タイピングサイトの名前を決定した

今更だがこの Blog の名前はコジオニルクという。 これは最近決めたのではなくて実は 1999 年 6 月頃 (私が大学 1 年の時) に決めたホームページの名前なのでもうすぐ 18 年になる歴史あるものだ。 Twitter のアカウント名は Kojionilk になっているが、これは Kojion が既に取られていたので Kojionilk にしたわけだ。

今回 typing.kojion.com というサブドメインを作成し月配列の簡単な解説やシミュレータを置いてみたが、このサイトの名前を Typing of Kojionilk (ToK) とした。 Typing of Eningrad という完成度は今一歩かもしれないがコンセプトが素晴らしいタイピングサイトをリスペクトしたものになっている。 つまり Typing of Eningrad に倣って、既存のタイピングサイトと以下の点での差別化を目論んでいる:

実は typing.kojion.com は既に PHP で動いているし、月配列シミュレータは TypeScript で組んでいる。 これらはあくまでこれからのタイピングサイト計画の前座である。

まずはユーザ登録でき、月配列 2-263 式の中指シフト以外のキーを自由に移動でき、その状態をユーザごとに保存できる高機能なキーカスタマイズ機能 + シミュレータを実装する。 その後、そのキーカスタマイズを用いて実際にタイピングを行う画面を実装する。

ローマ字や JIS かなとは違い月配列はカスタマイズして使うのが普通の文化なので、ある程度柔軟に対応できるキーカスタマイズ機能は必須となる。 これを行わない場合、結局既存のタイピングサイトと同じことになり、中指シフトの状態は分からないし正確なキー打鍵数がそのアプリ上だと表示されない……という事になってしまう。 私は月配列の使用者として、なるべく月配列の使い手の応援をしたいと思っている。