昔行ったマッドバーガー本店の ABC バーガー

マッドバーガーとは埼玉県行田市に存在するグルメバーガー店の中でもちょっと値段が高めだが、値段に見合った質のバーガーを提供する店という印象だった。右の写真がそのマッドバーガーに行った時の写真。 ABC バーガー 1,600 円。値段は高めだがアボカドはたっぷり入っておりパティは肉肉しく、バンズは特徴的なもの。とっても美味しかった。

なんと、その支店が渋谷駅近くにあるらしいとネットで出てきた。なので早速行ってみたという話を書く。 後述するが、本店と同じものを出しているわけではないようなので参考画像として右の写真を載せておく。

マッドバーガーはフランチャイズ店を募集しているらしく、その第一号店という事なのだろうか。 個人的にはチェーンになると味が落ちるので宜しくない……とどうしても思ってしまうが。

グルメバーガー店の平日ランチ

マッドバーガー 渋谷店のランチメニュー

ラーメン屋などと違い、グルメバーガー店はかなり有名な店であっても、 平日ランチだと店内に入れなくて並ぶなどというケースがあまりない (知るかぎりだと Fellows に関しては平日ランチであってもかなり並ぶ)。 このマッドバーガー渋谷店も並ばずに入ることができた。むしろ店内は結構広いにもかかわらずガラガラだった (念の為書いておくが、来訪したのは 12 時台の忙しい時間帯)。

マッドバーガー本店はいかにもな田舎の小洒落たカフェ風だが、 こちらの店舗はナチュラル系な木を基調とした小綺麗な感じにまとまっていた。 店内は近くにある Reg-On Diner やウーピーゴールドバーガーなどと比べるとかなり広い。

ランチメニューを眺めてみると、プレーンなハンバーガーが 1,080 円なのに対しチーズバーガーが 1,200 円、 アボカドチーズバーガーが 1,300 円とトッピングした分がかなり安く設定されている。 右下の方に単体のトッピングの値段が書いてあるが、それはかなり高めに設定されている。

ランチだけなのかわからないが、付け合わせがポテトかサラダが選べる。 サラダはコブドレッシングかシーザーかが選べる。

とりあえずアボカドチーズバーガー (サラダ) を頼んでみた。

印象

マッドバーガー

写真左のハンバーガーの食べ方を示す札はマッドバーガー本店にもあるもので、 肉汁がバーガー袋に貯まるほどジューシーなバーガーというのがマッドバーガー本店からの印象であった。

食べてみた。ん?チーズの味が……?と思ったら、チェダーでなくモッツァレラだった。 好みの問題かもしれないが、やはりハンバーガーに合わせるチーズといえばチェダーを想像するので、 クアアイナみたいに「アボカドモッツァレラチーズバーガー」などと料理名に加えないのであればチェダーになっているのが良い気がする。 それかチェダーかモッツァレラが選択できるのが良い。

あと、ランチメニューだからなのかもしれないがアボカドがちょっと少なくてアボカドの風味があまり感じられなかった。 これも残念だった。

マッドバーガー行田本店は胡椒の風味が強いバーガー (しかもそれが心地よい) ように感じたが、 こちらは味付けがちょっと塩気が強いように感じた。 バンズが香ばしくて悪くないが本店のものと明らかに違って割と普通なタイプなのも気になる。 正直な感想として「本店よりは落ちるし近くに Reg-On Diner やウーピーゴールドバーガーがあるので辛いのでは」といったところ。 しかも本店よろしくランチメニューでないと値段が高い。

「食べ終わる頃にはバーガー袋に肉汁が貯まるほどジューシー」というのはちゃんと踏襲されていた。 まぁこれがなかったら看板に偽りありということになるが。 しかし個人的にはこれはあまり重要視していない。袋に残った肉汁を啜るといった行為があまり上品と思えないからだが。

アボカドチーズのチーズがモッツァレラチーズという誤算があったので単純に選択ミスかもしれない。後日また来訪する。