出現率が非常に高いので自分が指さなくても知っておかねばならないディフェンス

そろそろシシリアン・ディフェンス (Sicilian Defense) を指しこなしたいということで練習している。 組み慣れていないせいだと思うが、どうも組み上げている間に白がどんどん攻めてくるような感じがして落ち着かないオープニングだ。 名前が格好いいから、というどうでもいい理由でシシリアン・ディフェンスの中の「ドラゴンバリエーション」を練習しているが、「ナイドルフバリエーション」も有力そうだ。 とりあえずこの 2 つを練習しておけばいいだろう。

下図はそんな私の対局の中の局面だ。 白がクイーンを d2 から h6 と動かしてキングに圧力をかけてきた局面。 ここでどう指すか。 図のすぐ下に答えを書いたので、解く場合は見ないように注意していただきたい。

意外にもクイーンを捕獲できることがある

正解は Bf5 とビショップを左斜め前に動かす手だ。 何とこれでクイーンが詰んでいる。 最近タクティクスで「チェックメイトするのとかと思いきやクイーンを詰める問題」が何度もうまく解けずに悔しい思いをしていたが、これでその鬱憤を晴らす格好となった。 クイーンは将棋の飛車と角双方の動きをするという超強力な駒なので、将棋の感覚を持っていると「まさか捕まえられないだろう」と思っているので逆に良くない部分があった。 将棋では飛車角ならともかく、成った龍や馬を詰めるのは相当難しいからだ。 チェスの場合は上図のようにまだ駒がそんなに減っていない状態からなら、このように無策に突っ込んできた場合に捕獲することができる場合があるようだ。

この後クイーンとルークの交換となり、この試合はこの後駒得を生かして無事に勝ち切ることができた。 もっとよく練習したい。

今日のラピッド

初めてドローとなった。 割と押しているように見えたのだが後で解析にかけてみたらどうもそうでもなかったようだ。 ドローになる手順に関しては全く頭になく抜け出る方法も考えつかなかった。 前述のクイーン捕獲もそうだが、クイーンを突っ込ませるのは少し注意したほうがいいと思った。


5... いきなり Nc6 とすると d5 でマズそうなので足がかりを作る上にビショップの道を開ける e6
6... と思ったらこの Nc6 は悪手らしい。検討してみると Nb5 で次のフォークを受けるために Qb6 として小競り合いして相手が駒得できるようだ
8... 相手の待望のディスカバードアタックで今度こそ Qb6 とする
9... 相手の Nf7 フォークがミエミエなので何で守ろうかと考えてビショップにしたがどうもこれが緩手で Nh6 の方が勝るようだ。なるほど確かに駒の展開を進める (同じ駒を何度も動かさない) にはそちらの方が良さそうだ
10... 相手陣に隙があるのでポーンを取りに行ったがどうも悪手らしい。h6 とナイトを追うのが良い
11... 相手としてはどうしても Nf7 の地点を狙いたいようなので更にルークで守ったがこれも緩手で普通に Bxd3 とした方が良かったらしい。言われてみれば確かにという感じだ
12... 更にポーンを取ってやろうという Bxa3 も悪手で Nf6 とナイトの展開を進めるのが正着らしい。更にこのビショップの位置のせいで次のドローの手順に持ち込まれた
13... Qc3 とすると Bd2 で更にマズくなるので Qa2 しかない
14... Qb2 しかない。以下ループ。ちなみに解析によると実はこの時点で相手有利な上こちらは黒番なのでドローでもそれほどの損はないか