<<
<
2017 年 11 月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

2016/1/1 から日記を書いています。
今まで 687 件の日記を書きました。

この日記で公開されている写真は 302 枚です。
良かったらギャラリーもご覧になってください。

昨日から左手の指が痛くてタイピングができなくなった。 こうやって普通に打つ時も少し左手を守りながら打っている状態で遅い。 月配列 K は少し左手を酷使する配列になってしまっている、というのを実感した。 しかし、本来打鍵数が少なくなる月配列を使うメリットは指の負担が軽くなることのはずなのに、これでは本末転倒だ……。 ちなみに JIS かなを使用していた時はある程度速くなってきた段階で右手小指が痛くて仕方がなかった。 今回は部位が違うだけで結局同じことに悩まされている。

以前も腱鞘炎に苦しんで休んだことがあったが、そんなに凄い練習回数をこなしたわけでもないのにこうなることに愕然とする。 趣味はあくまでプライベートの充実を図るためのものであって、仕事に影響が出てしまうようではまずい。 そもそもタイピングを辞めれば指が痛くなるようなことはなくなると思うが、身体がついてこないからその趣味を辞める、というのが凄く寂しい。 私がスマホを含めたゲームの類をほとんどしない (静止画の麻雀や将棋は別) のは目が疲れて仕事に支障が出るからだが、それと同じ扱いになってしまうのだろうか……。

ここ 2, 3 年は朝 5 時から 6 時の間に起床するようにしている。 この歳になってくると割と苦もなく起きられるものだが、寒くなってくると少し辛いのも確かだ。 早起きして会社に行って早く帰る。 夕食も早く食べることができるようになるし、生活のリズムが良くなる。

朝早くに薄暗い中駅まで歩く道がひんやりと涼しくて気持ちが引き締まるような気がする。 代わり映えしない毎日かもしれないが、今日もできることをやっていきたいところだ。

11 月も中盤ということで割と涼しい日が続くが、そんなに寒くもなく過ごしやすいといえる。 バイクに乗ってみたが、街乗りでは冬の装備でなくてもまだいける感じだ。 あと 1 ヶ月も経てばまた違ってくるのかもしれないが、今週末こそツーリングに行きたいところだ……。

先週は仕事がとても忙しかったのだが、通常営業に戻りやっと疲れは取れてきた。 やはりある程度生活に余裕が無いと趣味どころではない。 この日記も同様だ。

忙しかったのもあって英語の勉強を放置していた。 少しずつ復活させていきたいが、物事を継続することの難しさを感じる。 特に仕事で必要とされているわけでもないので、そんなに気負わずに少しずつ進んでいけたらいいと思う。

昔対応した問題だったのだが、最近再度同じようなアプリを作成した時に忘れていてハマったので備忘を残しておく。

Google Maps Android API v2 で長時間同じ地図画面で待ち受けるようなアプリを作成する場合、地図を長時間触っていると StackOverflowError で落ちる場合がある。 これが地図を拡大したりちょっとスクロールした際に突然落ちるのでプロダクションでこれが起きてしまうと「このアプリは地図をちょっと触っているだけで落ちる」という散々な評価をいただくことになるし、長時間触っていないと再現しないという関係上開発時に気づかないことが多い。 例えば以下のようなスタックトレースが吐かれる:

java.lang.StackOverflowError: at com.google.maps.api.android.lib6.gmm6.util.e.b(:com.google.android.gms.DynamiteModulesB@11746036:22)
at com.google.maps.api.android.lib6.gmm6.store.cache.s.a(:com.google.android.gms.DynamiteModulesB@11746036:8)
at com.google.maps.api.android.lib6.gmm6.store.n.a(:com.google.android.gms.DynamiteModulesB@11746036:49)
at com.google.maps.api.android.lib6.gmm6.indoor.o.a(:com.google.android.gms.DynamiteModulesB@11746036:80)
at com.google.maps.api.android.lib6.gmm6.indoor.o.a(:com.google.android.gms.DynamiteModulesB@11746036:70)
...

これは Google Maps Android API v2 の「インドア表示」で起こる。 ほとんどの要件ではインドア表示など不要だと思われるので、以下のように設定で OFF にすれば起きなくなるので地図を使用する画面では機械的に以下を入れてしまっていいのではないかと思う:

mapFragment.getMapAsync { it.isIndoorEnabled = false }  // インドア表示 OFF
mapFragment.getMapAsync { it.uiSettings.isTiltGesturesEnabled = false }  // チルト操作 (傾けて地図を 3D 表示) OFF

2 番目の「チルト操作 OFF」も可能であれば設定した方がいい。 確かこれも ON にしていると OutOfMemoryError で落ちることがあった気がした (確証とれず)。

ちなみに OutOfMemoryError で落ちる件に関しては Stack Overflow に書かれている通り AndroidManifest.xmllargeHeap = true を宣言するなり適切なタイミングで System.gc()GoogleMap.clear() を呼ぶ必要が出てくるだろう。

そろそろ 4K ディスプレイも安くなってきたということで今回自宅用に購入してみた。 写真や動画を見ている分にはあまり違いがわからないのだが文字はすごく綺麗に見えるようになるので、私のようにプログラミングコードや文章を打つような人には効果が高いと言える。 今回は LG の 4K ディスプレイである 24UD58-B を購入。 現在 33,000 円前後で買うことができる。

ディスプレイの外観はまあ値段なりといったところだと思う。 高級感もなければすごくチープという感じもしないが、今時の製品らしくベゼル幅が狭いのは好印象。 Windows の画面を映してみるとやはり綺麗……だが、正直 Mac には劣る。 まあそれは macOS のフォント (ヒラギノ) とアンチエイリアス技術が優れているからであってこのディスプレイのせいではない。 今年の Windows 10 Creators Update で古い Windows アプリケーションも高 DPI 表示が可能になった。 そのやり方はアプリケーションのプロパティから個別に設定するというものでIT スキル習得サイト PC まなぶがとても参考になった。 これでタイプウェルなどがとても綺麗に表示できる。

ちなみに 4K 表示で 60Hz 表示する場合はグラフィックボードと合わせた条件がある。 公式サイトの下部に書いてあるのだが GeForce の上位機種でない場合 DisplayPort で接続しないと 60Hz にならない。 その為私はこのディスプレイに合わせて DisplayPort - USB Type-C ケーブルを別途購入しノート PC の USB Type-C 端子に繋いで使用している。 そして言うまでもないが PC のグラフィックボードがそもそも 4K 出力に対応していない場合 4K 表示さえもできないので、ちゃんと事前に調べてから購入する必要がある。

いろいろ書いたが、コストパフォーマンスはとても優れている。 ただ PC の性能が低い場合は描画が少しもっさりするような場面もあるので注意が必要だろう。

休出中。 先が見えない……。

仕事に集中。

忙しい。

仕事が忙しいかやる気が無い、体調が悪い時は余裕が無いので日記が短くなり、その逆の時は日記が長くなる。 なかなかうまくいかないが、余裕がある人生を送りたいものだ。

今回の期間限定メニューはネット上の情報でとても評判がいいというのを事前に見ていたので割と気になっていた商品だった。 「3 重のチーズ」が使用されているのがウリらしい。 注文してみたがスライスチーズとチーズのソースの 2 種しか確認できない……と思い Web サイトで確認してみると、バンズも専用の粉チーズがかかっているバンズでそれがカウントされているらしかった。

単品 490 円とかなり強気な価格設定。 ただ商品を見てみるといつものマックのハンバーガーの大きさでアメリカンらしさはない。 一回り大きい方が良かった、と思ったのだが、一般的なお客さんの期待しているサイズはこのサイズだと思うので価格との兼ね合いでなかなか難しいのだろう。 単品 600 円以上とかいうことになったら「高すぎる」ということで逆に叩かれてしまう可能性がある。

食べてみるとびっくりしたことに「広告に偽りなし」とでもいうべきかかなりのチーズ感があった。 専用のバンズの味わいもいつものマクドナルドのものとは思えないくらいとても良い。 パティもいつもの薄いものではなくクォーターパウンダーのものでしっかりしている。 チーズのソースはペッパーが効いていてよく出来ている。

グルメバーガーに比べると野菜が圧倒的に弱いのが難点ではある。 まあこれはいつものビッグマックのようなレタスの切れ端が適当に入っている感じだが、これはさすがに改善されないだろうか。

マクドナルドのいつもの期間限定メニューの感じからしてみると「当たり」だと思った。

休日引きこもっていたからか、仕事を始めてもどうも目が疲れる。 後頭部のあたりが痛むのでいつもの眼精疲労のようだ。 こうなってくると何もやる気がしなくなるので早く寝てしまった。

引きこもっていたと言ってもゲームは MJ モバイルと将棋ウォーズといった静止画が主なものしかやっていないので酷使しているわけではないのだが……。 最早身体的な条件により普通のゲームはできなくなってしまったと言えそうだ。

上海蟹

連休最終日

連休最終日で天気も悪くないが、初日に出かけて結構疲れたので今日はあえて家でゆっくりすることにした。 いつも通り MJ モバイル、将棋ウォーズ、タイピング、英語の勉強、掃除などをして過ごす。

昼食は自宅近くのラーメン屋とした。 一旦スープの味が落ちたな、と思ってからしばらく行っていなかったのだが、最近また行ったら以前の味が戻っていたのでまた定期的に行くようになった店だ。 やはり地元にある店は贔屓にしたい。 夕食は上海蟹の蒸したものとコーンシチューにでもしようかと思う。

今回の三連休が今年最後らしい。 平日でも時間が経つのが早いが休日だと更に早い。

上海蟹

妻が知り合いから上海蟹を 5 杯頂いてきた。 新鮮な上海蟹でまだ足が動いていた。 鍋もいいが素材の良さを味わうならやはり蒸し蟹だろうということで、ありがたく蒸して食べることにした。

私は上海蟹を食べるのは 10 年以上ぶりだ。 久々に食べてみるとクリーミーで特徴的なカニ味噌がとても美味しいと感じた。 ただ、やはり足の部分は細めなので食べられるところは少なく、若干食べるのが面倒な部分はあった……。 とはいえ高級食材なのでありがたいという気持ちのほうが強かったが。

また次に食べる時はやはり 10 年後などになるかもしれない。

URaWA BASE ABC バーガー

首都圏ツーリングプランの範囲内なので今日も出かけようと思ったのだが、何となく面倒くさくなったので普通にグルメバーガーを食べに出掛けた。 グルメバーガーを食べると大体 Blog に記録をつけているので前行った日を調べてみたが、1 年 1 ヶ月ぶりだった。

今日 12:30 頃行ってみたらお店が閉まっており「開店は 13:00 からです」と張り紙がされていた。 何か都合がわるいのかな、どうしようか、と店の前で考えあぐねていると店員さんが通りかかり「申し訳ありません、本日のみ 13:00 開店となってしまいまして」とくる。 まぁちょっと時間を潰せばいいだろう、ということで周辺を軽く散歩してまた戻ってきたところで入ることができた。

「先ほど来ていただいたのにご入店いただけなかったことのお詫びです」とドリンクバーを無料で提供していただいた。 店員さんの細やかな配慮にただ感謝した。 (そもそもこれ書いていいのだろうか……来店される際にはそういうのを期待されないようにお願いいたします)

私は写真の ABC バーガーを選択した。 感想は前々回と一緒である。 ただ、バイクで行ったのでビールを頼むことはできない。 店の前のスペースがそんなに広いわけではないので店の前に停めるのは憚られるが、一応浦和区役所が開いている時間はそちらに停めることはできるようだ。

次に行くのもまた 1 年後とかになるかもしれないが、相変わらずまた行きたいと思わせてくれるお店だった。

日光方面に行くことにした

栃木県道 245 号線

最近秩父や佐野・鹿沼方面ばかり行っていて正直ネタ切れ気味になってきたのだが、そこより遠くに行こうとすると泊まりでないと厳しい。 そして泊まりは楽しいのだがお金がかかるのでそんなに頻繁にはやりたくない……。 ということで、今回は悩んだ末首都圏ツーリングプランを使用し日光方面に行くことにした。 まだバイクで川俣方面に行ったことはなかったからだ。

本日は朝早く起きることが出来たのでそのまま出かけたのだが、朝早くだと真冬の装備をしていてもさすがに寒かった……。 何とか日が出るまで高速の PA 上で我慢して、首都圏ツーリングプランの適用範囲内の宇都宮 IC まで来て降りて下道とした。 栃木県道 245 号と 169 号のどちらでアプローチするか迷ったのだが、今回は近い 245 号の方をチョイス。 割と悪路だったがそれなりに車は通っていた。 紅葉目当ての車かと思いきや、作業車が多かったので地元の人だと思われる。

11 月上旬ということで紅葉シーズン真っ最中、写真の通り最高の紅葉を見ることが出来た。 バイクで行くと自然と一体になった感覚になるので、まさに紅葉を肌で感じながら走った感じだ。 この国道 245 号線は紅葉の美しいポイントも多くとても満足した。 次回は霧降高原側を走ってみたい。

終点に「大笹牧場」があってレストハウスがあったので入っていったのだが、朝早すぎたのか「まだ開店してませんよ」と怒られてしまった。 そういえば自動ドアが動いていなかったと思ったらそういう意味だったのか……。 確かに自動ドアを手で開けて入った自分も悪いが、入り口に「準備中」とか看板を掲げて欲しかった。 割と広めな売店とレストランがあるようだったが、開店を待ってられないので小休止してそのまま出発した。

川俣ダム

川俣ダム

予定通り川俣方面に向かった。 川俣は行き止まりなので往復するということになり割と時間ロスするが今回だけと思い頑張った。 程なくして見えたのが写真の「川俣湖」でそこに付随しているのが川俣ダムだった。 ここのダムも内覧できる展示室のようなものがあり、そこを通り抜けた先でダムの上を歩くことが出来た。 景色はいいがわりと断崖絶壁になっており高所恐怖症の私にはちょっとキツかった。 ダムの上にベンチがあったので、ちょうど近くにあった自動販売機で飲み物を買って小休止した。 こういう配慮はありがたい。

ダムの上から写真を撮ってみたが、紅葉が水面に映った感じがとても美しい。 ここの水面は緑がかった感じだった。

瀬戸合峡吊橋への遊歩道というのも付いていたのでそちらもついでに行ってみたのだが、割と階段の段数が多くて疲れた。 そして、吊橋があるのはいいのだが吊橋を渡った先が行き止まりで何もない……。 ちょっと何の意味があるのかよく分からなかった。

祝日だったがダムカードを貰うこともできた。 管理事務所に行きインターホンを鳴らして必要枚数を言うと持ってきてくれる。 表示があちこちに出ていたので分かりやすかった。

那須に行くのは止めた

川俣湖を後にしてそのままどんどん奥に進んでいくと終点に近づいてきて「こまゆみの里」が見えた。 ここは子どもの頃に宿泊したことがあるのだが、ここまでの道のりが幅員が狭い道ばかりで車だととても難儀しそうだった。 当時はよく来たものだなと感心した。

そのまま更に奥まで進んでいくと奥鬼怒温泉郷の表示が見え、一般車両進入禁止の看板が見えた。 警備員も立っており監視していた。 この先に 4 つの旅館があり、そこまではバスでの送迎がある旅館もあるが無い旅館もあるらしかった。 本物の「秘境温泉」が味わえるのだろう。 確かに達成感はあるだろうが自分としてはそこまでの魅力は感じなかったので今後行くかどうかは微妙なところだ。

実はこの後那須の方まで走っていこうと思っていたのだが、朝早く起きたのもあり疲れたのでそのまま宇都宮 IC まで直行し帰ってしまった。 ちょうど紅葉のシーズンなので那須の観光道路を登っていくとひどい渋滞に巻き込まれてしまうのも恐れてのことだった。

妻が Android スマートフォンに替えたということで Google Play ファミリーライブラリを通して私が過去に購入した多くのアプリを妻も無条件で使えるようになった。 というわけで早速ドラクエ 4 を遊んでいるようだが、度々「ここどうやるの?」と聞かれるのでその度に一切ネットで攻略情報を調べることなく答えている。 よく考えたらこれは凄いことだ。 何しろ全部のストーリーと謎解き方法、レベル上げポイントはどことか、武器防具は何を買うといいかとか子どもの時から記憶しているのだから。 特にドラクエ 1 から 5 あたりは何度もやったので完全に記憶に定着しており、何を聞かれてもほぼ答えることができる。

それだけ当時の子どもたちにとって「ドラゴンクエスト」というのは話題の中心にあったということだ。 私はドラクエ 4 を購入するのにおもちゃ屋で 1 時間半並んだというのを未だに記憶している。 ドラクエ 4 の「8 逃げ」や「838861」、ドラクエ 3 の「防御攻撃」や「ゾーマにベホマ」など、やはり覚えている……のは凄い。 学校の勉強などかなりの部分忘れてしまっているというのに……。 やはり自分が夢中になったことというのは記憶の定着のレベルという観点でも次元が違うな、と感じた。

先日書いた通り 10 インチタブレットである MediaPad M3 Lite 10 のカバーを風呂蓋型のものから普通のシリコン型に変えた。 やはりこちらの方が電車内での取り扱い時に身軽で便利だ。 ただ、風呂蓋型のカバーは蓋を三角に折りたたんでスタンドとして使えるという利点があった。 そこでシリコン型のカバーであったとしても外付けのタブレット用のスタンドを使用して立てて使用することにした。

Anker コンパクトマルチアングルスタンドを購入。 このスタンドは何段階かの角度調整をすることができる。 シンプルな作りながら機能的に必要十分で全く問題ない。 むしろ風呂蓋型のカバーに対して明らかに勝っていると思った部分は横だけでなく縦向きでスタンドに立てて使うことができることだ。 これは将棋ウォーズやドラクエなどの縦画面固定のアプリをスタンドに立てて遊びたい時に重宝しそうだ。

自宅と会社で持ち運んで使ってもいいのだが、価格も安いので 2 台持ちしてそれぞれに常備してもいいだろう。 次の楽天でもう 1 台買い足すつもりだ。