態のカップルが岬まで歩いて行って鐘を鳴らし、更に愛を深め合うといったものだった。

岬に歩いて行く人はいずれも年齢に上下はあれどペア若しくは男女のグループになっていた。 私一人だけ男一人だったがそんな事は気にせずに岬まで向かった。 岬に行くと鐘とちょっとしたモニュメントが飾ってあった。 確かに眺めが良いが、まぁ若干場違い感を感じてきたので適当に眺めて帰ってしまった。

恋人岬のレストハウスに寄るとお土産が売っていたが、やはりラブラブ度を高めるようなグッズがいろいろ売られていた。 何故か地元の野菜も売られていたので、自宅で食べようと 1 品購入してまた走り続けることにした。

カップルで来れば悪くはないがここだけを目的地にするのはちょっとつまらないといった感じの割と地味めな場所だった。 まぁ伊豆は観光スポットがいっぱいあるのでここだけに寄るというのはほぼありえないが。

道の駅 開国下田みなとで Ra-Maru 下田バーガー

Ra-Maru

国道 136 号から 135 号に変わったところで道の駅が見えたので寄ってみた。 この道の駅はかなり立派で遊覧船なども備えているようだ。 ただ、人もかなり多い。 ここを目的地に据えて来る人も多いのだろう。

そろそろ昼飯時なので適当なものを探していたのだが、なんとグルメバーガーがあるようだったのでそこに入ってみた。 Ra-Maru という店のようで、回転寿司の店の方は並んでいたがこちらは空席もあるような状態だった。 ハンバーガーだと持ち帰りで車内やベンチで食べる人も多いからある程度余裕ができるのだろう。

特に下調べもせずレジに向かったが、金目鯛が具になっている下田バーガーの他、チキンや生ハムのハンバーガーなどの特殊なものばかりで牛肉や豚肉パティの一般的なものは置いていなかった。 看板メニューと思われた下田バーガーをチョイス。 1,000 円だった。

写真の通り、見た目はかなりいい。 大きさはグルメバーガーの中では結構大きい方だった。 金目鯛がなかなか美味しい。上等なフィレオフィッシュのような味わい。 ただ、やはり牛肉のようなどっしりとした感じがないので、あくまで変化球でたまにはいいかな、といった感じに思えた。

残りの国道 135 号はイマイチ

菖蒲 PA 頑者魚介豚骨ラーメン

残りの国道 135 号を走りだしたが、伊東市や熱海市のあたりはやはり東京に近い方面ということで車通りが多く多少渋滞した。 イマイチ面白くなかったので、少しお金を払ってでも伊豆スカイラインから箱根ターンパイクの方に抜けたほうが良いのかもしれない。

ただ、自動二輪でも伊豆スカイラインが 570 円、箱根ターンパイクが 520 円と 110 円で距離の割にちょっと高いのが悩みどころではあった……。 あとやはりバイクだと現金の支払いが凄く面倒くさい。 折角 ETC を積んでいるので ETC に対応して欲しい。

帰路は結局小田原厚木道路から乗ってしまったのだが、帰りに中央道が渋滞 15 km (国立府中から都心まで) とか表示されていたので、圏央道の方に迂回する事にした。 写真は菖蒲 PA で食べた頑者の魚介豚骨ラーメン。 頑者は埼玉では有名な店だがちょっとこのラーメンは味付けが濃すぎてかなり不健康な感じがした……。 ラーメンに健康を求めるのが間違っているのかもしれないが、それにしてもこれはきつい。

菖蒲 PA はカウンターにコンセントが付いていたのでタブレットを充電しながら長時間居座ることができた。 今の時代スマホの充電器とモバイルバッテリーを常備しておくと何かと便利だ。

昨日、今日と 600 km 以上走った気がする。 伊豆もそこそこ晴れており流石に走っている最中でもメッシュジャケットを着ていてもちょっと暑かったので、そろそろ秋口までツーリングはお休みとなりそうだ。

これまた 1 年ぶりぐらいにモスバーガーに行き、ダブルアボカドチリバーガーを食べてみた。 チリソースの味がモスのチリドッグのチリソースそのままだった。 まさしくモスの味という感じだ。

しかしパティがハンバーグ然としていてやはりグルメバーガーと比べると劣る。 オニポテセットにすると 1,010 円もしたが、オニオンリングが 2 個しか入っていないし、バーガーもやはり小さい。 アボカドも少なく、アボカドの味があまり感じられない。

とはいえ、ロッテリアよりはアリだと思った。 モスバーガーのいいところは決済方法が現金だけでなくジェフグルメカードも選択できるところだ。 ジェフグルメカードという金券はお釣りが発生するので、カジュアルに現金の代わりとして使える上に現金よりもお得だからだ。

数年ぶりにロッテリアに行った

ふとロッテリアの味を忘れていたので昼時に行ってみた。 自分としては数年ぶりである。 クーポン券があるのを調べておいたのでそれを使用して「絶品チーズバーガーとポテトセット」と「手羽あぶり焼きチキン」を注文。

絶品チーズバーガーだが、確かにマックのチーズバーガーよりはいいものを使っているが、やはりグルメバーガーには敵わず……。 しかも単品 380 円もするのに異常に小さい。 手羽あぶり焼きチキンに至っては小さめな手羽元を使用したものだった。 鶏の手羽元は鶏肉の部位の中でも相当安いのだが、これが 1 本 120 円とは……。

やはりこの内容だとモスバーガーに行ったほうが良い気がしてきた。 というわけで、また数年行くことはないだろう。

川口 PA に初めて寄ってみた

川口 PA

今日も早起きして千葉方面にツーリングに出かけることにした。 千葉の房総半島方面はあまり行ったことが無かったのと、海岸沿いの道を走ってみたかったからだ。

まず東京湾アクアラインから木更津方面に出ることにしたので首都高に入った。 地味に今まで寄ったことが無かったので川口 PA に寄ってみた。

やはり川口とはいえ一応首都高の中の PA だけあってかなり狭めだが、売店や食堂などは意外としっかりしていた。 とはいえ朝早く行っただけなので眺めただけで終わった。 気が向いたら寄ってみるのも面白いかもしれない。

ただ、その前の SA が東北自動車道の蓮田 SA という立派なところなので、あえて寄るとしたら蓮田 SA がいっぱいで入れない時ぐらいだろうか……。 その時は川口 PA も入れなそうだが。

海ほたる PA

海ほたる PA

そのまま首都高 C2 からB (湾岸線) に入り東京湾アクアラインを目指した。 途中事故渋滞などもあり全く動かなくなったが何とかすり抜けて対処した。 こういう時にバイクは有り難い。 ただ、すり抜けは危険なのでこのようなキツイ渋滞がない限りは使わないようにしている。

何とか海ほたる PA に着いた時は 7:30 になっていたが、アクアラインは渋滞で動きが遅くても海ほたる PA の方は結構空いていた。 やはり 5F のレストラン街がまだ開いていないので、寄る意味が半減すると考える人が多いのかもしれない。

海ほたる PA は説明不要なほど有名な PA だが何故か SA でなく PA なのが不思議だ (一般的に PA より SA の方が規模が大きい)。 四方海に囲まれているので眺めも非常に良い。 写真は今まで見つけられなかった記念碑で、これはアクアラインを掘削した際のカッターフェイスらしい。 こんな大きなカッターで掘り進んだのかと思うとなかなか面白い。

国道 410 号を南下して酪農のさとについた

酪農の里の牧場

そのまま木更津東 IC まで出て降り、国道 410 号の南下を始めた。 行く前から国道 410 号が千葉の有力なツーリングロードであることを調べてあった。

国道 410 号は最初は見通しの良い二車線道路で暫く進んでいくと 1.5 車線のような割と狭い道も含んだ田舎道になるのだが、 最近長野や岐阜、新潟に行ったのと比べるとどうしても景色やワインディングなどで見劣りしてしまう感は否めなかった……。 ただ、同じ南下をするにしても、海岸沿いの道は混んでいると思うのでこちらを選択して早く着くという目的ならアリかもしれないが、そうでなければ特に次回も来ようとは思わなかった。

その国道 410 号を南下している時にたまたま「酪農のさと」を見つけたので入ってみた。 何とここはヤギの牧場が開放されており、一般人が自由に中に入ることができる上に見張りがいない。 牧場の入口がカンヌキになっているだけなのでそのまま開けておくとヤギが逃げてしまう。 なので「開けたままにしないでください!」という注意書きが結構書かれていた。 また、伝染病防止のようだが入り口に靴で踏み込むタイプの除染剤が用意されていた。

写真の通り、ヤギを近くに眺めることができるのでなかなか楽しかった。 だが、あらかじめ用意された道のみ歩行でき、牧草の中に入るのは禁止されていた。 同じく伝染病予防の為らしい。

酪農の里の展示

また、この酪農のさとには資料館も用意されており、中に入ると 1 階では各種お土産やアイスクリーム、ジュースが販売されていた。 牧場のアイスクリームというとまさに今作ったというソフトクリームをイメージしたが、ただ単にカップのアイスクリームが冷凍庫に入って売られているだけのようだったので買うのを止めておいた。 ……と思ったら後でホームページを見てみたらちゃんと搾りたての乳から作ったソフトクリームも販売しているようだった。 私がよく見なかったか、それとも勘違いしたのか、良くわからないが失敗した。

資料館の方は展示がしっかりしており 2 階にも展示があった。 映像資料などあったので休憩がてらゆっくり眺めていた……が、酪農に興味があるわけもないので段々飽きてきて最後の方は適当に見て終わってしまった。

土曜の 11 時なのに何故か人が少なかったのでゆっくり見ることができた。 閑散としているところが好きな人にはお薦めかもしれない。

ちょうどそろそろ昼時になるので、昼飯を道の駅で海鮮を食べるか、有名なビンゴバーガーを食べるかの選択を迫られた。 九十九里浜まで周る予定でいたので、夕食を食べるとしたら海鮮になるに違いない……ということで、ビンゴバーガーにした。

道の駅 三芳村 鄙の里

目的のビンゴという店は道の駅「三芳村」の中にある。 千葉県三芳村というのが「かつて存在した村」らしい。 今はどこかと合併したのだろう。

国道 410 号から少し離れて目的の道の駅に向かった。 それほど苦労はしなかった。 着いた時に駐車場が狭くて二輪駐車場も無いので停めるのが少し心許なかった……が、よく見たら他の位置に大きい駐車場があった。

ビンゴの前に行ったのが 11:15 頃なのだが、何とその時既に行列が出来ていた。 こんな田舎のグルメバーガーショップが 11 時台で既に行列が出来ているのがびっくりした。 食べログで調べてみても評価が高い。 これは期待が高まった。

早速自分も行列に並び、何を頼むか思案する。 私は東京や埼玉の一般的なグルメバーガーショップであればダブルチーズバーガーでも普通に食べることが出来ていたので、パティ 2 枚にチーズ 2 枚にベーコンといういわゆるダブルチーズバーガー的なポジションと思われた「スーパービンゴバーガー」にしようかと思った。 が、行列に並んでいる時に前の人が受け取っていたハンバーガーを見たら、グルメバーガー基準で見ても相当デカいことに気付いた。 これは流石に食べられないかもしれない。 と、直前になってからベーコンバーガーに方針を替えた。 結果的にこれは正解だった。

ビンゴのベーコンバーガー

ビンゴ ベーコンバーガー

このビンゴという店は屋台なので店内で食べることが出来ないのだが、場所が道の駅なので施設内で食べたり外のベンチで食べることが推奨されていたのでそれに従うことにした。

写真ではサイズ感が伝わらないかもしれないがかなりビッグサイズだ。 ホームページによると和牛 100 % のパティのグラム数は何と 180 g だそうだ。 ということはダブルパティのスーパービンゴバーガーにすると肉 360 g ではないか!

ちなみに一般的なグルメバーガーのパティは 90 ~ 130 g 程度だ。 そして、バンズもパティに合わせて大ぶりのものになっている。

値段も安く、普通のビンゴバーガーは 850 円 (税込)。 スーパービンゴバーガーでも 1300 円 (税込) となっており、通えない位置にあるのが本当に悔やまれる。 後先考えずとにかく限界までバーガーを食べたいという欲求は必ずあるはずで、それを簡単に満たしてくれる店の最有力候補といえる。

食べてみたが、パティは確かに和牛 100 % といえどつなぎを使っているのか「和牛」というほどの味ではなかったが、正直この値段を考えると 100 点の内容だろう。 バンズもしっとりした柔らかいタイプのもので、パティとの相性が抜群だった。

また近くを通った際、というのが次いつになるか分からないが、是非また来たいお店ということになった。 外のベンチで食べたのも開放感があって気持ちよかったし、ハンバーガーとよく合っている。 小洒落たカフェで食べるだけがグルメバーガーじゃないと思う。

鴨川オーシャンパーク

そのまま南房総の海岸沿いまで出て、国道 128 号を使用して鴨川方面に周り始めた。 鴨川、勝浦あたりまでの道は良かった。 進行方向に海が見えるし、潮の匂いが漂ってきて気分が高まる。 このあたりがバイクならではだと思う。

そのまま走っていると鴨川シーワールドという超有名な水族館の前まで来たが華麗にスルー。 道の駅「鴨川オーシャンパーク」に着いたので停まってみた。

この鴨川オーシャンパークには足湯があったので入ってみた。 一応温泉を使っているらしい。 暖かかったからなのか、利用しているのが自分だけだったのでゆっくり入ることができた。 タオルも売店で 100 円で売っていたので有り難く購入して使った。

この道の駅は海水を外から引き込んで、道の駅の中にちょっとした海水の湖を作って子供たちが遊べるような仕掛けになっているように見えたのだが、全く水が溜まっておらず勿論誰も遊んでなどいなかった。 時期があるのだろうか。

そのまま海岸沿いに九十九里まで走り帰路についた

そのまま九十九里まで走り続けたのだが、所々混んでいたりなどしてそこまで快適な道とは言えなかった。 更に、目当ての九十九里有料道路 (とても眺めがいいらしいし二輪料金が安い) が終日閉まっているようだったので使えなかった……。

砂浜も実は勝浦で見てしまったので、あえて九十九里でまた見る必要もない。 そのまま東金方面に向かって帰ってしまった。

しかし、今日だけで 320 km ぐらい走った。 バイクツーリングも大分慣れてきて距離が稼げるようになったのが嬉しい。

6:30 出発

今回の目的はビーナスラインと並ぶ絶景ロードとして名高い志賀草津道路を走るというものである。 そしてついでに新潟県上越市に行って宿泊し次の日帰ってくるという予定だ。 全工程下道を使う予定だが 2 日目に埼玉への道が渋滞していたりした場合は止むを得ず高速を使用することにする。

時間が遅くなってしまうと下道が混んでしまうので 6:30 出発した。 革ジャンを着ていたが結構涼しかった。

11:30 軽井沢到着したので鬼押出し園

鬼押し出し園

国道を使用して普通に進んでいき、途中道の駅で休憩するなどして 11:30 に軽井沢に着いてしまった。 ちょっと早いかなと思ったので、以前家族で軽井沢おもちゃ王国に行った際に華麗にスルーした鬼押出し園に行ってみようと思った。

鬼押出し園は周りの風景として無骨な岩が幾つも置いてあり、その中の整備された道を歩いて行くというものだ。 栃木県那須町の殺生石に似ているが、殺生石は無料でこちらは有料。 有料なだけ道も長いし、途中に神社もあるし売店や食堂、カフェなどもあった。 どちらにしても結構地味でストイックに歩き続ける場所なので子供連れとかは厳しいかもしれない。

そろそろ食事の時間か……と思い食堂を見たが観光地価格で食べる気がしない……。 ので手早く見て次のところで食べることにした。

道は客の都合に合わせて 3 タイプ (30 分, 45 分, 60 分コース) があったのだが、歩いているうちに物凄く暑くなってきたので 30 分コースに決めてさっさと切り上げた。 一応途中の神社に参拝はしておいた。

その後売店でお土産を購入。 鬼の置物などなかなかよい感じだが、結構いい値段がする。

13:00 志賀草津道路

志賀草津道路

鬼押出し園が有料道路内にあるのでそこの有料区間の料金は払ってしまったのだが、その有料道路が更に続き志賀草津道路まで続いている。 万座ハイウェーという道路なのだが、これの料金が高い上に志賀草津道路よりは景観が良くないとの事なので国道で迂回する道を選択。 途中若干迷ったりなどしたが無事志賀草津道路に到着。

今回の写真は綺麗に取れた。 所謂絶景ポイント手前あたりは硫黄の匂いがして停車することができない。 ビーナスラインのように空に向かって進んでいく感があるし、ビーナスラインより景観がくるくる移り変わって楽しいような気がするが、甲乙付け難い。 ただ、今日自分が走った時は若干車が多くて快適にワインディングを楽しめたとは言い難かった。 この手の絶景ロードよりも長野や新潟あたりの一般国道の方が空いている分楽しめてしまうというのは若干辛いものがあると思った……。

志賀草津道路を志賀方面に進んだ先のドライブインで遅めの昼食をとった。 適当なかき揚げ蕎麦である。特筆すべき点はない。

16:30 上越市到着

志賀草津道路を抜けた後は上越市に向かって国道を北上していった。 途中の道が畑道みたいなものが多く、一回畑で恐らく自動で散水している水をそのまま被ってしまった。 びっくりしたがすぐ乾いたし「散水中注意」とかなんとか看板が幾つも立っていたので水だとすぐ分かった。 農薬だったら危ないなと思った。

国道 292 から 18 に抜ける北上ルートはあまり面白い道ではなかった。次回はあるのか分からないが覚えておく。

17:00 ヘブンズカフェでヘブンズバーガーを頂く

ヘブンズカフェ ヘブンズバーガー

さて、今回の宿は夕食無しなので行く前に夕食を食べておこうと思ったが、 この上越市は普通の地方都市なので近くにイオンがあったのでそこに行った。 新潟のイオンは初めて入ったが、イオンのショッピングモールなのに名前がアコーレなのに若干びっくりした。 首都圏近郊ではイオン系の激安スーパーとしてアコレが展開されており、それとほぼ同じ名前だったからだ。 そのアコーレ内に入ってみたが、なんかカルディみたいな店があるが名前が違ったり、四六時中が「おひつご飯」ではなくて普通の定食屋みたいな感じな上にラーメンも売っていたりと首都圏と微妙に違うのがちょっと面白かった。 アコーレ内の大してオシャレじゃない所謂場末のフードコートに女子高生がたむろしているのが「地方じゃよくある光景だなぁ」と納得した。

フードコートにもよく分からない安そうなハンバーガーも売られていたがパスし、専門店街にヘブンズカフェという若干大人向けなカフェがあったので入った。 ヘブンズバーガーと照り焼きチキンバーガーと本日のバーガーが選択できる。 本日のバーガーを聞いてみたがデミグラスソースのものらしかったので若干外れそうだと判断しヘブンズバーガーを選択。 バンズが胚芽パンと玄米パンが選べるようなので玄米パンを選択。 全てのハンバーガーは 650 円とかなり安い。

ヘブンズバーガーは要するにチーズバーガーだった。 食べてみたが、肉はハンバーガー用に作られておらず普通の合い挽き肉のハンバーグのようだった。 バンズがとても美味しいので悪くはないが、どうしても肉がパンチが弱い。 これで肉がビーフ 100 % だったらまた来たいかもしれないが……むしろ美味しくても上越市じゃ一生来ないかもしれないが……。

早い夕食を終え、晩酌用のビールとおつまみをイオンのスーパーで購入し、本日の宿へ向かった。

18:00 ホテル門前の湯

ホテル門前の湯

ホテル門前の湯。 ここが土曜宿泊の 1 泊 2 日朝食付きで 4,500 円と異常に安かった。 本館と別館があり、本館側に食堂と大浴場がある。別館はただの泊まる場所。 そして別館という事で予約しておいた。 やはり本館の方が高い。

部屋に入ってみたが、多少狭い気もするがこの値段にしては綺麗な部屋だ。 トイレ別だがトイレも綺麗なので気にならない。 別館の入り口はオートロックになっているのも安心だ。 あと今ではよくあるがフリーの Wi-Fi も完備されているので Nexus 9 を持ち込んであるので YouTube などで暇を潰すのに役立った。

大浴場も行ってみたが、普通のスーパー銭湯のような格好だ。 ここはスーパー銭湯+ついでに宿泊、というスタイルなのだろう。 なので風呂はそれなりに大きく、小さいが露天風呂もあり、サウナも 2 種類 (低音塩サウナ、高温サウナ) 用意されており、なかなか満足できた。

21:00 晩酌してほどなく就寝

ローグブルータル IPA

イオンで買っておいたローグ ブルータル IPA とジャガビーを取り出し一人で晩酌を始めた。 この IPA はたまたまイオンに置いてあったのでちょっとスマホで調べた上で買ったのだが当たりだった。 IPA らしさ漂うホップの強烈な苦味が来て、それでいて柑橘系のフレーバーが後味に余韻として残る感じで割と今まで飲んだこと無い美味しさだった。 まぁ、普段飲みには高すぎて使えないが、こういう時に飲むのには悪く無い一品だと思った。 IPA 好きには文句なくお勧めできる一品だ。

明日も早くから行動したいので、その後適当に YouTube など観て寝てしまった。

ヴィレッジヴァンガードダイナー アボカドレイバーバーガー

ヴィレッジヴァンガードダイナーといえばこの間の王様のブランチでランキング 1 位を獲得してからというもの私の住んでいる場所から一番近いレイクタウン店においても休日は常に行列が出来るようになってしまったグルメバーガーショップである。 ちょっと前に炭火焼きに変えてからというもの少し味がグレードアップした。

イオンレイクタウン店においては平日ランチに行くとワッフル食べ放題サービスなどあるのだが、今回はそんなに食べる気もしなかったので利用しなかった。 写真のアボカドレイバーバーガーをチョイス。 ヴィレッジヴァンガードといえばこれというイメージがある。 アボカドとわさびのハンバーガー。

今日のアボカドレイバーバーガーは若干わさびが少なかったのかアボカドの味ばかりした。 わさびが強すぎると食べられない客が多いからなのだろうか。 個人的にはもう少し強く効かせてくれて良いのだが。

平日ランチのせいか親子連れが子どもを野放しにしていて凄く煩くて席を移動させて貰った。 子どもは言うことを聞かないものなのである程度は仕方ないが、流石にテーブルの下に潜って遊んだりとか店内を走り回っているのを野放しにして自分たちの喋りに没頭しているのはナシだと思う。

旅館を後にして今回の目的であるセンターフォーハンバーガーズに向かった

お宿八兵衛と BOLT

普通に 5:30 に起床しまた大浴場に向かった。 いつも朝起きて顔を洗うのだが、個人的にはその時風呂に入って顔を洗うが好きだ。 何か余裕のある時間を送れている気がするからだ。

7:00 に朝食を頂いた。 やはり場所柄西洋の方も泊まっているが、食事中もどうにも五月蝿い……。 楽しいのは分かるが食事中くらいもう少し静かにしてもらえないだろうか。

モノを食べる時はね 誰にも邪魔されず自由で なんというか 救われてなきゃあダメなんだ 独りで静かで豊かで……

孤独のグルメより引用。まさにこれが頭に浮かんだ。

ちなみにお宿八兵衛の朝食はよくある質素なものだが、高山の名物である朴葉味噌がテーブルの上で焼いて食べられるのがとても良かった。 この値段でこの内容ならば結構満足なのではないだろうか。 高山に用事があることなどそうそうないと思うが、機会があったらまた利用したい。

というわけで、名残惜しいが今回の目的であるセンターフォーハンバーガーズに向かうため宿を後にした。

9:00 飛騨高山まちの博物館

飛騨高山まちの博物館

時間がちょっと早いのでまた観光することにした。 とはいってもお金は掛けたくない。

暫く流して走っていて目に止まった。飛騨高山まちの博物館。無料。 よし、これだ。……と思って立ち寄ろうとしたらバイクの駐車場がない。 係の人に聞いてみたら、ちょっと走った先にバイクの駐車場があるという。 ちょっと歩くが、そもそもセンターフォーハンバーガーズがまちの博物館から近いので、停めたままハンバーガー食べにいける。これはいい。

空町駐車場というところだった。 「そらまち」というと何かスカイツリーを思い出してしまうが、要するに空のように高い所にあるという意味らしい。 普通車が 30 分 150 円とか書いてあったので、もしかしてバイクも同じ?……と恐る恐る係員に聞いてみたら、何とバイクは無料とのこと。 何と有り難いことだ。

高山にまた来ることがあったら覚えておいて使いたい。 まぁまた来るのが何年後になるか分からないが……。

飛騨高山まちの博物館 火消し纏

博物館の閲覧する部屋は 14 ほどもあり無料にしてはかなりボリュームがあるのだが、内容自体は地域に密接したもので正直高山市に興味が無いと厳しい部分が多い気がした。 なので基本的に流し見する程度に止めたが、写真の火消し纏だけは少し目を引いたので写真に撮ってみた。 このようなものを振って消防活動を行っていたとは実に風流だ。……消火活動なのだから風流とか言ってられないか……。

映像資料を流している部屋も幾つかあってじっくり見ていれば結構時間が潰せそうだが、 内容が周りの飛騨山麓についてだとか、なんとか市がどうのとか、やはりこの辺りに興味がないと楽しく見れそうにない感じだったのでパスした。

適当に眺めたら 10 時になりそうなのでそこでセンターフォーハンバーガーズに行って場所を確認だけしておくことにした。 11 時開店なので 10 時でも 1 時間前。幾らなんでもまだお客などいるはずもないだろう。そう思っていた。

1 時間前でも並んでいた

センターフォーハンバーガーズ ファザード

センターフォーハンバーガーズに付いたら何やら入り口に 2 人組がいる……。 私も暫く入り口に留まって眺めていたが、どうやらこの 2 人組は並んでいるようだ。 1 時間前でも並ぶグルメバーガーショップ。しかも新規開店でも何でもなく東京のような大都市でもない。

ただ様子を見に来ただけのつもりだったが、こうなっては自分も並ぶしかない。 何しろ埼玉から来てわざわざ泊まってまで来ているのだから、絶対に外せない。

というわけで並んでいたら 2 人組の方から話しかけてきた。 まぁ要するに雑談なのだが、自分は飛騨牛バーガー目当てで食べに来たこと、埼玉からバイクで来たこと、それ以外の目的は無いことを打ち明けた。 2 人組はこの後飛騨牛寿司も食べるが、向かって右側の店のほうが美味しいことを教えてもらった。 有り難い。有り難いが、自分はあくまで目的はこの飛騨牛バーガーだし残念ながらビーナスラインに向かわなければならないので時間がない。

そのまま 20 分ほど並んでいたら店員が出てきて「最近行列を作っていると周りからいろいろ言われるものですから、名前と人数を教えてください。店は 10:45 から入れますのでその時間にまた来てください」と言われたのでその通りにして散策することにした。

高山商店街

高山の商店街

高山駅周辺は商店街なのだが、恐らくわざとそうしているのだと思うがかなり古い町並みが多く、外国人観光客、特にヨーロッパ系の外国人が目立つのが際立つ。 最近行った場所だと草津の温泉畑周辺とかああいった雰囲気に近い感じだ。

写真を 1 枚撮ってみた。ここから入って行くと先ほどの 2 人組が教えてくれた飛騨牛寿司屋が見つかった。 確かに左右に寿司屋がある……。 美味しそうなのだが、今回はパスすることにした。 他には抹茶などを出している茶屋や、土産物屋など、恐らく観光地に求められているものは全て揃っているように見えた。

家族におみやげでも買おうかと思って何となく見繕っていたが、どうもイマイチ決め手が無くて選び損ねた。 そして若干人が多くて散策するにも嫌になってきたところで、時間が近くなってきたのでセンターフォーハンバーガーズに戻ることにした。

センターフォーハンバーガーズ大混雑

センターフォーハンバーガーズ メニュー

10:45 に店に戻っていると行列……ではなく人だかりが出来ていた。 内容を聞いてみると 10:45 に来たが今からだと 12 時半以降のご案内になるという話だった。 何と 2 時間待ちか!? 11 時開店だからと 10:50 あたりに来なくて本当に良かった……。 下手したら折角泊まってまで来たのに飛騨牛バーガーを食べ逃がすところだった。

ほどなくして店員に中に案内された。 センターフォーハンバーガーズはちょっと奥に入っていく場所にあった。 ファザードはちゃんと通りに面しているのだが、店の入口はそこからちょっと入っていった所にあるということ。

1 人客なので当然カウンターに案内された。 飛騨牛バーガー以外眼中に無かったので見る必要も無いのだが、メニューを撮影してみた。 ちなみに、税別・税込が書かれていないが税込である。 なので今のところは 2,300 円ポッキリなのだが、メニューに書かれている通り今日を逃すと 2,650 円に大幅値上げされる。

ちなみに普通のハンバーガーは 760 円 (税込)。こんな行列が出来る店にしては安すぎる……。

飛騨牛バーガーを頂く

センターフォーハンバーガーズ 飛騨牛バーガー

10 分ほど待って飛騨牛バーガーが出てきた。 写真の通り飛騨牛パティがたっぷり含まれている。 後、トマトとオニオンが別盛りになって出てくるのが特徴。自分の好みで適宜ハンバーガーに盛って食べるらしい。

これは期待が高まる!と、食べてみた。ん……?

  • 確かに飛騨牛パティはとてもジューシーで美味しい
  • バンズは意外と普通
  • パティは確かに凄いが具材がノーマルなハンバーガーなせいか重層感が無い……

あれ?普通にアボカドチーズ食べたほうが美味しいんじゃ?と想像してしまった。

例えばラーメンの味を語る場合、まず第一にスープが決め手であって、その次に麺、具はオマケ的に語られる (つまり普通のラーメンでもチャーシューメンでもスープと麺が同じなら美味さにそれほど違いは無いという事) 事が多いと思うが、ハンバーガーの場合はそうではなく、ラーメンで言うところの具 (チーズ、アボカド、エッグ、ベーコン、etc...) が結構味に影響してきてしまう。

それでいうところの飛騨牛バーガーは「具とパンがドノーマルで肉だけ最強バーガー」となっており、自分としては美味いことは美味いけど絶対的な美味さではないように感じてしまった。 というわけで、次回この店に行くことがあったならば、多分ホワイトマッシュルームバーガーとかにすると思う。

11:30 にセンターフォーハンバーガーズを後にした。ここまでは予定通り。

あえて国道 361 号でビーナスラインの手前まで行く

野麦街道

昨日の国道 158 号で戻るのが最も早いのだが、それではつまらないので予定通り国道 361 号でビーナスラインの手前まで出ることにした。 国道 361 号は最初のうちは走りやすい道で確かに良かったのだが、段々道が悪くなっていってブラインドコーナーも多くなり、鍵穴トンネルみたいなのに入ったのだがこれが 1.5 車線分ぐらいしかなく対向車が来たらすれ違うのに苦労した……。これが所謂昔の酷道部分ということだろうか?間違えて紛れ込んでしまったのだろうか……。

※国道 361 号は昔劣悪な「酷道」だったらしいが現在はバイパスが出来て改善されたらしい

野麦街道のところまで来たので、時間がありそうなので折角だからと野麦街道の方に入っていった。 これも不味かった。国道 361 号より更に悪い路面状態、ブラインドコーナー続きで BOLT だと非常に辛い。 BOLT は悪路に弱すぎる。サスが固くて路面状態の悪さを過敏に拾ってしまう。

そんなこんなで景色の良さそうな場所を見つけて写真を撮ってみたが、すぐに虫が集まってくるので落ち着いていられない。辛い。

野麦峠

野麦峠

虫が多くて休憩も満足に取れない中頑張って走り続け、やっと野麦峠に到着した。 野麦峠は小さな茶屋と展望台のようなもの、あとトイレと博物館もあった。 博物館に行こうとしてみたが入場料 500 円とか書いてあったので止めておいた……。

写真は展望台のようなものから撮影したものだ。写真に見える屋根が確かその博物館だ。

茶屋というか喫茶店も良さそうなのだが、若干金が勿体無いので横に置いてある自動販売機で缶コーヒーを買って飲んでいた。 場所柄かバイクが結構やってくる。私と同じようにアメリカンタイプのバイクだったり SS やツアラーだったり、タンデムしていたりと様々だ。 しかし岐阜県側の野麦街道はどのバイクでも辛いと思うのだが、そうでもないのだろうか……。 少なくとも私は次は走りたくないと思ってしまった。

そのまま野麦峠を出て残りの野麦街道を下っていった。長野県側はそんなに酷い道路ではなかった。 ビーナスライン手前まで来た時には 4:30 ほどになっていた。まぁ予定通りではあった。

ビーナスライン

ビーナスライン

ビーナスラインの予習は散々していたのでビーナスラインに入った瞬間風景が大したことないのには全く驚かなかった。 ビーナスラインの醍醐味は白樺湖を越えた所から始まるからだ。

白樺湖を越えていくと途端に風景がガラッと変わり高原道路の様相となった。 草原を縫って走っていく感じで、ワインディングを登って行くと視界の外に空、雲、そして遠くの山々が開けていくのが見える。

写真撮影スポットも何箇所も用意されていたので私も撮影してみたが、この写真だとビーナスラインの魅力を全然表現しきれていない。 「ビーナスライン」で Google 画像検索して頂くのが一番いい。

わざわざここまでやって来て本当に良かった、と思った。絶景ロードの常に上位に入ってくる場所というのも納得した。

ヒュッテ霧ヶ峰

ヒュッテ霧ヶ峰

さて、ビーナスライン中盤の霧ヶ峰に今日も宿を取っていたのでそこに向かった。ヒュッテ霧ヶ峰である。 ここも二食付きにしたのだが破格の安さだ。

まず部屋に案内された。かなり年季が入っている……。調べてみると昭和 17 年に出来たところらしい。納得した。 部屋の中に冷蔵庫が無い。外から飲み物を持ってきた場合これだと辛い。 トイレなどもかなり年季が入っているが、洋式便座などはウォシュレット付きのものになっている。後から付けたのだろう。勿論和式の便器もある。 今では考えられないが男が男性用トイレに入る際に女性用トイレの中が見えてしまう……。これも昔からあるからということだろうか。

また、お宿八兵衛のように布団は最初から敷いてなかったので自分で敷いた。 全体的に古さが目立つがそれが「不潔」ということではなく清掃状態は良いように見えるのが幸い。 夕食時に食堂にも入ったが割と良い風情が出ており、古くて嫌な感じという印象は受けない。

夕食。写真には撮らなかったがすき焼きと焼き魚やその他諸々といったところだが、お宿八兵衛のものと比べるとどうしてもグレードが落ちているように見えてしまった……。これもやはり値段が値段だから仕方ないというところだが。これなら同様に素泊まりか朝食のみにして外で食べたほうが良かったのかもしれない。

昨日と同様だが Nexus 9 をいじる以外特にやることもないので 22 時に寝ることにした。 お宿八兵衛のように五月蝿い客はいなかったが、建物が古いせいが防音性が皆無で人が廊下を通るだけでかなり音が聞こえる。 誰かトイレに行くだけで音が聞こえるわけで、快適とは言いがたい。 自動販売機でビールを買って、といってもまたスーパードライなのだが、適当に飲んで寝てしまったが中途半端な時間に起きてしまって布団の中でもぞもぞしてまた寝た。やはり足音で起こされてしまった気がする……。

道の駅を巡る旅

道の駅羽生の石碑

何となくどこか行こうと思って朝早くから出掛けたのだが、気付いたらかなり遠出になってしまった。

埼玉から北に向かって進んでいったのだが、道の駅が出てくるたびにそこで休憩することにした。 羽生、どまんなかたぬま、にしかた、塩原と寄った。 道の駅はトイレ休憩が出来るのが良い。コンビニでも良いのだが広くて気分が違う。 地元の野菜とかも売っているのだが、バイクだと荷物が積めない……。

写真は羽生の石碑で、この横のボタンを押すと歌が流れだす。 羽生発祥の作詞家が居たようだ。関口義明先生らしい。よく知らない。 ただ流れだす歌がとても大音量でびっくりしたので印象に残った。

どまんなかたぬまは栃木県田沼町にある道の駅だが、割と大きな売店があり活況だった。 ゴールデンウィークなので混みすぎていたので自分は入り口だけ眺めるに留まったが。 あと道の駅内に足湯があったり、子供用の遊具も幾つか置いてあったりした。

日塩もみじライン

なんと日光までやってきてしまった。 折角日光まで来たのでツーリングの絶景ロードの 1 つである日塩もみじラインに入ってみることにした。 この道は日光から塩原まで至るワインディングロードでありかなり景色も良い。

だが BOLT でワインディングを走ってみたが正直他のスポーツバイクと比べると限界値が低く攻め切れないと思った。 自分はそんなに上手くないからステップ擦らないだろう……と思っていたら 2 回も擦ってしまった。 ただ低速トルクはかなりあるので直線番長的な走り方でそれなりに速くは走れたようだ。

日塩もみじライン中盤で野生の鹿が道路中央にいるのを発見した。初めて遭遇した。近づいたらすぐに逃げてしまったが。

龍王峡ラインと日塩もみじラインとで料金所でお金を払うわけだが、こういった場所は何故 ETC に対応してくれないのだろうか。 バイクだと小銭を取り出すのにグローブを外して財布を取り出して数えて……とやらなければならないので支払いが凄く辛い。 コインケースが付いたタンクバッグが欲しいところだ。

Licca NASU HUTTE

LICCA NASU HUTTE 那須黒毛和牛チーズバーガー

那須にグルメバーガーがあるのをご存知だろうか。 しかも那須黒毛和牛を使っており、値段がかなり高い。 Licca NASU HUTTE という。

写真は那須黒毛和牛を使ったチーズバーガー。 写真写りが悪いのは、最初の状態で紙袋に包まれて来るのでそれを開いて手で抑えて撮影しているからだ。 一旦出して撮影すれば綺麗に取れるかもしれないが、ハンバーガーが崩れそうで怖い。

前は選べなかったのだが、今はオージービーフも選べるようだ。 チーズバーガーにオニオンリングセットで 2,750 円。 高過ぎる……。 この店も昔もう少し安かったのだが最近値上げしたようだ。 だからオージービーフも選べるようにしたのだろうか。 600 円くらい安くなる。

このハンバーガー、肉が最高級なので確かに美味しく、バンズも自家製のようですごくもちもちしていて美味しいのだが、何故か繰り返し食べたいという気にはならなかった。それぞれの素材はクオリティが高いのだが全体的に味が単調で終盤に飽きてくるのが原因だろう。

こだわりが無ければオージービーフでいい気がする。ちょっと幾らなんでも高すぎる。

鹿の湯

写真を撮ったのだが人物が写り込んでいたので使用しないことにする。 鹿の湯は那須の殺生石近くの古き良き硫黄温泉として有名。 自分は那須に来る度に入ることにしている。

入湯料はかなり安いのだが、貸しタオル……ではなく記念タオルが 400 円と割と高いのでタオルは持参したほうが良い気がする。 男性用は 41, 42, 43, 44, 45, 48℃ と分かれているのが特徴で自分の好みの温度に入ることができる。 とはいえ自分はせいぜい 43℃ 止まりではあるが……。

異常な渋滞

那須から帰るときと高速のほとんどの部分で渋滞に遭遇して閉口した。 やはりゴールデンウィークは混雑が半端ではないようだ。 サービスエリアも車が並んでおり全く入れない……がバイクならすり抜けて入ることができるのが良いところだ。

今日だけで 350 km 走破した。下道 180 km くらい走り大渋滞の高速を 170 km くらい走ったことになる。 頻繁に休憩を取っていたので割と何とかなったようだが、流石に疲れた。 下道メインなら 1 日 200 ~ 250 km 程度に留めたいところだ。

風が強かった

今日はめでたくゴールデンウィーク初日の昭和の日だった。 そういえば去年は昭和天皇記念館に行ってお話を聞いてきたのだった。

ふとバイクに乗りたいと思い割と何も考えずに走りだしてしまった。 乗っていて気がついたのは、ゴールデンウィークといえども田舎道を選んで走っていく分には空いていて気持よく走れるということだ。 要するに人が集まる場所に「観光」に行こうとするから良くない。

そんなこんなで走り続け、野田市、坂東市の方を抜けて気がついたらつくばに来てしまった。

つくばといえば茨城県ハンバーガーランキング第 1 位のハイファイブバーガーズがある。 早速行ってみた。

大きくて美味いがかなり値上がりしていた

ハイファイブバーガーズ アボカドバーガー

ゴールデンウィークだからなのか良くわからないが、店内はお客さんでいっぱいでカウンターもいっぱいだったが一人分は空いていたのでそこに案内された。 グルメバーガー店でこれだけ満杯になるのはすごい。さすが食べログランキング 1 位だ。

しかしメニューを見てびっくりした。以前来た時よりかなり値上がりしているように見える。 アボカドバーガーでも 1,510 円と書いてあるのに愕然としながら、それを頼んでみた。

ちなみにこの店はポテト大盛りを無料で出来るのだが、大盛りにすると本当に大量に来てしまうので今回は遠慮しておいた。

写真はそのアボカドバーガー。 グルメバーガー店の中でも一際大きいハンバーガーだ。バンズも分厚くてとても美味しい。 しかしそれでも 1,510 円は高いなぁ……。

食事を終えて会計しに行ったら更に愕然とした。 メニューに書かれている金額は税別表示だった。 「お会計は 1,630 円です」と言われた……。

高すぎる。 あまりにも高すぎるので以前の値段をネットで調べてしまった。1,290 円だった。 最近、多くのグルメバーガー店が割とえげつない値上げしていると思う。 円安と原材料価格の高騰で致し方ない部分もあるとは思うが、次回来るのはちょっと考えてしまう結果となった。

写真は撮らなかった。SNS に多数流れていると思うので興味がある方は検索するといいだろう。

グランド (ギガ) ビッグマックの成功は SNS での拡散にあると分析しているのか、今回のバーガーには SNS 拡散を積極的に促す意図が含まれたスクラッチカードが含まれていた。 自分がこのバーガーをどれだけ美味しいと思うかを示す星のぶんだけスクラッチを削り Twitter に投稿すると抽選でマックカードが貰えるとか。 この試みはまずまず成功しているのか、検索するとスクラッチカードの写真が幾つか出てくる。

ただ、このバーガーは単品 490 円でセット 790 円とマックにしては高額なもの。 食べてみたが、バンズはいつものマックのクオリティというべきかふにゃふにゃだしビーフパティは貧弱、チーズは安っぽくて美味しくない。 490 円もする癖に悪い意味でマックらしく全体的に安っぽい。 自分はグルメバーガー基準で評価してしまうのが良くないかもしれないが、これに 490 円は無いなと思った。290 円でも食べたくない。

昔クラブハウスマックというビッグマック風のクラブハウスサンドが期間限定で出ていたが、あれの方が美味しかった気がする。 というか、グランド (ギガ) ビッグマックの方が何倍も美味い。 マックはハンバーガーでなくマックという食べ物 (例えば「月見バーガー」とか) として進化していった方が受けると思うのだが、今回の路線だと普通にチープなハンバーガーという印象が拭えない。

今日はパントリーコヨーテに行き、ついでに千葉城 (千葉市立郷土博物館) に行くために千葉市に向かった。

首都高 C2 外回り

今回も首都高 C2 で行くことにした。朝 10 時頃だったと思うが全く渋滞することもなく快適だった。 首都高より京葉道路の宮野木 JCT - 穴川 IC あたりが混むようで、今日も渋滞の表示が出ていた。 なので首都高と別料金になる千鳥町で降り、そこから東関東自動車道沿いに走ることにした。

が、これが失敗だった。延々と渋滞。さすがに千葉の首都圏近くは混む。 千葉市まで近いようで 20 km もあったのでかなり時間を食ってしまった。

パントリーコヨーテ

パントリーコヨーテ ダブル&ダブルチーズバーガー

店の前に駐車してよいか分からなかったので、千葉城の方に駐車してそこから歩いてみた。10 分ほどだった。 が、実際は店の前駐車 OK のようで、店から出るときにはバイクが停まっていた。

パントリーコヨーテといえば、あのヴィレッジヴァンガードダイナーをプロデュースしたオーナーの店として有名である。 ヴィレッジヴァンガードダイナーとは違ったテイストのハンバーガーを出しており、 食べログの評価も高く千葉市のハンバーガーランキングでは上位に君臨している。

ちょうど昼時に行ったのだがお客さんが並んでいた。 さすが、超人気店だ……と思ったが、実際はお店の中が狭く席数が少なめだった。カウンター 3 席とテーブル席 4 つ。 ご夫婦で切り盛りされているようで、これが手が届く最大の席数なのだろう。

メニューを見ると所々にヴィレッジヴァンガードダイナーのようなネーミングが見えて思わずニヤリとする。 ハンバーガーは全体的にかなり値段は安め。これも嬉しい。 ヴィレッジヴァンガードダイナーにも同名のバーガーがあるが「ダブル&ダブルチーズバーガー」にしてみた。

届いたハンバーガーを見て個人的に「しまった」と思ったのは、パティがかなり縦に分厚いタイプだったからだ。 これだとかなり潰して食べても縦に分厚くて食べにくい。 これなら肉 1 枚にして、肉を食べたいならベーコントッピングとかでいきたいところだ。

食べた感想としては、美味しいのだがパティが柔らかい所謂「ハンバーグ然」とした感じで、 肉を 2 枚にするとハンバーグを食べている感が顕著になり、ハンバーガーを食べているというよりはハンバーグを食べている感じがしてくる。 だったらハンバーガーを食べに行かずにハンバーグを食べに行くということで、個人的にはこういうテイストはあまり好みではない、という事になる。 ヴィレッジヴァンガードダイナーの方が自分の好みだった。

千葉市立郷土博物館

千葉城

千葉市立郷土博物館。Google Map 上では千葉城として表示されていた。 入館料無料ということであまり期待していなかったが、外観は写真のようになかなか立派である。 ただ、お城のような外観だが中は普通に現代的な博物館である。 このあたりは大阪城と一緒。 大阪城の方はそれなりの入場料を取られるし人がいっぱいでゆっくり展示が見られないので損した気分になるが、こちらは無料だし人も少ないしで割と楽しく見ることができた。

千葉介 (ちばのすけ) という豪族がいたらしく、その城らしい。全く知らなかった……。 1 階から 3 階までは主にその千葉介に関する系譜が展示されていたようだが、中には全く関係ない戦国時代に使われていた武器や甲冑の展示だとか、弥生時代の土器の展示とかも行われていた。

歴史が好きなら普通に楽しめる場所のような感じがした。私はそうでもないので、軽く見学して 4 階まで上がった。

4 階は明治から昭和にかけて

昔の暮らし

4 階は明治から昭和にかけての、いわゆる太平洋戦争とその前後に関する展示が行われていた。 写真のように「昔の暮らし」と「今の暮らし」のサンプルが展示されていた。

延々とループ再生されている映像展示があったが、こちらが放映時間 14 分と長くそこそこ楽しめた。 内容は昭和恐慌から太平洋戦争に関してと、戦争後の千葉市の発展に関してだった。

後、それとは他にちょっとした映像視聴コーナーもあり、実際の戦争体験者の体験談が聞ける映像が自由に視聴できた。 席数が無いのだが人が少ないのでほぼ独占状態で視聴できる。 かなり豊富であり全て見ようとすると朝から晩まで見なければならないので、程々にして切り上げた。 無料でこれだけ楽しめれば十分なのではないか。

更に 5 階に上がるとそこは展望台だった。高いところから街の風景を一望できる。 が、落下防止の為か金網が結構頑丈に張られているので、少し見た目が宜しくない。 何となく眺めて、千葉城を後にした。

帰りは教訓を活かし京葉道路で帰った

来るときに渋滞で苦しんだので帰りはすぐに京葉道路に入って帰る事にした。 しかし京葉道路に乗ろうとした時に愛車 BOLT の燃料ランプがついた。 このランプが付くと、説明書によると残り 2.8 L しか無いことになる。航続距離 50 km 強ほど。 首都高上でガソリン補給できない事を考えると埼玉まで帰るには少し心許ない。

近くにガソリンスタンドが見つからず余計に 5 km 走ってしまった。 このバイクは航続距離が短いのが難点だ。何となく小まめにガソリンを給油しなければならない感じになってしまっている。

帰りは特にひどい渋滞に捕まることもなく普通に帰った。

一点、市川 PA に初めて寄った。確か以前は無かったはずだ。 高架下にあるタイプで、こういったタイプだとこの近くで思い浮かぶのは外環道の新倉 PA だが新倉 PA は施設があまりに貧相なので印象は良くないのだが、この市川 PA はちゃんとした売店はあるし食堂もあるしでなかなか良い感じだ。 隣の 湾岸幕張 PA より断然こちらのほうが良い。

I-Kousya サルサバーガー

仕事で水道橋に用事があったので昼食で寄ってみた。これで 4 度目くらい。

こちらのハンバーガーは肉のサイズをノーマル、ラージ、ダブルから選択できる。 確か以前は 110 g, 150 g, 220 g からの選択だった気がしたが今日行ったら 100 g, 150 g, 200 g になっていた。 やはりコストが厳しいのだろう。 グルメバーガーで 100 g は流石に少なすぎると思うのでラージの 150 g をチョイス。

写真の通りバラバラの状態で出てくるので自分で組み立てて食べるのがここのスタイル。 まぁこういったスタイルの店は他にも存在するが。 後、ポテトがフライドポテトでなく自家製ポテトチップスになっているのも変わっている。

まぁ頼んだのがサルサバーガーなので取り立てて何かあるわけでも無いのだがいつ食べてもクオリティの高いハンバーガーで普通に美味しい。 ここはブルーチーズバーガーが目玉なのだが結構高いしブルーチーズが癖があるので好きな人は頼んでみるといいのではないだろうか。

マッドバーガー行田本店 アボカドチーズバーガー

気になったので行田にあるマッドバーガー本店に行ってみた。 渋谷で食べたのと同じアボカドチーズバーガーをチョイス。

で、出てきたものを食べてみたら、渋谷店のものと全く同じものが出てきた……。 よく見るとバンズの厚みが違うように見えるが本質的な味は一緒。チーズがモッツァレラなのも同じ。

正直、美味しいか不味いかでいえば美味しいのだが、特別どうということもないハンバーガーのように見えた。 チェーン展開する上で味を変えてしまったのだろうか? ABC バーガーにしたら途端に以前のバンズに戻るわけでもないだろうし。

アボカドがワカモレのような柔らかい感じで出てきてちょっとどうかと思った。 もう少し若い状態で使ったほうが良いのではないか。グチャグチャして食感が良くない。

ちょっと悲しいのだが、もうわざわざ行田に行って食べることもないかもしれない。

ARMS PICNIC セロリ&ハニーマスタードバーガー

新宿ルミネ B2 にある ARMS PICNIC は以下の様な点で攻守共にバランスの取れた優れたグルメバーガーショップだと思う:

  • 新宿駅からかなり近くルミネ口から行けばすぐに入れるのでアクセス良好
  • 平日ランチは 870 円で 1 つトッピングが選べるハンバーガー + ポテト + ドリンクのセットが食べられるのでコスパ抜群
  • それ以外の時間でも +350 円でビールセットに出来たりするのでちょっと 1 杯飲みながらハンバーガーを齧るというのにも使える
  • グルメバーガーショップでは珍しく各種クレジットカードが使える上に Suica まで使える

今回はディナータイムに寄ってみたので念願のセロリ&ハニーマスタードバーガーにしてみた。 写真の通りたっぷりのセロリとつぶつぶのマスタードが入っている。

食べてみるとセロリの食感がサクサクしてとても美味しい。 ハニーマスタードというが言うほど甘くなくちゃんとマスタード感を感じる。 セロリがたっぷりなのでこのお店の弱点といえるパティが物足りない分をしっかりと補えている感じがする。

ちょうど今日がグランドビッグマックとギガビックマックの発売日だったので行ってきた。

ギガビックマック

マクドナルド ギガビッグマック

公式によるとギガビックマックの肉の量はビッグマックの 2.8 倍らしい。 マクドナルドの肉 1 枚あたりの量は 45 g なのでビッグマックはそれ 2 枚で 90 g である。 つまり 90 × 2.8 = 252 g となる。 一般的なグルメバーガーのダブルチーズバーガー (1 枚 120 g を想定して 2 枚 240 g) より気持ち多いぐらいか。

しかしビッグマックは元々そうだが、グルメバーガーと比べると野菜が極端に少ない。 殆ど肉と貧相なバンズとチーズである。

つまり、グルメバーガーのダブルチーズをいつも食べている層から見ると全然ギガじゃない。 普通に食べることが出来る。

ただ、私はポテトが辛いので普通の M サイズのセットにしたが、これがグランドサイズのセットにした場合は途端に「苦行」と化すと思われる。

ちなみに味は勿論普通のビッグマック……というよりメガマックの味だ。 このサイズになってくると崩壊がひどいのでバーガー袋が欲しいところだが、マックにそんなものはない。

ROUTE20 (ルートトゥエンティ) は幡ヶ谷駅と初台駅の中間くらいに位置するグルメバーガーショップである。 自分が前行っていた時はハンバーガー 500 円、チーズバーガー 600 円などの非常にリーズナブルな値段で出しておりトッピングも相当安かった記憶がある。 また、これは賛否両論かもしれないが一時期ハンバーグ弁当やカレーなどのハンバーガー以外のメニューも展開していた。

ただ、昔良く分からないが不定休だったのか行った時によく閉まっていた場合があって若干通いにくいというイメージもあった。

メニュー

さて、今回久々…… 1 年ぶりぐらいにこのお店に来てみた。 よくわからないがまたリニューアルしたらしい。よくリニューアルするお店だ。

まずランチ時間だからだろうと思うがファザードが開けっ放しになっていた。 閑静な住宅街ならいいかもしれないが、こちらのお店は国道 20 号沿いにあり交通量が多くかなりうるさい。 これは閉めておいたほうが良いのではないか。

まずメニューの値段を見てびっくりした。ハンバーガー 1,080 円だと……。 ダブルチーズバーガーに関しては以前 1,000 円とかの非常にリーズナブルな値段で食べられていたのが 1,540 円もする。 つまり、今までの安売り路線を止めて一般的なグルメバーガー・カフェスタイルを踏襲したわけだ。 これは相当食材がパワーアップしたのだろう、と期待が高まる。

チーズバーガー

流石にいきなり平日昼間からそんなに出せない……と無難にチーズバーガーをチョイス。 で、食べてみた。確かに牛肉 100% パティらしく以前のハンバーグ然とした感じではなくなっているし、 チーズもグレードアップしているようには見える。 見えるが、やはり全体的な印象としては昔の ROUTE20 のハンバーガーとあまり変わらないような印象を受けてしまった……。 ハンバーガー自体のサイズも前と変わっていなくて若干小ぶり。 味付けも「濃い目の味付けです」とか書いてあったが前との違いがあまり分からなかった。

つまり、これの肉やらチーズやらのグレードを落とした版で 600 円なら比較対象がマックになるので安いが 1,140 円は高いと思ってしまった。

あと気になった点を以下に書く:

  • 運ばれてきた時点で小鉢にケチャップとマスタードが盛られて来るのは好印象。自分で盛る手間が省けるし見た目も綺麗。好みで味を変えられる
  • ビールがスーパードライとハイネケンの 2 択

安かった時に行ってなければ少しは印象が違っていたかもしれないが、それでもやはりこの値段出すなら他にもいっぱいお店があるということで、正直私はもういいかな……と思ってしまった。

ARMS PICNIC ベーコンチーズバーガー

また新宿駅を通る用事があったので再訪。 やはりここは駅からのアクセスもよくランチ時間帯が安くてクレジットカードも使えて最高。

今回はあえてランチハンバーガーセットのチーズトッピングに対しベーコン (+190 円) をトッピングしてみた。 このベーコンは普通の薄いベーコンだし炭火焼きだったりもしないので若干コスパが悪いと感じた……。 普通にアボカドトッピングにチーズ追加ぐらいが良い気がする。

とはいえ、相変わらずバンズが香ばしくて美味しいハンバーガーだ。 パティが若干インパクトが薄いので肉をガッツリ食べたい場合には向かないが。

セロリ&ハニーマスタードバーガーが食べたいのだがなかなか実現しない。

URaWA BASE ダブルチーズバーガー

URaWA BASE はさいたま市にあるグルメバーガーショップである。 さいたま市役所の前にあるので分かりやすい。 また、駐車場が無いがさいたま市役所に停めることができるようだ。

日曜の 14 時過ぎに行ったのだが、何とほぼ満席状態だった。 東京の店と比べると客の入りが悪かったりするのかと思ったのだが全然そんなこともないようだ。

写真はダブルチーズバーガー 1,400 円。 ほとんどのハンバーガーのソースがバーベキューソースとトマトソースから選べるのが特徴だが、バーベキューソースをチョイス。 また、チーズもチェダーとモッツァレラが選べる。やはり王道のチェダーをチョイス。

ハンバーガーとフライドポテトの他に、写真では隠れてしまっているがコールスローが付いてくる。 これで 1,400 円は東京の感覚からすると安い。

私は基本的に強い味付けで素材の味が殺されてしまうバーベキューソースはあまり好きではないのだが、 この店のバーベキューソースは強すぎず弱すぎず絶妙な味加減で好きだ。 バーベキュー感が味わえる上にちゃんとチェダーチーズの味もする。 パティもすごく肉肉しい感じでダブルパティを食べてる感が満載で美味しい。 ただ、これ以上具材を盛ると確実に崩壊するのでダブルチーズバーガー止まりがいい気がする。

店員さんの品も良く、また行きたいと思わせてくれるお店だ。 グルメバーガー店は東京が圧倒的に多いが、私としては値段が安くて落ち着けるといった意味で郊外の店がお薦めである。

ブラザーズといえばグルメバーガー界ではファイヤーハウスと並んで古参でありグルメバーガーブームの火付け役として有名な名店と言われているようだ。 ブラザーズは人形町の店が本店なのだが新富町にもある。スペルが英語の brother's ではなく BROZERS' なので知らないと書けない。

それで今回ちょっと銀座に用事があったので新富町に寄って行ってきたというわけだ。

ロットバーガー

ブラザーズ ロットバーガー

実は人形町のブラザーズには行ったことがあるのでこれで 2 回目の来訪となる。 土曜の昼時に行ったにも関わらず席は意外と空いていた。超有名店だと思うのだが、グルメバーガー店は割と並ぶことがないので快適だ。

念願のロットバーガー (いわゆる全部入り) を注文。1,500 円。ソースはスイートチリにしてみた。

正直何か物凄い特徴を感じるバーガーというわけではないのだが、 パインの甘さの上にスイートチリソースで更に甘辛くなっているので若干甘さが強い不思議な感じになった。 スイートチリソースが食べた瞬間には辛さを感じないが食べてる間に結構口の奥が熱くなってきた。 辛いものが苦手な人は厳しいかもしれない。

何気に付け合せが多いのも嬉しいポイント。ポテトにピクルスにオニオンリングまで付いてくる。 これならグルメバーガーにあまり馴染みがない人でも 1,000 円オーバーのランチとして満足な内容なのではないか。

というわけで普通に美味しかった。近くに来た時はまた来ようと思う。

草加駅近くにある有名店

アンチェインファームといえば埼玉県の草加駅近くにあるグルメバーガーショップである。 ファイヤーハウスで修行を積んだとのことで、ハンバーガーのテイストもそれに近いものになっているのが特長。

いわゆる全部盛りであるブギーバーガーやダブルチーズバーガー、アボカドチーズバーガーなどの定番どころ、そしてテックスメックスバーガーや明太クリームバーガーなどの変わりどころも抑えている。

あまり席数が多くない店だが、土日行く感じでも並んだことはない。 まぁ、グルメバーガーの店で並ぶというのがかなりレアな体験ではあるが……。

印象がイマイチ良くない点として、いつも常連の人が居座っており店員さんとタメ口で喋っていたりするところが挙げられる。 仲良くなるのはいいのだが、カウンターに陣取って常に喋っているような状態だとどうも居辛い。

ダブルチーズバーガー

アンチェインファーム ダブルチーズバーガー

そんなわけでダブルチーズバーガー。パティが 2 枚にチェダーチーズが 3 枚入っているらしい。 1,450 円と東京で食べるより遥かに安い。 ポテトと写真では隠れているがピクルスが 1 本ついてくる。 手前のケチャップで顔文字が書いてあるのがこの店の特長だ。

まぁ普通にファイヤーハウスの味をイメージしてもらえば大体合っていると思われる。普通に美味しい。 ビールもハートランドにサミュエルアダムスと揃っており、カクテル類も豊富なのが嬉しいポイント。

草加に用事がある事はなかなか無いと思うが、近くに来た際には割とお薦めなお店となっている。

代々木公園の ARMS の新宿ルミネ支店

ARMS といえば代々木公園近くの店内犬 OK のグルメバーガーショップである。 私も以前一度行ったことがあるのだが、犬が普通に店内にいてドキッとした。 が、吠えるようなことはなく行儀よくしている犬ばかりだったが。

そんな ARMS なのだが、少し行きにくい位置にある。 小田急線で代々木八幡駅に行くか千代田線で代々木公園駅に行ってそこから歩く必要があり、普段そちらに用事がある人でないと行きにくい。 しかし新宿ルミネにも支店があるという事で、私はそちらを愛用している。

ランチセットが非常にリーズナブル

ARMS PICNIC アボカドチーズバーガー

グルメバーガーをランチで食べると最低でも 1,000 円かかるのはザラだが、 ここのランチセットは非常にリーズナブルで 1 つトッピングを加えたハンバーガー (チーズ、アボカド、照り焼き、フィレオフィッシュの中から選択) とポテト、そしてドリンク付きで何と 860 円 (税抜) である。これは安い……。

私はそれにチーズトッピングをしてアボカドチーズバーガーにしてみたがそれでも 1,000 円 (税抜) である。 グルメバーガーを食べない人から見ると 1,000 円は高いと思ってしまうかもしれないが、これは相場から見るとかなり安い。

しかもグルメバーガーショップでは珍しくクレジットカードが使えるし Suica も使える。 これは嬉しいポイント。

さて、安いとはいえ、味はしっかりと ARMS のハンバーガーで、 バンズが香ばしい。ハンバーガーは若干小ぶりでトッピングが少ないとボリューム感に欠けるかもしれない。 そういう人はトッピングを追加して対応すれば良いだろう。 パティの主張もあまり無いので、肉をガッツリ食べたいのであれば肉をダブルにするか、他の店を検討するのが良い。

会社の近くにあったら毎日のように通いたいというか、モス並の値段でこのクオリティは驚異的だと思う。

ただ、ランチタイムでない場合は普通の値段なので少し価格は上がるようだ。 今度はランチ以外の時間帯にセロリ&ハニーマスタードソースバーガーを食べてみたい。

シェイクツリーといえば食べログのハンバーガーで常に上位に入ってくるかなりの有名店で、 実は私は以前 1 回行ったことがあるのだが、今回スカイツリーに行ったついでに再訪してみた。

アボカドチーズバーガーセット 1,300 円

シェイクツリー アボカドチーズバーガー

ランチ時間に行ったので割とベーシックなメニューしかなかった代わりにそこそこ安かった。 アボカドチーズバーガーセット 1,300 円。ポテトとドリンク付き。

ここのハンバーガーはあまり大きくないのだが、今更どうこう言う必要がない位完成度が高い。 バンズが香ばしい。食べていて安心する感じだ。 とはいえ、この店には凝ったハンバーガーが幾つかあるので、そちらも食べてみたかった。それは夜か祝日に行かないと駄目なのか。

この店はカクテルも非常に凝っており、妻はミリッサ (パッションフルーツ、ライチ、グレープフルーツ、パイナップル) を頼んだのだがとても美味しかった。 私は本日のビールを頼んだのだが、本日のビールがレーベンブロイだったので意外と普通だった……。もう少し凝ったのが良かった。

地味にポテトやピクルスも美味しい

個人的にイマイチな店はサイドメニューの手抜きにそれが出ると思っているが、シェイクツリーのポテトはとても美味しい。 アンチェインファームもこういうテイストのポテトだった気がするが、若干太めの「芋感」を感じるポテト。揚げ加減も絶妙。 こういう店だとサイドメニューも食べたくなるから困ったものだ。

本日で渋谷とサヨナラするので思い残していたマッドバーガー再訪を果たした。 12 時過ぎに来たので店内は前来た時よりは人が入っていた。やはり周りで働いている会社員が多いのか。

ランチメニューのベーコンチーズバーガー。1,400 円。 今回はチーズがちゃんとチェダーであることを確認した。

食べてみたが、ベーコンは流石に値段がそれなりにするだけあって分厚くて美味しいベーコンなのだが、 やはり全体的な印象としてマッドバーガー行田店のものとはかなり異なる印象を持ってしまった。 特にバンズ。パティも多分違う。同じなのは食べた後にバーガー袋に残る肉汁とソースのみ。

やはりこれだと個人的には Reg-On Diner のアボカドチーズを食べに行ってしまう。 なんか印象に残らないバーガーというか、そこまでの質の高さを感じない。少なくともこの内容で 1,400 円は高い気がする。

初めて知った時は「あの味がまさか渋谷で食べられるとは」とウキウキしたが、 食べた結果、正直な印象としてがっかりしてしまった。

SHAKE SHACK (シェイクシャック) といえばニューヨーク発のグルメバーガーチェーン店で外苑前に日本初上陸した店である。 開店が去年の 11 月 13 日だそうで、やっと 2 ヶ月たったところ。 滅茶苦茶混んでいるらしかったので、一回行ってみたかったけれどもどうも並ぶのが嫌でずっと機会を伺っていた。

そして今日、たまたま出向先の意向により早上がりすることができたので、帰りに寄ってみた、という話である。

平日 15:00 にもかかわらず滅茶苦茶混んでいた

行ったのは今日の 15:00 頃。にも関わらずレジ待ちしている人が 30 人ほど。 グルメバーガーの店は数多く行ったが、こんな時間帯にこんなに並んだのは初だ。 並んでいるうちに店員からメニューを手渡され、以下のものをチョイスした:

  • SHACK BURGER DOUBLE (ダブルシャックバーガー): 980 YEN
  • FRIES SMALL (フライドポテト小): 280 YEN
  • SHACK MEISTER ALE DRAUGHT 18 OZ (シャックマイスターエールドラフト): 830 YEN

ダブルパティのチーズバーガーが 980 円か!安いな!……と思っていたら、実は全て税抜き価格で実際は1,060 円ほどだった。それでも安いが。 グルメバーガーの店はなぜかクレジットカード決済ができない店が多いが、この店はカードで決済できた。

肉肉しくて美味い、美味いが

SHAKE SHACK ダブルシャックバーガー

客席も平日 15:00 だというのにすべて埋まっており、わずかに空いているかもしれない席を探すのが面倒くさくなり入り口近くの立ち食い用のカウンターを使用。 ビールがカップに入っているが並々と零れそうなくらいに入っているので運ぶのにちょっと気を遣った。

ハンバーガーはバンズがかなり小さめでパティがかなり大きめな感じでバンズからはみ出している。 かぶりつくとゴロゴロとした肉の固まりを食べている感じがする。 美味い。確かに美味いし、しっかりと個性も出ている気がする。 もう野菜とかバンズとのハーモニーがどうのというよりも肉を食うためのハンバーガーだと思った。 若干肉が脂っぽいというか、バーガー袋にも油が染み付いている。こういうのはジャンクっぽいテイストだが個人的には嫌いではない。

ギザギザポテトも歯ごたえが気持ちよくて美味しかった。 ビールはシェイクシャック向けにカスタマイズされている?ようだが、普通のブルックリンラガーの味のように思えた。

ただやっぱり難点は店の混み具合だったり、若干客層が若年向けになっているところだろう。 大学生がかなり多いように見受けられたし、マナーがあまり良いとは言えない外国人も多い。 いい年した大人が落ち着いて食べるところかと聞かれるとちょっと辛い気がする。 どちらにしても混みすぎる。多分グルメバーガーを普段食べない層 (マックやモスに行く層) も来ており、その美味しさに感激して何度も来ているのだろう。勝手な想像だが。

これで休日やランチタイムに行ったらどれだけ大混雑しているのか。 ちょっと興味があるが、少なくとも他の店舗が出来て暫く経ってほとぼりが冷めてからでないと好んでは行きたくないお店という事になった。 今回仕方なく並んだが、私は並ぶのが大嫌いだからだ。

Reg-On Diner ABC バーガー

なんか立て続けにグルメバーガーで散財しているようだが、 今渋谷に出向中なので丁度そこそこ近くて食べにこれる状態なので来てみた。

Reg-On Diner はグルメバーガーファンなら誰でも知っているほどの有名店で BROZERS' 系列らしい。 駅から結構遠いのが難点で、ランチ時間帯であってもそこそこお客さんは入っているが並んで待つような事になったことはない。

写真は ABC バーガー。Reg-On Diner 看板メニューだがランチメニューには載っていない。注文はできる。 Reg-On のハンバーガーは味付けが控えめなのでトッピングを追加すればするほど味わいがゴージャスになる。 ABC バーガーなどその恩恵を多分に受けているハンバーガーだろう。

勿論チリソースを使ったハンバーガーや、種類によってはバーベキューソースを使用していたりするのでそちらも楽しめる。 バーベキューソースといっても割と控えめな感じで好みが分かれる気もするが。個人的には控えめのほうが良いと思う。

総括して、これといってものすごい特徴があるわけでもないのだが全体的に完成度が高いハンバーガーという印象。

今年初雪らしいが

3 連休明けの仕事は憂鬱だ。しかも風邪がなかなか治らないときている。

東京都心で初雪らしい。雨かと思ったが雪だったのか。 そこまでものすごく寒い気もしなかったが、これは歳のせいで寒さに鈍くなってしまったのだろうか。

クアアイナ 厚切りチェダーチーズバーガー

クアアイナ 厚切りチェダーチーズバーガー

写真はクアアイナの限定商品である厚切りチェダーチーズバーガー。 列に並んでいると注文するお客さんが結構多い。 普通のチーズバーガーと値段があまり変わらないのにチーズが目に見えて増量されるのがポイントなのだろう。

クアアイナの特徴はこのパサついたバンズとパティで、初めて食べた時はそんなに美味いとも思わなかったが やはりグルメバーガーを名乗るだけのクオリティと品格を備えていると感じた。 チェーン店で気軽に食べられるのはやはりいい。コナビールも置いてあるし。

昔行ったマッドバーガー本店の ABC バーガー

マッドバーガーとは埼玉県行田市に存在するグルメバーガー店の中でもちょっと値段が高めだが、値段に見合った質のバーガーを提供する店という印象だった。右の写真がそのマッドバーガーに行った時の写真。 ABC バーガー 1,600 円。値段は高めだがアボカドはたっぷり入っておりパティは肉肉しく、バンズは特徴的なもの。とっても美味しかった。

なんと、その支店が渋谷駅近くにあるらしいとネットで出てきた。なので早速行ってみたという話を書く。 後述するが、本店と同じものを出しているわけではないようなので参考画像として右の写真を載せておく。

マッドバーガーはフランチャイズ店を募集しているらしく、その第一号店という事なのだろうか。 個人的にはチェーンになると味が落ちるので宜しくない……とどうしても思ってしまうが。

グルメバーガー店の平日ランチ

ラーメン屋などと違い、グルメバーガー店はかなり有名な店であっても、 平日ランチだと店内に入れなくて並ぶなどというケースがあまりない (知るかぎりだと Fellows に関しては平日ランチであってもかなり並ぶ)。 このマッドバーガー渋谷店も並ばずに入ることができた。むしろ店内は結構広いにもかかわらずガラガラだった (念の為書いておくが、来訪したのは 12 時台の忙しい時間帯)。

マッドバーガー本店はいかにもな田舎の小洒落たカフェ風だが、 こちらの店舗はナチュラル系な木を基調とした小綺麗な感じにまとまっていた。 店内は近くにある Reg-On Diner やウーピーゴールドバーガーなどと比べるとかなり広い。

ランチメニューを眺めてみると、プレーンなハンバーガーが 1,080 円なのに対しチーズバーガーが 1,200 円、 アボカドチーズバーガーが 1,300 円とトッピングした分がかなり安く設定されている。 右下の方に単体のトッピングの値段が書いてあるが、それはかなり高めに設定されている。

ランチだけなのかわからないが、付け合わせがポテトかサラダが選べる。 サラダはコブドレッシングかシーザーかが選べる。

とりあえずアボカドチーズバーガー (サラダ) を頼んでみた。

印象

マッドバーガー

写真左のハンバーガーの食べ方を示す札はマッドバーガー本店にもあるもので、 肉汁がバーガー袋に貯まるほどジューシーなバーガーというのがマッドバーガー本店からの印象であった。

食べてみた。ん?チーズの味が……?と思ったら、チェダーでなくモッツァレラだった。 好みの問題かもしれないが、やはりハンバーガーに合わせるチーズといえばチェダーを想像するので、 クアアイナみたいに「アボカドモッツァレラチーズバーガー」などと料理名に加えないのであればチェダーになっているのが良い気がする。 それかチェダーかモッツァレラが選択できるのが良い。

あと、ランチメニューだからなのかもしれないがアボカドがちょっと少なくてアボカドの風味があまり感じられなかった。 これも残念だった。

マッドバーガー行田本店は胡椒の風味が強いバーガー (しかもそれが心地よい) ように感じたが、 こちらは味付けがちょっと塩気が強いように感じた。 バンズが香ばしくて悪くないが本店のものと明らかに違って割と普通なタイプなのも気になる。 正直な感想として「本店よりは落ちるし近くに Reg-On Diner やウーピーゴールドバーガーがあるので辛いのでは」といったところ。 しかも本店よろしくランチメニューでないと値段が高い。

「食べ終わる頃にはバーガー袋に肉汁が貯まるほどジューシー」というのはちゃんと踏襲されていた。 まぁこれがなかったら看板に偽りありということになるが。 しかし個人的にはこれはあまり重要視していない。袋に残った肉汁を啜るといった行為があまり上品と思えないからだが。

アボカドチーズのチーズがモッツァレラチーズという誤算があったので単純に選択ミスかもしれない。後日また来訪する。